2009/6/18

夏のコンサート  スケジュール
クリックすると元のサイズで表示します
チューリッヒはすっかり初夏の陽気です。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日のチューリッヒ湖
丸い屋根はオペラハウスです。

**************
さてオフィスNの今年中盤の活動についてご案内申し上げます。

■ ヴェトナム・ツアー決起コンサート
  7月20日(月)17時30分 杉並方南会館
  
弦楽アンサンブル・レソナンツ
入場無料 (ヴェトナム・ツアーへのお志、大歓迎です!)

プログラム:モーツァルト・ディヴェルティメント、アダージョとフーガ
香月修・弦楽のための音楽、ドヴォルザーク・弦楽セレナーデ

この9月は、国際交流基金の助成を受け総勢17名のアンサンブル・レソナンツのヴェトナム・ツアーを予定しておりますが、7月20日(月) 杉並方南会館にて、「ヴェトナム・ツアー決起コンサート」を行います。一人でも多くの方に応援いただけましたら幸いです。コンサート後、同集会室にて出演者・応援者の懇親の会を予定しております。

■ オーケストリオ 音楽とおしゃべりを楽しむ夕べ
  7月21日(火)19時 東中野・梅若サロン

ヴァイオリン・河村典子、ギター・ワルター・ギーガー、コントラバス・白土文雄、語り・梅若和子
会費:3000円

プログラム:W.ギーガー 日本昔話「鶴の恩返し」、組曲「アルペンファンタジー」
サラサーテ ツィゴイネルワイゼン

7月23日〜27日に行う軽井沢における室内楽ワークショップには、例年のごとくワルター・ギーガーが講師で参加してくれますが、その来日に合わせ、日頃の御贔屓に感謝して懇親の会を兼ねたコンサートを7月21日(火)梅若サロン(梅若能楽堂隣接)にて行います。オーケストリオと梅若和子さんの語りによる、ワルター作曲の日本昔話、これも他では聞けないプログラムですし、日頃からお世話になっている皆様との懇親会もとても楽しみで、ぜひご参加いただければと思います。

*********************************
■夏のコンサート

◇7月3日(金)19時
代官山・ヒルサイドプラザホール
音の個展II「あおのふるさとはどこか」前田智子作品集 
音の個展II

◇7月12日(日)15時
富士宮教会 オーケストリオ

◇7月18日(土)18時
八王子・アリコヴェール ワルター・ギーガー(Git)&森田夏子(Pf)

◇7月20日(月)17時半
杉並・方南会館 アンサンブル・レソナンツ ヴェトナム決起コンサート

◇7月21日(火)19時
東中野・梅若サロン オーケストリオ懇親会&コンサート

◇7月23〜26日     
軽井沢 室内楽ワークショップ2009

◇7月27日(月)7時27分
銀座・ギャラリー悠幻 ヴァイオリンひとり Vol.64
河村典子・ヴァイオリン バッハ無伴奏ソナタ・パルティータ

◇7月30日(木)   
札幌キタラホール 千歳ミュージケットコンサート 弦楽アンサンブル
チャイコフスキー・弦楽セレナーデ、モーツァルト・ディヴェルティメント第3番

◇8月2日(日)   
カトリック千歳教会 ヴァイオリン&コントラバス
河村典子・ヴァイオリン、白土文雄・コントラバス

◇8月7日(金)  
カトリック真駒内教会 ヴァイオリンひとり Vol.65
河村典子・ヴァイオリン バッハ無伴奏ソナタ・パルティータ

◇8月8日 (土)18時  
小樽・住吉神社 ヴァイオリン&チェンバロ
河村典子・ヴァイオリン、明楽みゆき・チェンバロ
ヘンデル・ヴァイオリンソナタ、クープラン・チェンバロソナタ ほか

◇8月22日〜9月20日
チューリッヒ・ギャラリー・アルテフィッツにて「日本との邂逅」

日本の作家・四人展(石原智是、藤原貴子、十時孝好、木内万宇)
フィニサージュ・コンサート(9月20日17時)河村典子・ヴァイオリン、津田理子・ピアノ
遠藤雅夫・プレゴーン(無伴奏ヴァイオリンのための)(初演)、ベートーヴェン・クロイツェルソナタ


***************

暑さに向う季節ではございますが、お誘い合わせのうえたくさんの方にご来場、ご参加いただけましたら幸いです。

詳細についてのお問い合わせ・お申し込みは nrcnt441@yahoo.co.jp までお願いいたします。


5

2009/6/12

あおのふるさとはどこか  スケジュール
東京の夏・音楽祭 関連公演
音の個展II
「あおのふるさとはどこか」

クリックすると元のサイズで表示します
2008年10月30日大阪ドーンセンター 音の個展Iより 

■2009年7月3日19時開演
 代官山・ヒルサイドプラザホール

■前田智子作品集
 白道(Vl.Hp,Cb)、木の命(Sp,Hp,Cb)、顔(Vl,Hp,Cb)、悲の海は深く(Sp,Vl,Cb)、ステラ・オブあかねMエンジェル(Vl,Hp,Cb)、あおのふるさと(Vl,Cb,朗読)

■演奏
 河村典子・ヴァイオリン、石川公美・ソプラノ、堀米綾・ハープ、
 白土文雄・コントラバス、谷川俊太郎・朗読

■チケット
 4000円(当日券4500円)

■共催
 オフィスN, ヒルサイドテラス

■お問い合わせ・お申し込み
 オフィスN nrcnt441@yahoo.co.jp Umewaka International 03-3363-7718

国内のみならず海外においてもその響きの世界に魅されるファンが多い前田智子の作品を、器楽(ヴァイオリン、ハープ、コントラバス)、声楽(ソプラノ)、朗読によって再現する今回のプログラムを一番楽しみにしているのは演奏家自身かもしれません。

谷川俊太郎氏の詩に触発され創作された表題の「あおのふるさと」をはじめとして、時に悶々と重く深く、時に懐かしく温かく、「私のいきたいところは・・・、還る場所は・・・どこなのか」、音と言葉による命への問いかけ、皆様それぞれの前田ワールドに浸っていただければ幸いです。


クリックすると元のサイズで表示します
墨絵 藤原貴子
今回のチラシに使わせていただいた藤原さんの作品は、
チューリッヒのギャラリー・アルテフィッツで行われる日本の作家4人展でも
紹介されます。(8月22日〜9月20日)

19

2009/6/11

ヴェトナムへ行こう!その2  舞台裏のひとりごと
前記アンサンブル・レソナンツのコンサート・ツアーと平行して
9月7日〜12日まで、同行ツアーを名鉄観光と共同企画しています。

クリックすると元のサイズで表示します
ホイアンとダナンを結ぶ美しい海岸線
ヴェトナムは3千キロに及ぶ海岸線をもつ細長い国です。

情緒ある中部の小都市ホイアン、と3000の島が浮かぶ幻想的なハロン湾という
ふたつの世界遺産をたずね(豪華客船でハロン湾に1泊)

クリックすると元のサイズで表示します
幻想的なハロン湾、

フランス植民地時代の伝統あるハノイのオペラハウスで
我々のアンサンブル・レソナンツのコンサート鑑賞と鏡の間でのレセプション参加、

クリックすると元のサイズで表示します
ハノイ・オペラハウスの鏡の間

そして活気あふれるホ・チミン・シティでショッピングと市内観光のあと深夜便にて帰国という、
なかなか盛りだくさんのツアーです。

ご一緒しませんか?

ただいまパンフレットを準備中ですが、先行でご案内いたします。

9月7日  成田出発 ハノイDaeWSooホテルにて一泊(素敵なホテルです)

9月8日  ハノイ〜ハロン湾へ 豪華客船ヴィクトリア号にて宿泊

9月9日  船中でゆっくりと朝食をとった後、ハノイへ
     午後再びDaeWooホテルへチェックイン
     夕食後オペラハウスのコンサートとレセプションへ

9月10日  空路可愛らしい中部の小都市ホイアンへ ショッピング・市内観光 ホイアン泊

9月11日  ダナン空港よりホチミンシティへ 午後市内観光とショッピング
      深夜の便で成田へ 機中泊

9月12日  早朝成田着 

詳細はオフィスN nrcnt441@yahoo.co.jp まで、どうぞお気軽にお問い合わせください!


12

2009/6/11

ヴェトナムへ行こう!  舞台裏のひとりごと
少し前のことになりますが、
4月26日から30日まで、出発の2日前に決めてハノイに行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
混在、という言葉がぴったりの町ハノイ

今年8月30日〜9月12日に計画しているアンサンブル・レソナンツのヴェトナム・ツアー、
例のごとく、資金調達と旅行計画、メンバー確定、練習日程、決起コンサートの計画や
現地とのやりとりに今追われているところなんですが、
4月のハノイ行きは資金の一部を助成してやってもよい、という
現地スポンサーに直接会うのが最大の目的で、
途中、コンサートを行う中部の都市ダナンとホイアンに行って担当者と
具体的な打ち合わせもありました。

クリックすると元のサイズで表示します
ホイアンの新しい大学 日本語学科もあるファン・チュン・トゥリン大学
学生たちとの交流コンサートを行います。

クリックすると元のサイズで表示します
現地の音楽学生とワークショップを行うフエは皇帝の王宮があった風情のある古都です。

昨年6月に知り合った、ホイアンのファン・チュン・トゥリン大学の若い教授S氏に
連絡したら、ダナンの空港まで迎えに来てくれる、という。

なんて親切な!

って、空港まで迎えに来る、っていったら普通、車のお迎えを想像しません?
少し心細げに出口で待つ私の目の前に現れたS氏は、なんとバイク!
ヘルメット貸してもらって、ホイアンまで走ること40分。
あっはっは、人生初体験のバイクに乗って、ヴェトナム新発見の冒険の旅でもありました。

クリックすると元のサイズで表示します
ヴェトナムでの移動はバイクに限る?

人間、直接会う、って大事ですね。インターネットが充実し、メールが飛び交う、
今の時代だからこそ、目を見て話す(懇願する??)というエネルギーが
話を先に進め、人を動かすのだなあ、と思いました。

ハノイのオペラハウスで、冠公演をしてくれるスポンサー、このコンサートが
ツアーの資金不足を少なからず補って暮れるのだから、こんなに有難いことはありません。

もちろん、介在してくれる方たちがいて、私が急遽出かけていく時間があって、
諸々のタイミングがうまくかみ合って、のこと。

人は何で動くのか、面白いものだと思います。

ヴェトナムのエネルギーと人懐こさとおおらかさと誇り、なんとなく日本が忘れかけているものがここにはある、そんな気がします。
9月が楽しみです。

クリックすると元のサイズで表示します
アンサンブル・レソナンツ 3月5日すみだトリフォニーホールにて

14


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ