ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2019/12/9

武器ではなく命の水を 医師中村哲とアフガニスタン  3・11東日本大震災と福島原発事故


 中村哲の偉業がこのビデオで分かります。

 戦争を繰り返す愚かなアメリカとそれを支持する日本。恥ずべきことだ。

 そして、中村哲を殺したのは、結局はアメリカ隷従の安倍晋三政権と自民党だということを魂に刻んでおこう。

 彼の死は、限りなく悲しい。



4

2019/12/6

山本太郎の街頭記者会見に参加してきました  3・11東日本大震災と福島原発事故

昨晩、大阪駅北口で開催された山本太郎の「街頭記者会見」に参加してきました。

 かなり多くの人々が集まっていましたが、大都市大阪ならこの三倍は集まって欲しかったですね。

 さすが大阪、質問者の質問が長いと「ながすぎるぞ!」とヤジが飛び、共感できる質問者や、山本太郎の発言には拍手と「そうだ!」が鳴り響きました。

 私は前から十列目で聴いていましたが、すぐ後ろには、森友学園の冤罪事件で国策逮捕され長期間拘留されていた籠池夫妻が熱心に聴き言っていました。

 安冨あゆみと虐待を受けた経験のある女流歌人のゲスト参加もあり、かなり充実した内容でした。

 寒空の中の熱気がこの動画で伝わることを願います。

   

8

2019/11/7

「日本はアメリカにNOと言えない主権国家」  3・11東日本大震災と福島原発事故


 おそらく日本で最も多く紛争地域を体験した伊勢崎賢治氏の非常に明確な国防論です。

 日本人として知るべきことの多くが語られています。必見!

3

2019/11/4

東電刑事裁判の闇と司法の忖度  3・11東日本大震災と福島原発事故


これは日本国民必見のドキュメンタリーです。国策である原発は裁かれない。忖度司法の闇がここにある。

3

2019/10/29

山本太郎「偽善者と呼ばれて」  3・11東日本大震災と福島原発事故


これは必見ですね。

 権力者は、人間の弱点を使って、反体制力を分断させることを常に行います。

 反原発運動も分断、分裂した。

 この分断を修復して癒すことができるのは山本太郎だ。応援しましょう!

10

2019/10/1




山本太郎の安倍晋三への突っ込みにたじたじの様子。

 見ていて気持ちがいい。



8

2019/9/23

これは必見です。ありがとう山本太郎。  3・11東日本大震災と福島原発事故


 凄いぞ、山本太郎。

 ありがとう山本太郎。







5

2019/8/3

ナチスと同じだ!日本がアートを規制し始めたぞ!  3・11東日本大震災と福島原発事故


日本はついに、芸術を規制するに至った。

 ナチスが最高の時代精神を表現したアートを「退廃芸術」として、禁止したことと同じだ。

 もう日本は、ナチスドイツと変わりのない国になり下がった。

 この名古屋の件で、どれだけ騒ぎ抗議するのか日本のアーティストたち。

 今静かにしていると、日本は終了だ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
慰安婦問題の少女像 きょうかぎりで芸術祭展示中止へ
2019年8月3日 15時13分

愛知県で開かれている国際芸術祭で、慰安婦問題を象徴する少女像が展示されていることに批判的な意見が相次いでいることなどから、芸術祭の実行委員会が3日かぎりで少女像の展示を中止する方針を固めたことが、関係者への取材でわかりました。

愛知県で今月1日に開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」には、「表現の不自由」をテーマに慰安婦問題を象徴する少女像などの展示コーナーが設けられていますが、芸術祭の事務局の愛知県には展示に批判的な意見が相次いでいて、2日、名古屋市の河村市長も大村知事に展示を中止するよう求めました。

こうした中、関係者によりますと、芸術祭の実行委員会で今後の扱いを協議した結果、少女像の展示を続ければ芸術祭全体の運営にも支障が出るとして、3日かぎりで少女像の展示を中止する方針を決めたということです。

こうした方針は3日夕方、発表される予定だということです。

少女像の展示をめぐっては、芸術祭の芸術監督を務める津田大介さんが2日、記者会見し、「テロ予告や脅迫とも取れるような電話もあり、応対した職員を追い詰めている」として、状況が改善しなければ、展示の変更も含め何らかの対処を行う考えを示していました。


クリックすると元のサイズで表示します

10

2019/8/3

山本太郎(れいわ新選組代表)「れいわが始まる」街頭記者会見 新宿駅西口  3・11東日本大震災と福島原発事故



 これは参院選あとの初の街頭演説です。

 これを聞けば、「れいわ新選組」こそが、今の日本が必要とする政党であることが分かります。

 本当に素晴らしい。長いですが是非とも時間を作ってご覧ください。




5

2019/7/24

今回の参院選を終えて考えること  3・11東日本大震災と福島原発事故


 7月21日に、比例代表は「山本太郎」そして、地方選挙区は「辰巳孝太郎」に投票してきた。

 結果は、二人とも落選。

 しかし、この二人の落選の意味は異なる。

 「れいわ新選組」を率いる山本太郎は落選したが、二名の重度障碍者を国会に送り込むことができた。

 比例代表ではしかし山本太郎がダントツの一位投票率。しかし、今の選挙制度では落選という、腑に落ちない結果だった。

しかし、れいわ新選組は、政党要件を満たしたので、山本太郎が代表として認知され、あらゆる場に顔を出すことが可能となった。

 素晴らしい躍進だ。日本は変わると予感できる。

 辰巳孝太郎は、立憲民主党の枝野幸男代表の「野党共闘拒否」によって落選したと考えていいだろう。

 大阪区に、亀石倫子を立憲民主党が立てたことで、大阪の反改憲勢力は全滅した。

 亀石倫子は素晴らしい人格を持っているだけに残念だ。比例で立候補すべきだった。

 福島原発事故の時の枝野幸男を思い出してほしい。

 「直ちに人体に影響はない」と放射線の害を矮小化し、福島や近隣県の住民の避難を遅らせた。

 今回は「直ちに政局に影響はない」選択をして、結果、自公政権にエールを送ったわけだ。

 しかし、日本人の多くは愚かだ。投票率は史上二番目の低さ。五割に届かなかった。

 消費税が10パーセントになることを歓迎するのだろうか。愚かすぎる。

 戦争の出来る日本にして、若者が戦死するのがそんなに嬉しいか?それも日本の自衛ではなくアメリカの戦争で。

 今回、れいわ新選組が議席をとることが出来ず、自公維が大勝したなら、私は日本を捨てて海外に移住しようと思っていたが、次の衆院選でれいわ新選組がどれだけ躍進するか、様子を見ることとする。

 自民好きのクソ爺と婆こそが日本を出ていくべきだろうが、それがダメなら早く天寿を全うしていただきたい。

    クリックすると元のサイズで表示します


    クリックすると元のサイズで表示します


15

2019/6/26


福島原発六号機からかなり離れた大阪府箕面市でも、放射線が普段より高いです。

数日前では、0.08マイクロシーベルトでした。

群馬も高いとの報告がありました。

首都圏ではどうですか?

教えて下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

また上がりました。

8

2019/6/26

福島原発六号機から白煙が上がりました  3・11東日本大震災と福島原発事故


昨日6月25日14:42分に、福島原発六号機から白煙が上がりました。

六号機は事故を起こした原発ではありませんが、停止中に、何らかの理由でメルトダウンしたのかも知れません。

風向きに注意して、近辺の住民は避難を考えた方が良いでしょう。

風が変われば、首都圏にも影響があります。

東電と政府は必ず嘘をつくか沈黙するでしょう。

とにかく危険です。

以下の写真の左側の六号機から立ち昇る白煙が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


10

2019/6/19

香港を見習おう!  3・11東日本大震災と福島原発事故


誰かが言ってました。これが、香港の「100万ドルの夜景」ですと。

しかし、実際は「100万人以上の夜景」ですな。

日本では、あの福島原発事故でも、50万人デモさえ起きなかったけど、そろそろ「一揆」を起こすべきなのではないですかね。

このまま安倍政権が続けば、子どもの未来はなくなり、日本もなくなります。

どうした日本人!

クリックすると元のサイズで表示します

12

2019/5/22

山本太郎は本物で本気だ  3・11東日本大震災と福島原発事故


 山本太郎参議院議員による文教科学委員会での質疑です。

 エルネスト・チェ・ゲバラは、敵を憎むな「怒れ」と言って戦いました。

 まさにゲバラの化身、山本太郎が怒っています。

 本当にすごい質疑です。是非ともご覧ください。ご覧ください。



 
9

2019/5/14

映画「主戦場」を観た  3・11東日本大震災と福島原発事故


 今日、この映画を大阪十三ので観てきました。

 日本人として、絶対に観ておくべきでしょう。

 この監督へのインタビューをも参考にしてください。


7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ