ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2019/11/4

ルドルフ・シュタイナーが住んでいたベルリン  ヨーロッパ精神史研究所より


 1900年のベルリンです。

 この時、ルドルフ・シュタイナーは、ベルリンで文芸評論家として活動し、同時に「文芸雑誌」と言う雑誌の編集長をしていました。

 そして、この年に、ドイツ神智学協会との関係が出来始めます。

 その当時のベルリンが、カラー映像で再現されています。無論後の着色でしょうが、映像そのものは1900年のベルリンとベルリンっ子達です。

 シュタイナー研究の一助となるでしょう。


6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ