ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2019/7/15

宇佐美陽一さん無事帰国そしてリハビリへ  ヨーロッパ精神史研究所より

 ドイツのベルリンで倒れ、緊急手術を受けた宇佐美陽一さんが、医者のゴーサインが出て、無事帰国いたしました。

 現在は、地元福岡の病院でリハビリテーションのために入院しています。

 手厚い看護とリハビリテーションの毎日で、早く快方へ向かう努力をされております。

 ドイツの友人や、急遽渡独された宇佐美さんの弟さんの手助けで、今回の帰国が実現いたしましたが、まだまだ治療費等の援助が必要です。

 常に新しい風を日本の人智学世界に送っていた宇佐美さんの全快のために、皆さまの援助をお願いいたします。

 どうぞよろしくお願いいたします。

                       小林直生

 


 
5

2019/7/7

宇佐美陽一氏救援プロジェクトにご賛同をお願いいたします  ヨーロッパ精神史研究所より

 


 私の古くからの友人である宇佐美陽一氏が、数日前に、舞台公演を予定していたベルリンで脳梗塞を発病し倒れました。

 そして、緊急の手術が必要となりました。

 手術は成功したのですが、意識不明の状態が続いていました。

 しかし、今は意識が回復し、少しは話せる状態にまでなったそうです。

 それは良かったのですが、医療費の高いドイツでは、日本からかけた保険では治療費と入院費が賄えない状況になってしまいました。

 帰国するにも重篤な病人ですと特別な座席が必要で、かなり高額な航空賃がかかります。

 病院での費用と合わせて数百万円のお金が必要となりました。

 どうか、ご支援とご献金をお願い申し上げます。

 宇佐美氏は、長年にわたりドイツと日本でオイリュトミーや音楽活動でルドルフ・シュタイナーの人智学を、彼の才能と個性で広く世に知らしめた方です。

 どうぞ、宇佐美陽一氏が、再びこの日本の地でリハビリテーションをし、活動できる一助となってください。

 よろしくお願いいたします。

                             小林直生

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



私たちは、宇佐美先生から20年の長きに渡って指導を受ける、
【熊本シュタイナー教育に学ぶ虹の雲】です。

宇佐美先生は、遠いドイツの地で突然に倒れられました。

緊急の手術を受けられ、今は回復の傾向にあるそうですが、
とても高額な手術費に、滞在費、リハビリ費などは、
かけていた保険では、まかない切れないそうです。

としくらえみさんは、
心労で食事も喉を通らない状況だそうです。

大切な方が突然倒れられたにも関わらず、
日本の病院とドイツの病院の調整など、
専門用語もわからない中で、
緊急の判断を迫られる日々。

その窮地を知った私たちは、
インターネット上での皆様の熱いコメントを目にし、
宇佐美先生の治療とリハビリを支えるご支援を、
ひとまとめにしてお渡しする
お手伝いが出来ないかと考えました。

としくらさんに相談したところ、
何か支援に対するお返しがしたいということで、
先生方の作品をご提供いただけることになりました。

皆様からの温かいご支援をぜひお待ちしています。
また、頂いたメールやコメントは、
宇佐美先生、としくらさんにも、
責任をもって共有致します。

なにとぞ、よろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ご支援コース・1万円】

@宇佐美&としくらの共著絵本

※飛天の物語は数が少ないかもしれないので
予定数に達した場合は
宇佐美陽一のCDブックになります。

Aとしくらえみ ポストカードのセット

Bお礼のメッセージ

上記3点セットをご支援のお礼にお送りします。

【ご支援コース・カスタム】

〇任意の金額を返礼品なしでご寄付頂くコース
✻お礼のメッセージを郵送もしくはメールにて送らさせて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 【お申し込み先】宇佐美さんを応援する会

usamiouen@gmail.com

 まずはメールにて以下をお伝えください。

@コース選択 (1万円コースorカスタムコース)

Aお名前

B連絡先メールアドレス

C返礼品送付先の郵便番号とご住所

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


       クリックすると元のサイズで表示します


24

2019/7/3

ならば、カレーうどんだ!  つぶやきの泉


今日の昼飯の想念はラーメンでしたが、うどんに転換せざるを得ませんでした。それでいつもの手打ちうどんの店で、名物カレーうどんを大盛で頂きました。

特盛まで無料であります。

今日は「肉カレーうどんとじゃこ飯」を食べましたぞ。

当然旨かった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

石橋の商店街。いつも活気があります。

しかし、人生は簡単ではありませんな。




9

2019/7/3

またまたカルマ炸裂だ!  つぶやきの泉


さて、今日の昼飯はどうしようかと、考えた。

引きこもりにならんように、なるべく昼は外で食べることにしている。

一時間におよぶ調査の結果、石橋駅近くのラーメン屋に行くことにした。

定休日は火曜日だ。今日は水曜日。よっしゃあ。

評判の「生醤油ラーメン」の旨さを想像しながら、電車に乗り石橋駅に着いた。

さてさて、歩くこと三分。

ビルの二階とのこと。

しかし様子が変だ。

なんと‼️なんと‼️またまた臨時休業だあああ‼️

情けなし。また我がカルマが炸裂だ。

もう来ることはあるまい。

そして、いつものうどん屋でカレーうどんを食べた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

二刀流にならんのかい‼️
8

2019/7/1

第二十一回人智学Zoom講座:翡翠文化の源流を考える  ヨーロッパ精神史研究所より


第二十一回人智学Zoom講座:翡翠文化の源流を考える


 
 今まで、人智学的鉱物論の中で、度々翡翠について言及いたしましたが、今回はこの翡翠(ヒスイ)を単独のテーマとして研究したいと思います。

 翡翠には、硬玉と呼ばれるジェダイトと、軟玉と呼ばれるネフライトがありますが、今回の講座では、鉱物学的には全く異なるこの二つの宝石について考えたく思います。

 ルドルフ・シュタイナーは、古代人には緑と青の区別が出来なかったと言っておりますが、人類文化発展の観点からも考察したいと思います。

 専門知識や前提は必要ありません、どうぞふるってご参加ください。        

                                小林直生
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

          
 日時: 2019年7月31日(水)、今回も、水曜日です。お間違えなく!

     19時から約2時間半。

 

 まずはZoomを無料でインストールしてください。ネットで調べれば簡単に設置できます。


 Zoomに御招待するために、メールアドレスが必要です。そこに「招待URL」を送ります。それを開いてお待ちください。


 画像や音声の調整のため、なるべく18時45分くらいから

 Zoomを開いてお待ち下さい。


 締め切り:当日まで。なるべく早くお知らせください。出来ましたら当日の午後3時位までにお願いいたします。

 

 参加費: 4000円以上でお願いいたします。しかし、その余裕がない方はご相談下さい。割引いたします。
 

 経済の友愛を実践する場でもあります。どうぞ遠慮なく!
 
 
 
 参加費をまず、ゆうちょ銀行の私の口座に振り込んで下さい。確認次第「連絡先リストに追加リクエスト」を送ります。


 当日参加を決めた方は、ご一報ください。振り込みは後日で結構です。


 
 郵貯からお振り込みの時は: コバヤシ ナオキ 記号14060 口座番号55879781

 
 他の銀行からは:店名408 店番408 普通預金口座番号 5587978


    定員:100名


 お問い合わせ: 私のメールアドレス naos@aol.jp naoskoba@gmail.com


 以前扱ったテーマを扱う「リピート講座も」計画中です。詳しくは後日連絡いたします。


   クリックすると元のサイズで表示します

    硬玉の原石。

     クリックすると元のサイズで表示します

      光を当てた硬玉、ジェダイト。

        クリックすると元のサイズで表示します

         カボションカットされた硬玉。


   クリックすると元のサイズで表示します

    カボションカットされた軟玉、ネフライト。

        クリックすると元のサイズで表示します

         「ほうれん草色」とも言われるネフライト。

       クリックすると元のサイズで表示します

        硬玉で作られた古代の勾玉。


4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ