ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2010/5/4

ディ・トーテン・ホーゼン再来  ドイッチェ・ムズィーク・ドイツの音楽

       



Ich will mit dir für immer leben,
wenigstens in dieser einen Nacht.
Lass uns jetzt beide keine Fragen stellen,
weil keine Antwort für uns passt.

Mit dir hab ich dieses Gefühl,
dass wir heut Nacht unsterblich sind.
Egal, was uns jetzt noch geschieht,
ich weiss, dass wir unsterblich sind.

Wir könnten auf 'ner vollen Fahrbahn stehn,
auf einem Dachfirst balancieren.
Unsere Augen wären zu und wir zählten bis zehn,
es würde uns trotzdem nichts passieren.

Denn mit dir hab ich das Gefühl,
dass wir heut Nacht unsterblich sind.
Egal, was uns jetzt noch geschieht,
ich weiss, dass wir unsterblich sind.

Wir haben uns gegenseitig leicht gemacht.
Sitzen auf 'ner Wolke und stürzen nie ab.
Hier geht's uns gut, denn wir sind auf der Flucht,
bis die Sonne uns am Morgen wieder zurückholt.

Ich hab nur mit dir dieses Gefühl,
dass wir heut Nacht unsterblich sind.
Ich weiss, es kann uns nichts geschehen,
weil wir unsterblich sind, unsterblich sind.

 以前ご紹介した、ドイツの人気バンド、ディ・トーテン・ホーゼンです。曲名は「不死身な」と言った感じ。

 歌詞を載せました。ドイツ語の分かる方、読んでみて下さい。なかなか良いでしょう。

 「俺はお前と永遠に生きていたい。少なくともこの夜だけは。俺たち二人に今どんな質問もしちゃあいけないよ。どんな答えも今の俺たちには合いはしないのさ」と言った感じの曲です。ドイツ的でいいなあ。

blogram投票ボタンブログランキング投票ボタンだす、でる、でぃー。
1

2010/3/3

どん底にいるなら、立ち上がれよ!  ドイッチェ・ムズィーク・ドイツの音楽

 ドイツで大人気のロックバンド「ディ・トーテン・ホーゼン」、Die Toten Hosenです。「死んだズボン」と云ったちょっと変わった名前のバンドです。

 この曲は、Steh auf, wenn du am Boden bist、「どん底にいるなら、立ち上がれよ!」という曲で、この曲を聴いて鬱を克服するドイツの若者はたくさんいます。サビの部分で、「シュテー・アオフ!」と聞こえるところが、「立ち上がれよ!」と叫んでいるところです。

 どん底にいるからこそ、立ち上がれるんですよね。私も好きな曲です。このグループは、詞が良いので有名です。

       


blogram投票ボタンブログランキング投票ボタンだそうです。
3

2010/3/2

ブルーノ・ヴァルターと人智学  ドイッチェ・ムズィーク・ドイツの音楽

 大指揮者、ブルーノ・ヴァルターは、晩年、ルドルフ・シュタイナーの思想に触れて感動し自ら人智学徒になりました。キリスト者共同体の創設者の一人、エミール・ボックとも交流があり、往復書簡も残っています。


       http://www.youtube.com/watch?v=aztB7E1Wjbs

 珍しい映像です。ブルーノ・ヴァルターの声が聞けます。




blogram投票ボタンブログランキング投票ボタンでないのかい。
3

2010/1/27

ドイツのドリカムか?ジルバー・モーント  ドイッチェ・ムズィーク・ドイツの音楽

 ここ数年ドイツで大人気のバンド、Silbermond、訳せば、「銀の月」と言ったバンド名です。

 ちょっと、男の多い「ドリカム」と言ったところでしょうか。独特の節回しが魅力的なボーカルです。

 「きっと何かが残るわ」と言った題名の1曲目です。


       


 次は、「トランプのカードで作った家」という歌。壊れやすいものを表すとき、ドイツ人がよく使う表現です。「カルテンハウス」と読みます。

       

 でも、このライブより、CDの方が歌がうまく聞こえるのは、なぜ?でしょうか。

 わたしは、好きでCDも一枚持ってます。

 次のは、ラッパーのCurseとの競演であります。シュテファニーの声が良いですね。


       

 「終わりまで」という曲です。


  
     blogram投票ボタンブログランキング投票ボタンです。
4

2010/1/23

聴いてビックリ・ハイジ!  ドイッチェ・ムズィーク・ドイツの音楽

 「口笛はなぜ遠くまで聞こえるの♪♪」で、ウルウルお馴染みの名曲!

 なんと、ドイツではこんなタイトルソングです!!


       

 今日、昼ご飯を食べながら、ちょうどこの話題が出て盛り上がりました。日本のアニメは、今、ヨーロッパで大人気です。


blogram投票ボタンブログランキング投票ボタンです。どうぞよろしくお願いします。
0

2010/1/23

ワーオ!ニーナ・ハーゲンだ!  ドイッチェ・ムズィーク・ドイツの音楽

 ドイツの音楽界で彼女ほどのキャラクターはいません。Nina Hagen、ニーナ・ハーゲンです。

 70年代にドイツへ留学した私は、彼女の存在に驚き、フアンになりました。今でも健在です。

 唄のうまさ、そして、ドイツジョーク、そして少しパンクっぽいところが良いですね。


       

       

 ドイツ語の迫力を楽しめる一曲です。

 これからもドイツの音楽を紹介しますね。よろしく!


blogram投票ボタンブログランキング投票ボタンです。よろしくね!
0

2010/1/22

ドイツの北島三郎か?人気歌手ハイノーです  ドイッチェ・ムズィーク・ドイツの音楽

 このサングラスで有名な、ドイツでは絶対に知らない人がいない、ドイツ民謡的「演歌」的歌手、Heino、ハイノーです。

 ドイツの歌謡曲は、彼抜きでは考えられません。日本の演歌と同様、皆同じ曲に聞こえます。ちょっと、ここでは、アメリカ民謡も入りますが・・・


       

 気に入ったら、YouTubeで検索して、他の曲も楽しんでください。


blogram投票ボタンブログランキング投票ボタンですぞ。
1

2010/1/18

ヘルベルト・グレーネマイヤーが唄う「ボーフム」  ドイッチェ・ムズィーク・ドイツの音楽

 ドイツで人気の歌手グレーネマイヤーです。昔、有名なドイツ映画「Uボート」にも出演していました。

 彼は、まだ売れない頃、ボーフムのレストランで弾き語りをしていたことがあります。その店は今でもあって、私も時々食事をしたものです。

 この曲「ボーフム」は、大ヒット曲で、この映像は2000年のハノーバー万博で開かれた彼のコンサートの模様です。

 ボーフム人は皆彼の大フアンで、いわばグレーネマイヤーは、ボーフムの「英雄」です。

       

 今は、ロンドンに住んでいるそうですが、グレーネマイヤーがボーフムに来るとチケットは即完売とか。

 昨年は、ロンドンでリサイタルコンサートをして、すべて、ドイツ語で唄ったにもかかわらず、大好評だったそうです。

       

 こちらは、ボーフムの「名所」などの写真入りです。

       


blogram投票ボタンブログランキング投票ボタンです。よろしく!
0

2010/1/14

これがジャーマンロックだ!ヴォルフガンク・ニーデッケン  ドイッチェ・ムズィーク・ドイツの音楽

 1989年から1999年まで私はドイツのライン地方の大都市ケルンで働いておりました。

 ケルンは、有名なメディアの街であり、多くの芸能人やアーティストが住んでいます。

 ドイツでは、すごく有名なロッカー、ヴォルフガンク・ニーデッケンを知ったのも、この街でした。彼は、ケルン方言で唄うロックバンド「BAP」のリーダーで、画家でもあります。ドイツで彼のことを知らない人はまずいないでしょう。

 ある時、ケルンのキリスト者共同体で、洗礼をすることになり、驚きました。なんと!ヴォルフガンク・ニーデッケンが、霊父になると言うではないですか!!

 忘れもしません、彼の家に行き、素晴らしい彼の絵画を見ながら、洗礼の準備の話し合いをしたことを。

 洗礼当日、すごく大きなバイクで乗り付けたヴォルフガンク・ニーデッケンを見た、ケルン集会の人は、まさに大仰天!ドイツのスパースターが、キリスト者共同体に来たのです!

 日本でも、こんなことがあれば良いなあ、と思うのは私だけでしょうか。

 素晴らしい、彼の映像を見つけたので、どうぞ見て下さい。

       

 BAPのヒット曲です。あえて訳せば、「滅茶苦茶、昔のことだぜ!」と言ったところでしょうか。なかなかいい男でしょ!私より、二三歳年上ですが。

       


 マルタとの競演です。これもかなり良いですね。「レーナ」というソング。            Sinnlich!!

blogram投票ボタンブログランキング投票ボタンです。よろしくね!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ