2008/1/25

田舎道  スイスという国
午後になると、天気が変わってしまうけれど
このところ午前中は良い天気が多いです。

冬のさなか、とは思えない景色ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
なんの変哲もないスイスの田舎道、
かすかに見えるのが、私の村です。

0

2008/1/14

日ごろ、効能書きや風評やメディアの力、情報量に惑わされること多く
何かを「味わう」、ということを忘れがちな、現代に生きる私たちの生活かもしれません。

こんなにモノに恵まれ、環境を整えることに心が砕かれる時代なのに。

昨年10月、吹田のメイシアターで行われたコンサートで、
朗読で参加してくださった谷川俊太郎さん、軽妙洒脱な司会ぶりも素敵でした。
クリックすると元のサイズで表示します

その、舞台上の私たち演奏者とのトークのなかで、
「自分の詩も、わからない、とよく人にいわれますが
わかる必要は無いんです、詩も音楽も味わえばいいんです」

と言われた言葉が心に残っています。
続きを読む
0

2008/1/13

サンクト・ガレンの旧市街、窓辺とお店の看板がとっても素敵だったので・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
0

2008/1/13

サンクト・ガレン  スイスという国
お正月気分も抜けて、2008年もはや2週間が過ぎようとしています。

クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりにサンクト・ガレンでの仕事、3日間、ボーデン湖に程近い世界遺産の町へ。
寒さもさほどでなく、練習本番の合間に、旧市街をのんびり散歩する時間に恵まれました。

クリックすると元のサイズで表示します
ユネスコの世界遺産に登録されている荘厳なカテドラル。
続きを読む
0

2008/1/2

恒例の・・・  私の中のスイスと日本
今年のおせち料理です。
クリックすると元のサイズで表示します

日本を、日本のお正月を懐かしみながら毎年大晦日に作るおせち。
このブログを書き始めてからも、すでに三回目を数えます。

いつの頃からか、
「来年の大晦日はどこでなにやっているかしら」、
「こんなに呑気にスイスでおせち料理を作っているかしら」、

などと考えるようになりましたが、おかげさまで今年も例年にたがわず

ごぼうの代用品になるSchwarzwurzel(黒い根、という意味)が手に入った、とか
今年はお煮しめが我ながらうまくいった、とか
ぎんなんの緑がほしかったんだけど、とか

ぶつぶつつぶやきながら、なんとも平和な時間を過ごすことができました。

今年も、元気で面白い年となりますように。


0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ