福島第一原発の大事故から8年が過ぎましたが、未だに放射能は漏れ続け、大地や海や空を汚染しています。とても「事故は収束した」などといえる状況ではありません。今日においても、福島県内外に4万人あまりの人が避難生活を余儀なくされています。『除染』の効果も限定的です。被ばくによる甲状腺癌の症例も出ています。そして「復興」の名の下、安倍政権は避難者の住居補償等打ち切っています。このうような暴挙には、強く強く抗議します。さらに政府は原発輸出、事故などなかったかのように再稼働をすすめています。事実上破綻している再処理〜核燃サイクル計画も放棄しようとしません。市民の声を無視し、居直りを決め込む『政府』は変えなければなりません。市民一人ひとりが考え、選択し行動しなければならない時が来ています。一人ひとりの力は小さくても、それがつながり、重ね合わされば岩をもうがつ力となります。あきらめこそが『敵』です。今こそ、私たち市民の力で希望ある未来をきりひらこうではありませんか!
                                                           連絡先はこちら→さよなら原発品川アクション

 

9.21講演録  報 告

9.21第9期アクション総会
記念の武藤類子さんのお話しです。

さよなら原発しながわアクション 2019年9月21日講演会

「武藤類子さんが語る 東電原発事故刑事裁判判決」報告

1)主催者あいさつ(武藤類子さんの紹介) 2)DVD 上映「東電原発事故 動かぬ証拠と原発事故」 3)武藤類子さんのお話 (「東電原発事故 動かぬ証拠と原 発事故」の)映画を見て、なんで 3 人 そろって無罪なのかと思った。おと とい(判決の日)は約 80 人の人が福島 からバスで来た。そして避難してい る人も参加した。 「全員無罪です」って軽く裁判長 が言い、それから 3 時間半、下を向 き裁判長は判決文を早口で読み上げ た。そして「これで閉廷です」。私 が「こんな判決間違ってる!」と叫 んだら衛士が飛んできた。この日は体を触ってのボディーチェックがあり、傍聴席も 13 人の衛 士が取り囲んでいた。 判決文では「当時の社会通念は、事故の可能性をゼロに近くすることを前提としていなかっ た」と読み上げたが、原発は絶対安全と言ってたではないか! この裁判でわかったことがある。東電は専門家に対し、津波対策をしなくていいように根回 しをしていたこと。長期評価を否定した専門家はいなかったこと。 なんで私たちの社会はこんな判決を出させてしまったのだろう。 アメリカからノーマ・フィールドさんが来て講演会があった。その時に見たスリーマイル島 原発事故で被曝させられた女性の写真と、今回の判決で哀しみの表情をした女性の写真が似て いる。その女性は(哀しみの中)スピーチをしてくれた。(スピーチ読み上げ) 裁判では福島の現場検証はしていない。 福島は今、汚染水約 1000 トン、タンクが約 900 基ある。事故ですでにテラ単位の汚染水が 流れたのに、また海に流すのか! ALPS で処理するが、そのフィルターが非常に汚染されてる(22 ミリシーベルト)。フィルタ ー交換は人の手で! 排気筒の切除は、なかなか進まない。クレーンの長さが足りないとか回転ノコギリもトラブ ルとか。遠隔操作のはずが出来ずに結局人が直に行く事もある。作業はフルマスクはいらな い、防護はいらないという場所が増えたというが、作業員の死亡事故もある。健康被害も出て いる。その人(原発廃炉作業員)が働けなくなったら、誰が働くのか? フレコンバッの上に緑のシートをかぶせていて、ドローンで撮ると畑のように見える。除染 土を運ぶトラックには放射線の表示はない。汚染土を「再生資材」と呼んで、再利用しようと している(環境省 HP)。 福島県が自主避難者に家賃 2 倍!(3 万円→2 万円補助→ゼロに)。「一人一人に寄り添う」 と言いながら、追い出し裁判を決定した! 富岡町夜ノ森の写真。柵一つ区切って向こうが帰宅困難地域。町にはお店も 1 件だけ。住ん でいるお年寄りの話では、自分の車で買い物に行かなければならない、見捨てられた民です な、と。福島の放射線教育施設(コミュタン福島)では、「ベータ線をチョキでブロックしよ う」というゲームなどはあるが、(福島の子ども達の)自分の身の回りにある放射線から身を守 る教育になっていない。子どもの感想には「放射線は怖くないとわかった。みんなが知れば福 島の差別がなくなる」など。双葉町には原発事故伝承館場所が原発から 4 キロのところに造ら れる。全国の高校生の修学旅行を誘致したいという。周りは帰還困難区域なのに。宣伝の動画
もできている。コミュタン福島の二の舞か。福島にロボット施設など科学の粋を集めれば福島 の子が幸せだという。 放射線副読本の 2018 年度版がひどい! 「原発事故レベル 7」という文言がなくなった。 汚染という言葉も全くない。その代わりに、「放射線は身近にあって役に立っている」とか 「復興」のことを載せている。ぜひ各地区の教育委員会に「2018 年度版の放射線副読本を使わ ないで」と要請をしてください。 県民健康調査で甲状腺ガンは 217 名が、ガンとガンの疑いであると公表されている。しかし 「3.11 甲状腺がん子ども基金」の給付により、患者はもっと多いという実態がわかっている。 しかし県民健康調査の検討委員会では、過剰診断だ、検査縮小すべきだ、という声がでてい る。 東京オリンピック・パラリンピックを利用し、福島の被害はもう無いんだという宣伝をし、 福島の人々の不安を閉じ込め、子どもには放射線は怖くないという。聖火リレーのスタートは J ビレッジ。J ビレッジの芝生の植え替えに小学生が動員された。福島市のあづま運動公園の花 植えにも小学生が動員。田植えにも…… メディアの役割について。電通は年 6 回も会議で、報道するのにふさわしい言葉は?ふさわ しくない言葉は?という研究をしている(「安心安全メディア懇談会」) そういう中での昨日の判決があ る。 4)カンパ呼びかけ 5)質疑応答 武藤さん) 東電刑事裁判判決日は傍聴倍率 が高かった。多くの人に譲ってもら った。衛士の数にびっくりした。 裁判長の前に 3 人の被告が座っ ていた。3 人の表情はよくわからな かった。 傍聴者席の東電社員の数という のはわからない。記者席のほかにもメディアの人がちょこちょこといた。 判決理由を述べている 3 時間半は苦痛だった。 これからのことについて、控訴をしてほしいとネット署名をしている(予定以上の署名数集 まり控訴に)。 次の指定弁護士がどうなるかわからないが、5 人の指定弁護士の方はとてもがんばってくれ た。報酬が低いうえに終わらないと払われない。 指定弁護士は、東電社内のメールをチェックし、検察の調書も読み込んだ。(武藤さんは)指 定弁護士に接する事出来ないが、判決の後にお礼を言えた。 控訴してほしいとのチェンジオルグ署名は 2000 人を超えた! コミュタン福島には研究棟、交流棟もある。研究棟には IAEA も入っている。危機管理、除 染の研究、再利用の研究をやってる。駒場高校、灘高校のスーパーサイエンス部が来ていた。 海外からも。 子どもの作文は先ほど紹介したもの。メッセージが投影されるところに「放射線は見えない けれど怖い」と私が打ち込んだら表示されなかった! 6)さよなら原発品川アクションへの加入お願い 7)終わりの言葉 27 分映画「東電原発事故 動かぬ証拠と原発事故」、YouTube で見られる。広げよう!真実 を! さよなら原発品川アクションでは、署名活動を毎月 11 日を基準日にして大井町駅で街頭宣 伝している。ぜひご参加を。また、11 月 10 日には、原発いらない・さよなら原発第 16 回品川 パレードをやります。ぜひそちらも参加お願いします。 あんな判決を出した裁判長は許さない。世間が注目している。これをチャンスに、判決は許 されない!自然エネルギーを!子ども孫に!を広げよう
0
タグ: 脱原発 品川 大井町



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ