ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2019/11/12

カズ・ホーキンズいいぞ  

渋いですな。素晴らしい!


1

2019/11/12

ズーム講座の新日程です  ヨーロッパ精神史研究所より

ズーム講座のワードを使った書き込み内容が復元出来ました。知り合いの助言が功を奏しました。ありがとうございます。

ズーム講座「古代日本とキリスト衝動」は、
11月27日の水曜日、午後7時からです。

どうぞよろしくお願いいたします。
6

2019/11/12

緊急事態発生!Zoom講座延期です!  ヨーロッパ精神史研究所より



 昨日まで、パソコンのワードに書き込んだ講座用の、貴重なデータがすべて消えてなくなりました!

 誠に申し訳ございませんが、明日の講座「古代日本とキリスト衝動」は、パソコンの問題が解決するまで、延期させてください。

 ほんと、パソコンをNEC LAVIEにしてから、トラブル続きです。パソコンの買い替えも視野に入れて考えてみます。

      どうぞよろしくお願い致します。    小林直生
1

2019/11/7

「日本はアメリカにNOと言えない主権国家」  3・11東日本大震災と福島原発事故


 おそらく日本で最も多く紛争地域を体験した伊勢崎賢治氏の非常に明確な国防論です。

 日本人として知るべきことの多くが語られています。必見!

2

2019/11/4

東電刑事裁判の闇と司法の忖度  3・11東日本大震災と福島原発事故


これは日本国民必見のドキュメンタリーです。国策である原発は裁かれない。忖度司法の闇がここにある。

3

2019/11/4

ルドルフ・シュタイナーが住んでいたベルリン  ヨーロッパ精神史研究所より


 1900年のベルリンです。

 この時、ルドルフ・シュタイナーは、ベルリンで文芸評論家として活動し、同時に「文芸雑誌」と言う雑誌の編集長をしていました。

 そして、この年に、ドイツ神智学協会との関係が出来始めます。

 その当時のベルリンが、カラー映像で再現されています。無論後の着色でしょうが、映像そのものは1900年のベルリンとベルリンっ子達です。

 シュタイナー研究の一助となるでしょう。


6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ