ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

 

人生相談いたします  ヨーロッパ精神史研究所より

 何でも相談にのります。

 どうぞ遠慮無く。

 私もかなりの経験がありますので、ご安心を。

 相談は、面談の他、電話でも受け付けます。

 謝礼は「カンパ」でお願いいたします。

 どうぞよろしくお願いいたします。


お問い合わせは、naos@aol.jp へお願いいたします。


クリックすると元のサイズで表示します
20

2019/8/22




 血を流すレーニン主義的な革命は、すでに過去のものだ。

 無血革命こそが、今求めれれている。

 「既存の体制」を変えることを「革命」と言う。ならば、現在の日本で可能なのは、選挙で現政治体制をひっくり返すことだ。

 ドイツは、今、「緑の党」が地方選挙で大勝し、野党第一党であったSPD(ドイツ社会民主党)を凌駕しつつある。

 この緑の党、現在の「同盟90・緑の党」の結成時に、大きな力を貸したのが、平和問題と環境問題にかかわる「人智学徒」達であった。

 今、日本で革命政党となり得るのは「れいわ新選組」の他にはないように見える。

 是非ともYouTubeで山本太郎党首の演説を聞いてもらいたい。

 「来たれ、見よ!」とイエス・キリストが言うように、真実を知りたいなら、出来れば、山本太郎の演説や講演会に行き、彼の真意を見るべきかもしれない。

 私は、昨年豊中での彼の講演会に行き、確信した。「この人は命がけ」だと。

 残念ながら、日本のシュタイナー関係者は、あまり政治的な関心がないように見える。

 ドイツでは、それぞれ個々の人智学徒が、協会とか共同体と言う組織からではなく、自由活発に政治に関わっている。

 私は、日本の既存の政治体系を転換させるためには、まず、「れいわ新選組」が政権をとれるように尽力することが大切だと思う。

 次の衆院選は、今年の10月だろうと推察される。

 山本太郎は、この衆院選に100名を立候補させると言っている。

 マスコミもこの「れいわ新選組」現象に黙っていられなくなってきた。

 そろそろ、山本太郎と「れいわ新選組」は全国的に知名度を増していくだろう。

 やっと、日本革命の光が見えてきた。

 日本の人智学徒は、個々人として、未来のために行動すべきだ。

 
 革命は可能になった!


   


5

2019/8/21

聖書を読む研究会を始めます  ヨーロッパ精神史研究所より


今朝、朝食の際に、モーゼのことを考えました。

時代と民族の指導者ながら、非常に人間くさいモーゼ。

紀元前13世紀の人間なのですが、今モーゼから学ぶことは多いと痛感致しました。

先ずは「創世記」を読む事から始めたいと思います。

二名の参加者があれば、研究会を始めたいと思います。

月に一回か二回のペースでいかがでしょうか?

曜日は日曜日を考えています。無論土曜日でも可能です。

場所は箕面の自宅の「ヨーロッパ精神史研究所」です。

参加費は自由なドネーションと考えています。

参加を希望する方はご一報ください。

私のメールアドレスにお願いいたします。

naos@aol.jp

naoskoba@gmail.com

どうぞよろしくお願いいたします。

クリックすると元のサイズで表示します

ミケランジェロ作「モーゼ」


8

2019/8/20

憂国の記・口からカエルが跳び出ているぞ!  ヨーロッパ精神史研究所より



 日本にはもうジャーナリズムという日本の是非を問う機能が存在していないので、テレビやラジオ、新聞などは、何の役にも立たない。

 ネットで客観性のあるサイトを探して、自分で判断するしかない。

 安倍政権に支配された自民党は、多様性を失い日々ファッショ化している。

 マスコミのほとんどが、政府の広報機関となっていて、段々と北朝鮮化してきた。

 何が「ポスト真実」だと言いたいが、嘘が当たり前になっている日本。

 このままだと、日本は米国の思うがままに支配され、米国の戦争を戦い、国民の財産を米国に献上し、気が付けば日本という国が、かつて「バビロニア」があったと歴史にあるような、実体のない存在になるだろう。

 安倍晋三を筆頭に、政府の要人は嘘を嘘で塗り固めている。

 嘘を言う口からはカエルが跳び出てくる。

 ヨーロッパでは、口から出てくるカエルは嘘のシンボルだ。

 嘘で固められている日本の政治経済、そして文化状況を見てみると、意味のないことが今の日本には目白押しだ。

 だから:

 子どもたちに言いたい、学校に行くことはない。どうにかなる。

 安倍政権は、畑での自家栽培をも禁じようとしているが、消費社会に抵抗するつもりで、自ら菜園などを作った方がいい。

 食料が自給できれば、かなり国から自由になれる。

 なるべく税金を払わなくて済む方法を考えたい。

 噓っぱちの消費税は、8%から25%上がって10%になる。

 だからなるべく買い物はしない方がいい。

 買い物は全くしないわけにはいかないが、消費を控えれば国は困窮するだろう。

 できれば、自家発電も可能にしたい。近くに小川があれば、水力発電は出来る。

 灯油、ガソリン、ガスなどのエネルギー代は、どうしようもないが、自家発電が可能なら、蓄電器に電力を保存して、電気自動車をはじめとして、暖房や煮炊きも可能になるだろう。

 川がなければ、昔のドラマ「北の国から」みたいに、風力発電も可能かもしれない。

 知恵を集めれば、国に依存しない生活も可能となるだろう。

 今の医学は猛毒で高価な抗がん剤をはじめとして、人体に有害なものが多い。

 外科や歯科などを別として、医学に頼ることはないように思える。

 脳卒中など外科手術で助かる場合などを除けば、病院には行かない方がいいだろう。

 以前にもこのブログに書いたが、いかに国や経済システムに頼らない生活ができるか,ひとつひとつ考えてみたい。

 安倍政権や自民党が自由にできるカネを与えない、すなわち税金を払わない方法を実践していきたい。

 奴らは我々の血税で好き勝手なことをしているからだ。

 民主主義は危機に面している。

 ヒトラーも民主的な選挙で選ばれて首相になった。

 真の民主主義は「多数決」ではない。

 少数意見の真価を利権や既得権から離れて真摯に考察するのが真の民主主義のであるはずだ。

 今の日本の民主主義は、ナチスドイツを産んだ劣化した多数決主義に堕落している。

 霊眼がなくとも、目を見開けば安倍晋三をはじめとする閣僚どもの口からカエルが跳び出ているのが見えるはずだ。

 
    クリックすると元のサイズで表示します


15

2019/8/14

第二十二回人智学Zoom講座:四季のリズムに基づくシュタイナー教育  ヨーロッパ精神史研究所より




第二十二回人智学Zoom講座:四季のリズムに基づくシュタイナー教育〜成人の自己教育と子供の未来を考える教育


 戦争を放棄したはずの日本では、いまだに兵隊を養成する軍事教育が、特に「義務教育」の中で堂々と行われています。

 それを助長しているのが、大人の意識です。

 このままでは、日本に未来はありません。

 今回の講座では、学校に子どもを行かせないという選択肢をも含めて、大自然のリズムである春夏秋冬の霊的な背景から、シュタイナー教育の新たなる可能性について考えたく思います。

 大人の自己教育論でもあります。どうぞふるってご参加ください。

                           小林直生

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 日時: 2019年8月28日(水)、今回も水曜日です。お間違えなく!

     19時から約2時間半。


 まずはZoomを無料でインストールしてください。ネットで調べれば簡単に設置できます。


 Zoomに御招待するために、メールアドレスが必要です。そこに「招待URL」を送ります。それを開いてお待ちください。

 画像や音声の調整のため、なるべく18時45分くらいから

 Zoomを開いてお待ち下さい。


 締め切り:当日まで。

 
 参加費: 4000円以上でお願いいたします。しかし、その余裕がない方はご相談下さい。割引いたします。

 
 
 参加費をまず、ゆうちょ銀行の私の口座に振り込んで下さい。確認次第「連絡先リスト

 に追加リクエスト」を送ります。

 当日参加を決めた方は、ご一報く
ださい。振り込みは後日で結構です。


 
 郵貯からお振り込みの時は: コバヤシ ナオキ 記号14060 口座番号55879781

 
 他の銀行からは:店名408 店番408 普通預金口座番号 5587978





    定員:100名


 お問い合わせ: 私のメールアドレス naos@aol.jp 

クリックすると元のサイズで表示します

 「四季の神ペルセポネー」


      クリックすると元のサイズで表示します


6

2019/8/13

シュタイナー教育の上を行くみうら家の教育  ヨーロッパ精神史研究所より



みうらじゅんの教育論です。

 しかし、ご両親には頭が下がりますね。

 ある意味、シュタイナー教育を超えています。

 是非ともご覧ください。





5

2019/8/2

みうらじゅんの死生観  ヨーロッパ精神史研究所より


 私の敬愛するみうらじゅんの講義です。

 ルドルフ・シュタイナーの考え方にも肉薄する内容だと思います。

 みうらじゅんのような人格が、人智学運動には必要ですね。

 素晴らしい、そしてユーモアたっぷりの講義です。

ぜひご覧ください。




5

2019/7/28

第一回箕面講座「人はなぜ夢を見るのだろうか」  ヨーロッパ精神史研究所より



 いよいよ箕面講座が始まります。「ヨーロッパ精神史研究所」の「カイロス・プロジェクト」の企画です。

 自宅の広い居間での開催です。参加する方には、自宅の住所や駅からの道順をれんらくいたします。

とりあえず、月一回の開講を予定しています。どうぞふるってご参加ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



☆人はなぜ夢を見るのだろうか 〜R. シュタイナーによる夢とのつきあい方〜

夢は最も身近な霊的な体験であるとルドルフ・シュタイナーは考えていました。しかし、夢には様々な形があります。その見分け方等、夢の本質について人智学的に考えてみたいと思います。

話し手 小林 直生

8月12日月曜日
13:30〜16:00

ヨーロッパ精神史研究所
箕面市桜4丁目
阪急箕面線 牧落駅下車
徒歩4分
ご参加の方に詳細お知らせします。

参加費 3000縁

お申し込み
seisinsi1861@gmail.com


    クリックすると元のサイズで表示します

      ムリロ作「ヤコブの夢」


     クリックすると元のサイズで表示します

       ラファエロ作「ヤコブの夢」


9

2019/7/23

悪の凡庸さ・ハンナ・アーレントの対談  ヨーロッパ精神史研究所より


思想家ハンナ・アーレントの貴重な映像です。

 アーレントは、極悪人と思われた人物アイヒマンの裁判を傍聴し「悪の凡庸」さについて語りました。アイヒマンは、小心な「小役人」で上からの指示をただ実行した凡庸な人物だったからです。

 ドイツ語ですが大変聴き取りやすいので、学習にも役立ちます。

4

2019/7/15

宇佐美陽一さん無事帰国そしてリハビリへ  ヨーロッパ精神史研究所より

 ドイツのベルリンで倒れ、緊急手術を受けた宇佐美陽一さんが、医者のゴーサインが出て、無事帰国いたしました。

 現在は、地元福岡の病院でリハビリテーションのために入院しています。

 手厚い看護とリハビリテーションの毎日で、早く快方へ向かう努力をされております。

 ドイツの友人や、急遽渡独された宇佐美さんの弟さんの手助けで、今回の帰国が実現いたしましたが、まだまだ治療費等の援助が必要です。

 常に新しい風を日本の人智学世界に送っていた宇佐美さんの全快のために、皆さまの援助をお願いいたします。

 どうぞよろしくお願いいたします。

                       小林直生

 


 
5

2019/7/7

宇佐美陽一氏救援プロジェクトにご賛同をお願いいたします  ヨーロッパ精神史研究所より

 


 私の古くからの友人である宇佐美陽一氏が、数日前に、舞台公演を予定していたベルリンで脳梗塞を発病し倒れました。

 そして、緊急の手術が必要となりました。

 手術は成功したのですが、意識不明の状態が続いていました。

 しかし、今は意識が回復し、少しは話せる状態にまでなったそうです。

 それは良かったのですが、医療費の高いドイツでは、日本からかけた保険では治療費と入院費が賄えない状況になってしまいました。

 帰国するにも重篤な病人ですと特別な座席が必要で、かなり高額な航空賃がかかります。

 病院での費用と合わせて数百万円のお金が必要となりました。

 どうか、ご支援とご献金をお願い申し上げます。

 宇佐美氏は、長年にわたりドイツと日本でオイリュトミーや音楽活動でルドルフ・シュタイナーの人智学を、彼の才能と個性で広く世に知らしめた方です。

 どうぞ、宇佐美陽一氏が、再びこの日本の地でリハビリテーションをし、活動できる一助となってください。

 よろしくお願いいたします。

                             小林直生

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



私たちは、宇佐美先生から20年の長きに渡って指導を受ける、
【熊本シュタイナー教育に学ぶ虹の雲】です。

宇佐美先生は、遠いドイツの地で突然に倒れられました。

緊急の手術を受けられ、今は回復の傾向にあるそうですが、
とても高額な手術費に、滞在費、リハビリ費などは、
かけていた保険では、まかない切れないそうです。

としくらえみさんは、
心労で食事も喉を通らない状況だそうです。

大切な方が突然倒れられたにも関わらず、
日本の病院とドイツの病院の調整など、
専門用語もわからない中で、
緊急の判断を迫られる日々。

その窮地を知った私たちは、
インターネット上での皆様の熱いコメントを目にし、
宇佐美先生の治療とリハビリを支えるご支援を、
ひとまとめにしてお渡しする
お手伝いが出来ないかと考えました。

としくらさんに相談したところ、
何か支援に対するお返しがしたいということで、
先生方の作品をご提供いただけることになりました。

皆様からの温かいご支援をぜひお待ちしています。
また、頂いたメールやコメントは、
宇佐美先生、としくらさんにも、
責任をもって共有致します。

なにとぞ、よろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ご支援コース・1万円】

@宇佐美&としくらの共著絵本

※飛天の物語は数が少ないかもしれないので
予定数に達した場合は
宇佐美陽一のCDブックになります。

Aとしくらえみ ポストカードのセット

Bお礼のメッセージ

上記3点セットをご支援のお礼にお送りします。

【ご支援コース・カスタム】

〇任意の金額を返礼品なしでご寄付頂くコース
✻お礼のメッセージを郵送もしくはメールにて送らさせて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 【お申し込み先】宇佐美さんを応援する会

usamiouen@gmail.com

 まずはメールにて以下をお伝えください。

@コース選択 (1万円コースorカスタムコース)

Aお名前

B連絡先メールアドレス

C返礼品送付先の郵便番号とご住所

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


       クリックすると元のサイズで表示します


24

2019/7/1

第二十一回人智学Zoom講座:翡翠文化の源流を考える  ヨーロッパ精神史研究所より


第二十一回人智学Zoom講座:翡翠文化の源流を考える


 
 今まで、人智学的鉱物論の中で、度々翡翠について言及いたしましたが、今回はこの翡翠(ヒスイ)を単独のテーマとして研究したいと思います。

 翡翠には、硬玉と呼ばれるジェダイトと、軟玉と呼ばれるネフライトがありますが、今回の講座では、鉱物学的には全く異なるこの二つの宝石について考えたく思います。

 ルドルフ・シュタイナーは、古代人には緑と青の区別が出来なかったと言っておりますが、人類文化発展の観点からも考察したいと思います。

 専門知識や前提は必要ありません、どうぞふるってご参加ください。        

                                小林直生
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

          
 日時: 2019年7月31日(水)、今回も、水曜日です。お間違えなく!

     19時から約2時間半。

 

 まずはZoomを無料でインストールしてください。ネットで調べれば簡単に設置できます。


 Zoomに御招待するために、メールアドレスが必要です。そこに「招待URL」を送ります。それを開いてお待ちください。


 画像や音声の調整のため、なるべく18時45分くらいから

 Zoomを開いてお待ち下さい。


 締め切り:当日まで。なるべく早くお知らせください。出来ましたら当日の午後3時位までにお願いいたします。

 

 参加費: 4000円以上でお願いいたします。しかし、その余裕がない方はご相談下さい。割引いたします。
 

 経済の友愛を実践する場でもあります。どうぞ遠慮なく!
 
 
 
 参加費をまず、ゆうちょ銀行の私の口座に振り込んで下さい。確認次第「連絡先リストに追加リクエスト」を送ります。


 当日参加を決めた方は、ご一報ください。振り込みは後日で結構です。


 
 郵貯からお振り込みの時は: コバヤシ ナオキ 記号14060 口座番号55879781

 
 他の銀行からは:店名408 店番408 普通預金口座番号 5587978


    定員:100名


 お問い合わせ: 私のメールアドレス naos@aol.jp naoskoba@gmail.com


 以前扱ったテーマを扱う「リピート講座も」計画中です。詳しくは後日連絡いたします。


   クリックすると元のサイズで表示します

    硬玉の原石。

     クリックすると元のサイズで表示します

      光を当てた硬玉、ジェダイト。

        クリックすると元のサイズで表示します

         カボションカットされた硬玉。


   クリックすると元のサイズで表示します

    カボションカットされた軟玉、ネフライト。

        クリックすると元のサイズで表示します

         「ほうれん草色」とも言われるネフライト。

       クリックすると元のサイズで表示します

        硬玉で作られた古代の勾玉。


4

2019/6/20

残り物に福あり  ヨーロッパ精神史研究所より


ヨーロッパの大国は、植民地から搾取することを政策としていた。

オランダ、フランス、ドイツ、そしてなんと言っても大英帝国イギリスだ。

インドは長い間、イギリスの植民地だった。

それまで、イギリスで半ば腐敗した肉ばかり食べていたイギリス人は、インドの香辛料の素晴らしさに驚愕した。

そこで、高価で高品質なスパイスは、根こそぎイギリスに略奪して行ったのである。

残ったスパイスで、インド人達は、今まで慣れ親しんだ旨い料理の代わりに、カレーを作り上げた。

非常に旨いカレーの食文化を作り上げたのは、「残り物に福あり」の精神である。

イギリスでは、日本のカレーライスの原型となる「欧風カレー」が生まれたが、これを日本帝国海軍の金曜日の食事に採用したのは、あの東郷平八郎であった。

イギリスが武装して略奪した香辛料で欧風カレーが生まれ、それが日本では戦争に備える兵隊を養うライスカレーとなった。

しかし、インドカレーは奪われる者達の「悲しみ」から生まれた。

残り物と悲しみから発明されたインドカレー。噛み締めて頂きたいものである。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

またまた「シムラン」でインドカレーを頂きました。豆カレー、チキンカレー、ポテトのスパイス合え、ラム肉のスパイス炒めとライス。それに自家製ヨーグルト。旨いのう。




11

2019/6/19

第二十回人智学Zoom講座:洗礼者ヨハネとダイアモンドと水  ヨーロッパ精神史研究所より



第二十回人智学Zoom講座:洗礼者ヨハネとダイアモンドと水−その人智学的認識


 キリストの道を整える使命をもって現れた「洗礼者ヨハネ」のリインカネーションについて、ルドルフ・シュタイナーは、多くを語りました。人類文化を理解するためには、この洗礼者ヨハネの霊的な実像を認識する必要があります。

 今回の講座では、洗礼者ヨハネとの親和性を持つ宝石ダイアモンドとやはり鉱物である「水」についても、人智学的に考えたく存じます。

 この講座も今回で20回目です。以前もこのテーマについて個別的に扱ってまいりましたが、今回は新しい認識内容を加味して、新たなる照明を当てたいと思っております。

 専門知識や前提は必要ありません、どうぞふるってご参加ください。        

                                小林直生
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

          
 日時: 2019年6月26日(水)、今回も、水曜日です。お間違えなく!

     19時から約2時間半。

 

 まずはZoomを無料でインストールしてください。ネットで調べれば簡単に設置できます。


 Zoomに御招待するために、メールアドレスが必要です。そこに「招待URL」を送ります。それを開いてお待ちください。


 画像や音声の調整のため、なるべく18時45分くらいから

 Zoomを開いてお待ち下さい。


 締め切り:当日まで。なるべく早くお知らせください。出来ましたら当日の午後3時位までにお願いいたします。

 

 参加費: 4000円以上でお願いいたします。しかし、その余裕がない方はご相談下さい。割引いたします。
 

 経済の友愛を実践する場でもあります。どうぞ遠慮なく!
 
 
 
 参加費をまず、ゆうちょ銀行の私の口座に振り込んで下さい。確認次第「連絡先リストに追加リクエスト」を送ります。


 当日参加を決めた方は、ご一報ください。振り込みは後日で結構です。


 
 郵貯からお振り込みの時は: コバヤシ ナオキ 記号14060 口座番号55879781

 
 他の銀行からは:店名408 店番408 普通預金口座番号 5587978


    定員:100名


 お問い合わせ: 私のメールアドレス naos@aol.jp naoskoba@gmail.com


 思うところがあってFacebookはやめましたので、もしよろしければ、この記事の左上のあるURLをコピーして、紹介して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。



   クリックすると元のサイズで表示します


    クリックすると元のサイズで表示します


   クリックすると元のサイズで表示します


5

2019/6/14



明日は札幌で、「子どもの教育と祈り」についての講座です。

これから伊丹空港から新千歳空港に飛びます。

ジンギスカン鍋は無理のようですが、旨いものも堪能したいですね。

8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ