2006/3/31

充電のとき  私の中のスイスと日本
色々な意味で、人と人との距離感が近い日本を後にし、
スイスへ引き上げてくると、

(スイスへ来ると、というといまさら他人行儀だし
帰ってくると、という言葉は
あえて使いたくないような・・・。
移動する、では、それこそドサまわり的で・・。
やっぱり、引き上げるが一番ぴったり来る感じ・・・。)

静かなこと、時間がゆっくり流れること、
「自分」と「事柄」の境界線が明らかになること、

その居心地良さに、この国に住んで長くなるのだなあ、と思います。
続きを読む
1

2006/3/26

ヨーロッパへいらした時は、大抵
ヴァイオリン・尺八・琴・コントラバスなどの編成で
一緒に室内楽のプログラムを組んでいる、田嶋さん御夫妻ですが
今回は、お二人で、ドイツ・イタリアのツアーです。
最近話題になった映画「SAYURI」の、田嶋さん演奏の挿入曲
「鹿の遠音」も含めた、尺八本曲やお琴とのデュオのプログラム。

昨日は、チューリッヒ郊外にある、本格的割烹温泉旅館(!)「兎山」で
ディナーコンサートでした。
続きを読む
0

2006/3/26

音楽仲間  舞台裏のひとりごと
日本から、私に遅れること1日、
23日にチューリッヒにおいでになった尺八の田嶋直士さん
10年ほど前から室内楽でご一緒しています。

クリックすると元のサイズで表示します

そもそも、尺八、ヴァイオリン、コントラバス、で
一体何の曲をやろう、というのか・・。

18年ほど前、横山勝也さんに加わっていただいて、チューリッヒで
尺八チクルスを始めたのがきっかけでした。
友人の作曲家、ワルター・ギーガーやエルマノ・マッジーニに
曲を書いてもらって・・。

その後一時中断していましたが10年ほど前に田嶋さんと知り合い
再開のチャンスを得ました。

前田智子、遠藤雅夫、エルマノ・マッジーニ、
ワルター・ギーガー、などたくさんの作曲家に曲を書いてもらい、
また、乙女文楽や、お坊様の読経とのコラボレーション、
ここ数年来は奥様の恵美子さんのお琴が加わったり、
毎年のように新しいプログラムで、様々な曲が次々に生まれました。
続きを読む
0

2006/3/24

ただいま〜!

今回の滞在最後の、旧奥津邸コンサートの二日後には日本を後にするつもりが
雑用、いや、次なる打ち合わせの数々がとんでもなくたまってしまい、
出発をのばしたのでした。

一ヶ月半の間に、季節は大きく変わって、東京はそろそろサクラがちらほらのところも。
我が隠れ家の目の前は、桜並木なので、
もう少しでお花見が楽しめたところなのだけど・・、残念でした。

でも、真冬の羊蹄山から始まり、十勝平野の雄大さも
甲府からの南アルプスの眺め、八ヶ岳、浅間山、富士山も何度も・・・。
今回見た日本の冬の景色、どれも、お天気に恵まれ、
いやあ、なかなかよかった、綺麗でした!素晴らしかった。
続きを読む
1

2006/3/10

ムムム・・・。  舞台裏のひとりごと
昨日はずいぶん暖かくて、突然梅の花が咲き出した感がありました。
今日は、薄ぐもりで少し冷えます。三寒四温、の気候です。

スイスと日本で往復していると、湿度、乾燥度、気候状況がかなり違うので
楽器にとっては負担ですね。

いつからそうだったのかわからないのですが、昨日本番の朝、
楽器を磨いていて、

ややっ!!!!

表板と脇の板がはがれている〜〜〜。
しかも、ただはがれているだけではなく、水分か油分か含んでいるみたいに。
押すと、気のせいだけでなく、ぺこぺこ音がするし、
のぞくと、きゃあ、中を通して向こう側が透けて見える・・。
続きを読む
0

2006/3/7

さきまわりの世の中  私の中のスイスと日本
東京では滅多に乗らないバスですが、先日乗った車内のアナウンス。

「00警察署からのお知らせです。近頃、痴漢行為の示談金、と称する振り込め詐欺が多発しています。用件を良く確かめ、お金を騙し取られないようにしましょう」

これって、すごく可笑しくないですか?公共の乗り物内の、注意の内容と、言葉遣いと・・。

思わず、あたりをはばからず、笑ってしまいました。
続きを読む
0

2006/3/6

ヴァイオリンひとり Vol 12+13  スケジュール
ヴァイオリンひとり Vol.12

3月11日 (土) 18時30分開場 19時開演

ギャラリー&ガーデンカフェ ヤスタケ
八王子市八幡町12−11 

バッハ 無伴奏ソナタ第1番、無伴奏パルティータ第1番

入場料 2,500円 (ワンドリンク+おつまみ付き)

お問い合わせ・お申し込み
ギャラリー・ヤスタケ 0426−26−8114
森田夏子 090−4615−2468

*****************************

ヴァイオリンひとり Vol.13

3月12日(日) 14時

旧奥津邸
TEL/FAX 045-931−4947
〒226-0017横浜市緑区新治町887


近・自然学についての講演会(講演・山脇正敏氏、スイス在住)とミニコンサート(演奏・河村典子、スイス在住)

入場料 一般1,500円

お問い合わせ・お申し込み
TEL/FAX 045-931−4947 E-mail/ okutsutei@nifty.com 
※直接旧奥津邸にて申込みも可

0

2006/3/4

その気になる、ということ  
いつの間にやら、トリノ・オリンピックも終わってしまい
あっというまに3月に突入です。

寒さもだいぶ和らぎ、春の兆しを感じるこのごろです。

といっても、茨城のコンサートに続いて、昨日まで5日間、
北海道に行っていて千歳も札幌もニセコも帯広もすごい雪でした。
スイスは今頃どうなのかな〜。

北海道はいつの季節に行っても、景色も気候もスイスと似ていて
なんだか懐かしい。

続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ