ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2022/6/18

第五十四回人智学Zoom講座:カスパー・ハウザーとルドルフ・シュタイナー  ヨーロッパ精神史研究所より


第五十四回人智学Zoom講座:カスパー・ハウザーとルドルフ・シュタイナー


 1828年にニュルンベルクの広場に身元不明の少年が現れました。

この少年はカスパー・ハウザーと名付けられ、「ヨーロッパの子ども」とも言われました。

この少年の出生の謎、そしてどうして暗殺されたのかを巡って、多くの議論があります。

ルドルフシュタイナーもカスパー・ハウザーに注目して大変重大な発言をしています。

 「もしカスパー・ハウザーがこの地上に生まれてこなかったら、霊界と地上界の関係は断ち切られていたどろう」というルドルフ・シュタイナーの言葉をキーワードとして、カスパー・ハウザーとルドルフ・シュタイナーの「人間の謎」について、みなさまと考えたく思います。 

 いかなる専門知識も前提も必要ではありません。どうぞ奮ってご参加ください。

                          小林直生

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

  
  日時: 2022年6月28日(火)、火曜日です。お間違えなく!

     20時から約2時間です。


 

 まずはZoomを無料でインストールしてください。ネットで調べれば簡単に設置できます。


 Zoomに御招待するために、メールアドレスが必要です。そこに「招待URL」を送ります。それを開いてお待ちください。

 
 締め切り:当日まで。

 
 参加費: 4000円程度でお願いいたします。しかし、その余裕がない方はご相談下さい。割引いたします。あるいは、無料で参加することも可能です。

 人智学の世界では「羊頭狗肉」状態の「経済の友愛」を実現する企画でもあります。どうぞ遠慮なくお申し出ください。

 
 
 参加費をまず、ゆうちょ銀行の私の口座に振り込んで下さい。確認次第「連絡先リスト

 に追加リクエスト」を送ります。

 当日参加を決めた方は、ご一報ください。振り込みは後日で結構です。


 
 郵貯からお振り込みの時は: コバヤシ ナオキ 記号14060 口座番号55879781

 
 他の銀行からは:店名408 店番408 普通預金口座番号 5587978





    定員:25名



 お問い合わせ: 私のメールアドレス naos@aol.jp 


クリックすると元のサイズで表示します

ニュルンベルクに現れた時の姿

  クリックすると元のサイズで表示します

 カスパー・ハウザーは教育を受け水彩画を描くようになった

2

2022/6/16

地球を癒やすマイケル・ジャクソン  ヨーロッパ精神史研究所より

地球を癒やすマイケル・ジャクソンの世界観
~マイケルの命日に東洋と西洋を統一したマニ教を人智学的に考える~

シュタイナー教育という言葉をどこかで聞いたことがありませんか?
あるいは、「オイリュトミー」という、まったく新しい芸術様式のことを聞いたことがありませんか?

このシュタイナー教育(ドイツでは「ヴァルドルフ教育」と言います)の背景にある「人智学(アントロポゾフィー)」の創始者ルドルフ・シュタイナー(1861−1925年)は、この人智学に基づいて教育、医学、障碍者教育、農業、建築、自然科学、哲学、芸術、そして宗教を全く新たな視点から見直し「改新」しました。

これが、全世界に拡がりつつある「人智学運動」という「文化改新運動」です。

人智学では、大宇宙(マクロコスモス)と地球(メゾコスモス)と、人間(ミクロコスモス)が、密接に結びついていると考えます。

だから、宇宙の中にあるものは全て人間の中に見出すことが出来ると考えられます。

だから、世界を変えるためにはまず「自分」を変える必要があるのです。
ちょうどマイケル・ジャクソンが「マン・イン・ザ・ミラー」で歌っているように


If you wanna make the world a better place
もしも世界を住みよい場所にしたいと思うのなら

Take a look at yourself and then make a change
自身を見つめてみなよ。変わるのは自分からだ。


ルドルフ・シュタイナーは、人類の未来のために「マニ教的なるもの」が非常に重要になると言ったことがあります。

マニ教は、三世紀にペルシャで創始された、大まかに言うとキリスト教と仏教の「折衷宗教」です。
創始者マニ(215−276年)の死後、この宗教は大きなうねりとなって「世界宗教となり中国にも伝わり、唐の都長安にはマニ教の寺院がありました。

マニ教は同じペルシャで興ったゾロアスター教と異なり、光と闇、善と悪は対立するものではないと主張しました。
だから、マニ教には「光と闇の戦い」という発想はないのです。

光があれば必ず闇(影)が生じるように、善があるとその結果から悪が必然的に生まれる。
では、どうやって闇と悪とに私たちは向き合えばいいのか?

この答えは「愛」と「優しさ」であるとマニ教は考えたのです。
悪に対して、「愛」をもって向き合うとは一体どういうことなのでしょうか?

この「マニ教的なるもの」はもちろん、今宗教の形をとる必要はありません。それは、いろいろな分野に見て取れます。

そして、このマニ教的衝動がマイケル・ジャクソンの人生と音楽の中に生き生きと見えてきたのです。
特に「ビート・イット」と「バッド」の中に、そして後に「ヒール・ザ・ワールド」の中にこの衝動が生きています。

ルドルフ・シュタイナーの人智学を道具として、マイケル・ジャクソンとマニの生きた軌跡を追ってみれば「新たな可能性」が見えてくるのではないでしょうか?

なお、人智学では人間は「転生(リインカネーション)」し、何度もこの地上に生まれてきて前世とは異なった人生を体験するものだと考えています。
このほとんどの世界宗教で前提とされている「転生観」についてお話しすることがあると思いますので、どうぞ、驚かれないようによろしくお願いいたします。

     
話し手  小林 直生


日時 2022年6月25日土曜
マイケル・ジャクソン 命日

開場 12時30分      
お話し 13時〜15時
 カフェタイム 15時〜
質問タイム 15時30分〜16時 

場所 吹田 モモの家 
   阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分
   〒564−0041
   吹田市泉町5−1−18
TEL/FAX:06−6337−8330

参加費 
モモの家会員 3500円
一般 4000円

☕美味しいカフェもありますので、焙煎したて、挽きたて、淹れたてコーヒーをいただきながらお話聞いてくださいね✨🕺

お申込み aromapirica22@gmail.com 080-7042-6776 小林 真理
・ご予約は当日 午前中まで



★小林直生プロフィール
1954年 札幌生まれ

日本大学芸術学部文芸学科卒、
西洋美術史とジャーナリズム専攻、
パウル・クレー研究。

 1975年に高橋巖に師事、ルドルフ・シュタイナー研究を始める。

 1978年ドイツ留学、「キリスト者共同体自由大学」で、人智学、神学、哲学、ゲーテの自然科学を学ぶ。
 1981〜1984年まで、人智学医学の「フィルダー・クリニック」の内科ガン病棟で、終末医療、
最重度障碍者施設「ラファエロ・ハウス」、
老人介護施設「ハウス・モルゲンシュテルン」で実習生として働く。

 シュツットガルトのヴァルドルフ学校で教育実習を修め、チュービンゲン大学で神学を学び、同市のキリスト者共同体集会で司祭補佐をし、

 1985年キリスト者共同体司祭、およびヴァルドルフ学校宗教専科教師に就任。
 1985〜1999年、シュツットガルト、ハイデンハイム、ケルンの集会で働き、ヴァルドルフ学校で1年生から12年生まで担当。

 この間、シュツットガルトとケルンのヴァルドルフ学校教師のための人智学講座講師、保護者会のための人智学研究会講師、ヴァルドルフ幼稚園保護者会講師、「ユーゲント・ゼミナール」講師等を務める。

 スイス、オランダ、オーストリア、デンマーク、フィンランド、そしてドイツのほとんどの都市で講演活動をする。

 1987年から1999年まで、北海道から沖縄までの日本各都市で講演活動を開始、キリスト者共同体日本創設を準備する。

2000年に東京にキリスト者共同体創設。

2007年から2009年、ドイツのボーフム、ミュンスター、アーヘンのキリスト者共同体およびヴァルドルフ学校で働く。

 帰国後、日本各地、インドネシアのバリ島、ドイツで講演活動。

 2016年キリスト者共同体司祭を現役引退後「ヨーロッパ精神史研究所」設立。


 著書・訳書他:

「悪を救済するキリストの力」、「死ぬことと生きること」、「シュタイナーの時代意識と原子力」、「クリスマスの秘密」、「ミカエルの秘密」、「イースターの秘密」、すべて涼風書林刊。他に監修本多数。

 DVD「新エルサレムを造るの十二の宝石」、「新エルサレムの門はどうして真珠なのか?」、「新エルサレムにおける黄金とダイヤモンドの秘密」。


 他、ドイツ語論文、雑誌寄稿多数。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ