ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2009/5/28

ボーフム散策・ヴァイトマールの廃墟  ドイツ紀行

 先日、朝早く愛車フィアット・パンダの二万q検査のために、ボーフムのヴァイトマールというところへ行ってきました。

 クリックすると元のサイズで表示します

 日本で言うところの「国道」、ブンデスシュトラーセ沿いにある自動車整備場から少し歩くと、もう辺りは田園風景です。これ、小麦です。6月に収穫です。

 整備に二時間かかると言われたので、辺りをゆっくりと散策しました。

       クリックすると元のサイズで表示します

 ボーフムの名所の一つ、「聖シルヴェスター・チャペル」の廃墟が見えてきました。只今、修復中でやぐらが組まれていました。

 クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

 廃墟の正面に、この木があります。これ、あの「ハンカチの木」でしょうか?

 クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

 教会の廃墟を見るとフリードリッヒの絵画を思い出し、ロマン派的気分に浸れます。

 ボーフム、なかなか住み心地の良い町です。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ