ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2009/11/6

ボーフムでの最後の晩餐  ドイツ紀行

 イヤイヤイヤ、ここ東京は寒いかと思ったら、今日は小春日和、体調管理が大変ですね。

 帰国して、ドイツで思い描いていたものは、まあだいたい食べました。宝龍飯店の350円ラーメン、大番ラーメン、ひばりが丘パルコ内のインド料理、そして、あのなんともウマイ380円の肉うどん大、そして、ウマイ日本蕎麦、札幌の寿司、そうそう、自宅近所の栄屋のヒレかつとシュウマイ、これもうまいですね。それから、近所に出来た「満州」の餃子も結構いけます、安いしね。秋刀魚の塩焼き、ニシンのオスの塩焼きも食べたし、いくら丼もうに丼も食べた。旨くて安いものが日本にはたくさんありますなあ。

 まだまだ、食べたいものはたくさんありますが、ドイツの食事も捨てがたいものがあります。

 10月10日、ドイツ最後の夕食を食べに、ボーフムの街へ出ました。

       クリックすると元のサイズで表示します

 自宅のバルコニーからも見えた、約900年の歴史を持つ教会です。大きな塔は19世紀のものですが、教会の土台そのものは古いのです。

 クリックすると元のサイズで表示します

 ボーフムのシンボル的存在の羊飼いの銅像です。まあ、札幌のクラーク像みたいなもんでしょう。

       クリックすると元のサイズで表示します

 これで夕方の6時ごろです。雨上がりで、あまり人は歩いていません。今となっては懐かしい光景です。まだ帰国して一月も経っていないのに・・・

 クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

 で、目差して来たのは、Mutter Wittig と言う名のボーフムの老舗名店です。「ムッター・ヴィティッヒ」と読みます。「ヴィティッヒ母さん」と言う意味です。ドイツ料理屋で、値段もそんなに高くはありません。

 クリックすると元のサイズで表示します

 一階の店内。まだこの奥に広いスペースがあり、二階もあります。ボーフムはどこでもそうですが、ウェイターとウェイトレスの態度が素晴らしく親切で丁寧です。

       クリックすると元のサイズで表示します

 やってきました!「ムール貝のワイン蒸し・ライン地方風」であります。これをバターをタップリつけた黒パンと一緒にいただきます。残ったスープもいただきます。胡椒がピリリと利いてこれがまたウマイのです。

 クリックすると元のサイズで表示します

 店を出ると、歩道のいたるところに設置された遊具で、可愛らしい女の子が遊んでいました。

 日本でもムール貝を食べることが出来ますか?殻付で一人前1キロくらい食べるのが普通ですね、ドイツでは。あまり貝を食べる習慣の無いドイツでは、このムール貝のことを、単純に「貝」と呼んでいます。だから、この季節になるとレストランの前に「貝あります」と言う看板をよく見かけます。

 
クリックすると元のサイズで表示しますblogram投票ボタンブログランキング投票ボタンです。どうぞ押してみてください。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ