ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2010/7/30

神を呪う?  ドイツ名言珍言集

 ドイツでは、色々と「呪いの言葉」が日常的に使われますね。そのほとんどが、日本語に訳しても、もう一つ分からない言葉ですが、「こんちくしょう!」とか、「クソ!」とか、「この野郎!」に相当する言葉であります。ドイツ語で、「オー・マイン・ゴット!」と言うと、「ああ、なんてこったあ!」と言う意味で、「おお、神よ!」ではありませんが・・・

 ここでひとつ、キリスト者共同体の創立者、フリードリッヒ・リッテルマイヤーの好きだったジョークをひとつ紹介します。引っ越しの荷造りで忙しいのに、私は何をやっているのでしょうか!オー・マイン・ゴット!

 ある牧師さんが巡礼の旅をしようと、船で地中海を渡り、イスラエルを目指していました。すると、風が吹き始め、大嵐に。船は左右上下に揺れ、乗客は大騒ぎになりました。

 神に無事を祈っていたその牧師さんは、心配になって甲板に上がってきて、船長に尋ねました。「こんな嵐の中、この船は沈まないのでしょうか」 すると、船長が言いました、「船員が皆、今、大声で神を呪っているのが聞こえますか?彼らが呪っている間は、安全です。もう何も言わなくなったら、終わりだと思って下さい」

 牧師さんは、客室に戻りましたが、また不安になって船長の所へやって来ました。

 「船員はまだ神を呪ってますか?」

 船長は言いました。「大丈夫、前よりももっと酷く神を呪ってますよ」

 牧師さんは思わず言いました。「ああ良かった!もっと神を呪うように言って下さい」

 分かるかな−?この面白さ。うーん、やっぱりドイツ語で聞かないと、このジョークの本当の面白さは分からないかも知れません。

 これで休憩は終わり、また荷造り開始であります。ああ、だんだんとまた暑くなってきた。オー・マイン・ゴット!


blogram投票ボタンクリックすると元のサイズで表示しますブログランキング投票ボタンではないのかなあ。
10



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ