ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2018/11/9

出石蕎麦を食す  



昨日は、千里中央に用事があったので、久しぶりに、「出石蕎麦」を食べた。

出石は、兵庫県にある城下町で、皿蕎麦で有名だ。

千里中央へは、自宅の近くにあるバス停から、20分程度で行くことが出来る。

万博記念公園も近くにあり、千里中央の商業施設も、当時建設されたものだ。

出石蕎麦は、最初は、あっさりとネギと山葵で頂き、最後に、生卵と山芋で閉めるのが作法とか。

関西で、唯一旨いと思える蕎麦である。

つゆが甘くないのが嬉しい。

箸の高さ迄、皿を積んだら一人前だそうだが、7皿か8皿で満腹。

若ければ10皿以上はいけるだろう。


クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、出石と書いて「いずし」と読む。



9

2018/11/9

オカルト・パンチ8・霊能者撃退法  ヨーロッパ精神史研究所より



 どんな霊能者であっても、アストラル体の表層を霊視できるだけであって、その人間の自我を観ることは出来ない。

 すなわち、霊能者とか見霊者といわれる人々は、他者の自我、すなわち、本質を見抜くことができないということである。

 せいぜい、数学が得意とか、芸術的だとかが、辛うじて観える程度である。

 人間の自我は「神殿」であり、その神殿の「至聖所」の扉を開けることができるのは、当人のみなのだ。

 神秘思想に興味を持ち始めると、必ずと言っていいほど、霊能者的人間が接近してくる。

 結構煩わしいのだが、うるさい霊能者を撃退するには、「下ネタ」が有効である。

 いつでも見霊者を撃退するために、下ネタを三つほど用意しておくといいだろう。

 

   クリックすると元のサイズで表示します

  これは、中国河南で発見された「地下宮殿」だ。我々の自我も、魂の中に存在する「内部神殿」である。


11



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ