2009/9/29

気がつけば  舞台裏のひとりごと
クリックすると元のサイズで表示します
季節はすっかり移り変わっていました・・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
実りの秋。


8月の半ばにスイスへ戻って以来、9月は本当にめまぐるしかった。
チューリッヒに帰ってすぐオープニングのあった日本人画家の四人展も
ヴェトナツアーを挟んで一ヶ月続いた後に、先週末に終わり。

クリックすると元のサイズで表示します
ギャラリー・アルテフィッツ

クリックすると元のサイズで表示します
この展覧会の後、残念ながら閉められることが決まっています・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
オーナーのマリア。
ここでもずいぶん何回もコンサートをさせてもらいました、寂しいです。
最終日のコンサートでは、津田理子さんとベートーヴェンのクロイツェルソナタを演奏。


アーティストを含め日本からのお客さんの出入りがあり、
そのお付き合いもあって、結構観光もしたし、

クリックすると元のサイズで表示します
モナコ・モンテカルロの超モダンな駅

クリックすると元のサイズで表示します
世界遺産ベルンの町

クリックすると元のサイズで表示します
去年、谷川俊太郎さんとのコンサートを行ったパウル・クレー美術館にも行きました。


演奏のほうもヴェトナム、モナコと環境がめまぐるしく変わるなかで
私にとっての初物の曲や初演、弦楽オーケストラ、ソロ、ソナタ、
ずいぶんたくさんのプログラムがありましたね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
遠藤雅夫さんのプレゴーン(ヴァイオリン・ソロ)の初演もありました。


さて、秋のシーズン前半終了、「舞台裏のひとりごと」の続きは日本から、
ということで再び移動です・・・。

13

2009/9/24

ヴェトナム→モナコへ  舞台裏のひとりごと
話は前後しますが。

ヴェトナムからスイスへ戻って2日後。
地中海紺碧海岸=コートダジュール、の「真珠」こと
モナコへ、飛びました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ほんとに、「紺碧海岸」!!


オペラハウスにおける団十郎様、海老蔵様御一行の歌舞伎鑑賞と
懐石ディナーでの演奏が主な目的です。

クリックすると元のサイズで表示します
海岸側からオペラハウスを望む。

クリックすると元のサイズで表示します
(豪華絢爛・・・)

モナコはその昔、何度か寄ったことがあるのですが、毎度その車のラッシュに恐れをなしてすぐに退散、今回の4日間の滞在にして初めてその魅力に触れることになりました。

同じくヴェトナム観光旅行から日本へ帰り、旅の荷物をほどくも束の間
ヨーロッパへやってきた姉とその友人、アーティストの藤原貴子さんとのにぎやかな旅となりました。なんてったって、着いたその晩にオテル・ド・パリ隣接のカルティエでのカクテルパーティにお呼ばれ。
30億円はくだらない、というオレンジダイヤモンドの指輪で目の保養、カルティエ銘柄のシャンペンで舌の保養。ミーハーにもなろうというものですよねー。

歌舞伎の公演、絢爛豪華なオペラハウスでの舞台は、(多分)日本でのものとは随分違うものなのかもしれませんが(初めての歌舞伎観劇、なもので・・・)、なかなか面白かったです。

クリックすると元のサイズで表示します


でも、舞台よりもセレブの皆様が集う観衆の人間模様のほうが、より興味深かったかも・・。

クリックすると元のサイズで表示します
(セレブの皆さま??)


それにしてもヴェトナムの2週間とモナコの4日間、なんとも極端、めまぐるしい秋のシーズンの幕開けでした。

実は、この豪華なモンテカルロのオペラハウスで、来年に向けてひそかに目論んでいることが・・。うまくいかないかなあ・・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
レストラン”ゼスト”にて
17

2009/9/4

ヴェトナム紀行・リハーサル  舞台裏のひとりごと
フエの音楽アカデミーでの室内楽ワークショップは
去年6月、スイスからオーケストリオで、フエ国際音楽祭に出演した時に行って以来
今回で2回目です。

音楽学校の母体は古くからあるらしいですが、組織として確立されたのは
ここ数年らしく、学生の数も少なくて、まだまだ途上にあります。

クリックすると元のサイズで表示します
コロニアル・スタイルのなかなかりっぱな音楽アカデミーの建物。


でも、昨年、弦楽オーケストラのレッスンをしたときには、音を出す以前の
チューニングから始まって統率、規律、などアンサンブルの基本中の基本を
教えるところから始まったのから比べると、皆、数段の上達ぶりです。

アンサンブル・レソナンツと共演するのは
モーツァルト ディヴェルティメント第3番、
香月修    古風な歌、エレジー(ヴェトナム初演)
Saung Taug ハーモニー・ファンタジー(初演)

の三曲。

フエとダナンでのコンサート、3日間の合同練習で、
さてどのくらいの成果が出せることでしょうか。


クリックすると元のサイズで表示します
練習の合間に、ショッピングの情報収集。

まだ三日目ですが、メンバーのみんな、すでに「土地っ子」という感じです。
16

2009/9/2

ヴェトナム紀行・フエへ  舞台裏のひとりごと
午前中、9月9日共演のソプラノ歌手Thang Longさんとの打ち合わせ。
スポンサーから所望の曲目はヴェトナムの歌と日本の歌、
(が、プッチーニ「蝶々夫人」の「ある晴れた日に」、であるというのもすごい発想、というか連想、なのですが・・・)
管楽器はオペラハウスオーケストラのメンバー、とのこと。

はい、最善を尽くしましょう・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
オペラハウスの内部。

フエンさんとの、美味しいヴェトナム風ヴァイキングのランチの後空港へ。

早朝に成田から出発したメンバーを待つこと一時間。
はたして第一陣、無事到着、香港経由の第2陣もその1時間後無事到着!!

ここまでは無事だった・・・。

奇跡的な?再会を喜びあった後、国内線に乗り換え、中部の古都フエへ。

ヴェトナムは夕方暗くなるのが早い!17時45分出発の時は明るかったのに
50分の飛行の間にあたりは闇に変わっていました。
チェロ3台、コントラバス2台の大型楽器の梱包を解いて、迎えの大型バスへ押し込む。
ここフエで5日間滞在、地元の音楽学生たちと共演の準備をします。

ホテルに着いた途端、猛烈なスコール、梱包の段ボール箱はしかし危ういところで
無事、乾いたまま確保されました。

楽器もメンバーもともかく無事について、よかったよかった。

ここまでは無事だった・・・、がこのところの私の口癖になりそうです。やれやれ。

クリックすると元のサイズで表示します
フエの空港にて。
2

2009/9/1

ヴェトナム紀行・前夜  舞台裏のひとりごと
さあ、いよいよアンサンブル・レソナンツのヴェトナムツアーが始まります。

明日成田を出発する一行に一日先駆けて、今日の午後ハノイに着きました。
1年以上かけて、4月には下見にも出かけてきたりして用意してきたツアーですが、
現地とのやりとりも、ヴェトナムモードにやきもきしたり、
いまだ「????・・・」という部分もなきにしもあらずの、
アンサンブルの一行17名、さぞや珍道中になろうことが予想されます。

午後3時のハノイは32度、東京の真夏と似たようなものかなあ。
ハノイのスポンサーの件ですっかりお世話になっている
若くて可愛らしい、けれどしっかりもののヴェトナム女性フエンさんが
出迎えてくれてほっと一安心。
相変わらず、空港から市内に入る車の列のなかに
子豚だの鶏だのを籠に積んだバイクがブンブン飛び交ったりしていて、
喧騒、混沌の町です。
でも、3回目ともなると慣れ親しんだ、というような気持にもなるから不思議。

明日の午後は、ツアー最終日、9日にハノイのオペラハウスで行われるコンサートの
現地スポンサーと共演のソプラノ歌手の方と打ち合わせ。
午後には、成田出発直行便組、香港経由組のメンバー全員と合流の予定。

みなさん、遅刻なんかしないで、必ず来てね!!

クリックすると元のサイズで表示します
ハノイの夜景、DAEWOO HOTEL より。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ