ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2019/8/22




 血を流すレーニン主義的な革命は、すでに過去のものだ。

 無血革命こそが、今求めれれている。

 「既存の体制」を変えることを「革命」と言う。ならば、現在の日本で可能なのは、選挙で現政治体制をひっくり返すことだ。

 ドイツは、今、「緑の党」が地方選挙で大勝し、野党第一党であったSPD(ドイツ社会民主党)を凌駕しつつある。

 この緑の党、現在の「同盟90・緑の党」の結成時に、大きな力を貸したのが、平和問題と環境問題にかかわる「人智学徒」達であった。

 今、日本で革命政党となり得るのは「れいわ新選組」の他にはないように見える。

 是非ともYouTubeで山本太郎党首の演説を聞いてもらいたい。

 「来たれ、見よ!」とイエス・キリストが言うように、真実を知りたいなら、出来れば、山本太郎の演説や講演会に行き、彼の真意を見るべきかもしれない。

 私は、昨年豊中での彼の講演会に行き、確信した。「この人は命がけ」だと。

 残念ながら、日本のシュタイナー関係者は、あまり政治的な関心がないように見える。

 ドイツでは、それぞれ個々の人智学徒が、協会とか共同体と言う組織からではなく、自由活発に政治に関わっている。

 私は、日本の既存の政治体系を転換させるためには、まず、「れいわ新選組」が政権をとれるように尽力することが大切だと思う。

 次の衆院選は、今年の10月だろうと推察される。

 山本太郎は、この衆院選に100名を立候補させると言っている。

 マスコミもこの「れいわ新選組」現象に黙っていられなくなってきた。

 そろそろ、山本太郎と「れいわ新選組」は全国的に知名度を増していくだろう。

 やっと、日本革命の光が見えてきた。

 日本の人智学徒は、個々人として、未来のために行動すべきだ。

 
 革命は可能になった!


   


15



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ