ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2017/11/25

トルマリンの包容力  素晴らしい鉱物の世界




 トルマリンは、電気石とも呼ばれ、その中で、色彩豊かな透明なものを、「リチア電気石」と言います。

 私は以前、茨城県に鉱物採取に行ったとき、美しいピンク色のリチア電気石を見つけたことがあります。

 茨城県には、他にもトパーズやメノウの産地が沢山あります。

 勿論、水晶の美晶も沢山見つかりますね。

 さて、トルマリンですが、この鉱物程、様々な元素を受容する鉱石はありません。

 鉱物界の「色」は、すべて金属です。

 すなわち元素金属です。

 トルマリンは、水晶のような透明なものから漆黒に至るまで、赤、ピンク、青、紫、オレンジ、黄色、緑等々、そしてひとつの結晶に、様々な色を同時に持つと言う「神業」を実現する能力を持っています。

 自分に向かって来るものを選別するのではなく、原則、すべて受け入れて、それを美に変容させる、まさに「キリストの宝石」なのです。

 ヨーロッパ精神史研究所には、沢山のトルマリン標本があります。どうぞお越しになって下さい。

 

 
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
12



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ