ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2009/9/9

アーヘンあれやこれや  ドイツ紀行

 今日もこれから一泊でアーヘンへ行きます。先週の土曜日の講演会は大盛況でした。ホールに人が入りきらず、ドアを開けてフロアまでいっぱいの人が集まりました。アーヘン集会の方々も、「こんなに人が集まったのは初めてだ」と言っておりました。やはり、「仏教とキリスト教」というテーマには関心が高いようです。

 さて、今回は、アーヘンで見つけた「あれやこれや」です。

       クリックすると元のサイズで表示します

 集会所のお隣さんの車。こういうのに一度は乗ってみたいですね。パンダも良いけれど。

 クリックすると元のサイズで表示します

 これはあの馬の横顔です。レストランの飾りです。

       クリックすると元のサイズで表示します

 ワイン屋さんの飾り。ドイツ人はこびとが好きです。

 クリックすると元のサイズで表示します

 洋装店を飾るおばさんです。これで何を言いたいのかは不明。

       クリックすると元のサイズで表示します

 これはドイツで人気のお菓子「グミ」の熊をその形のままガラスの置物にしたものです。「グミベア」と言います。

 クリックすると元のサイズで表示します

 このレストランの主人なのか、このおじさん。今、店から出てきて、丁度レストランの入り口に椅子を置いて座ろうとしています。おかげで、店はガラガラ。周りにある他のレストランはほとんどが満席状態なのに、ここだけはガラガラ。だって、入り口にこのおじさんが座っていますから、入りにくいこと、入りにくいこと。

 ヨーロッパの人は、通りに椅子を置いてそこに座るのが好きですが、自分の店の入り口にだけは椅子は置かない方が良いと思います。でもこのおじさん、自分が原因でこの店に客が入らないという自覚は全くないようです。「どうしてうちの店だけガラガラなのかなあ」なんて言っているのでしょうね。

        クリックすると元のサイズで表示します

 以前ミュンスターでもこういう照明器具を見つけ紹介いたしましたが、こういうのは日本ではほとんど見かけませんね。

 今度は、アーヘン集会を紹介しましょう。お楽しみに。


 blogram投票ボタン ブログランキング投票ボタンです。どうぞよろしくお願いします。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ