ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2012/12/18

今年の12月は悲しくもあり  3・11東日本大震災と福島原発事故

 今年の12月は非常に珍しい月だとか。本当に珍しい、土曜日、日曜日、そして月曜日が5回もある特別な月だ。2012年12月12日とかね。12のぞろ目があったりしたが、なんかこの日から悲しい予感が始まった。それが16日の選挙で大爆発だ。極右翼国家日本が誕生した。原発もじゃんじゃん推進しこれから大変な事態が起きるだろう。

 選挙の「死に票」が56%。史上最低の投票率で59%ちょっと。違憲である選挙制度で選挙が行われたから、これは本来無効なはずだ。

 ヒトラーとナチス党を選んだ1933年のドイツ人とは状態が違う、ドイツは当時ベルサイユ条約で極端に困窮していた。日本はそうではない。生活だって当時のドイツと比べたら今の日本はパラダイスだ。それなのに日本は、ナチスのような者がいる党を選んだ。狂っている。正気の沙汰ではない。

 結果的には、「民主的」な選挙でヒトラーとナチス党が選ばれた当時のドイツと同じ事を日本はしたこととなる。後の歴史家は今回の選挙を「狂気」と呼ぶに違いない。

 しかし、12月13日には、拙著「シュタイナーの時代意識と原子力」が出版された。

 しかし、クリスマスは来る。新しい聖堂でクリスマスが祝える。

 それはそうと、武田邦彦教授のブログのように、私も「音声ブログ」を始めたいのだが、どなたか方法を教えて頂けますか?

 しかしながら悲しくも情けない12月だ。一条の光はクリスマスだけか。

       クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

      涼風書林刊です。アマゾンで買えます。どうぞよろしくお願いいたします。
8



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ