2013/1/29

「appassionata」  
長い長いと思った今回の6週間のスイス滞在も、
クリスマス・大晦日・お正月が終わって
折り返しの1月半ばくらいからは、もう日々が矢のように過ぎて行きました。

冬の季節、日本を出て少しまとまった時間をスイスで過ごすと、
色々とものを考える機会があるのと春に向けてエネルギーが貯められて
私にとって、この冬篭りのような時間はとても大切なものです。

そして、ここ数年、一年の中で日本での時間が増えてきていますが、
このくらいまとまってチューリッヒで過ごすと、
かつてのように、自分の住む町、という感覚が
よみがえってきます。

さて、日本に帰国まであと数日になった先週末、
Solothurn ソロトゥルンという町の映画祭での
ある映画を見に行ってきました。


クリックすると元のサイズで表示します

静かで落ち着いたたたずまいのソロトゥルンの街並み


スイスでの映画祭というとロカルノが有名ですが、
ソロトゥルンも今年で48回目という、ずいぶん伝統のある催しなんですね。

「appassionata」という名前のドキュメンタリー映画は
私の室内楽のパートナー、ピアニストのアレーナ・チェルニーの
音楽家としての、またチェルノブイリの原発事故後
共産圏から西側へ避難したひとりの人間としての
ウクライナ〜スイスの旅路を過去に辿るドキュメンタリーです。


クリックすると元のサイズで表示します


アレーナのことは以前にもこのブログで書きましたが、
画面に連綿と流れるアレーナのピアノの音色の美しさが、
この映画の印象を一層深いものにしているのは疑う余地がありません。

昨年9月、チューリッヒ映画祭でも上映され
観衆による支持と賛辞を受け、観客賞というプライスを勝ち取ったというのも、
彼女の音楽の力によるところも大きかったのではないでしょうか?

そしてアレーナが、惨事後25年経って、
完全なる廃墟となっているチェルノブイリを訪れたシーンでは、
何とも言えない身の震えを覚えました・・・。

もちろん、とても地味なドキュメンタリー映画には違いなく、
日本での上映は今決まっていないそうですが、
きっと日本の聴衆にも訴えるところがある映画だと思います。
何か、上映の可能性があることを願っています。
2

2013/1/24

モナコの休日  
お友達に誘われて二年半ぶりにモナコを訪れました。

一月半ばの冬の季節、チューリッヒは雪がちらついていましたが
モナコに着いた翌日は、本当に素晴らしい天気で
海と空の青の色、澄んだ空気、
今回は、彼女のアパートに居候させてもらって
本当に素敵な3日間の休暇でした。

クリックすると元のサイズで表示します

海岸沿いの散歩や、


クリックすると元のサイズで表示します

有名なモンテカルロのサーカス、


クリックすると元のサイズで表示します

手入れの行き届いた庭園のような公園の散策と


クリックすると元のサイズで表示します

歴史のある素晴らしい建物でのお茶の時間、


人々は闊達でお洒落、そして文化的な香りと日常の活気、
やはり、ヨーロッパの中でもさすがに独特な雰囲気があるところですね。

ステファニー王女もお出ましになっていた伝統あるサーカスはとっても華やか、


クリックすると元のサイズで表示します

本当に盛りだくさんの三日間だったのですが、

その中でも面白かったのは、

宮殿ちかくのオールドタウンでお散歩&お買いものをしたときに
ふと入ってみたブティックは、グレース王妃基金のお店で
色々な素敵な小物や装飾品とともに、
何やらセカンドハンドショップ風に衣装の数々が並んでいます。

何と、すべてカロライン王女直々のご提供の、
たぶん、一回お召しになったかどうか、の品々でした。

私も、ン十年前のボディラインだったら舞台衣装に絶対欲しい
素敵なドレスもたくさん!

色々と試着を楽しんで、結局この二品を手に入れました。


クリックすると元のサイズで表示します

いつか舞台で着ようかな〜?

で、お値段? 
は、ちょっとここに書くのは憚られるほど
激安、爆安!

楽しいショッピングでした!


1

2013/1/23

えにしのサロン 〜ママの約束〜  スケジュール
画家・ジャーナリストである増山麗奈さんは、昨年秋
自ら監督をつとめる映画「ママの約束」制作のため、
原発の終え方や、再生可能エネルギーについての取材に
ドイツに行かれました。
子育て真っ最中の麗奈さんが現地で見た
ドイツが教えてくれる「エネルギーをめぐる近未来図」について、
ご一緒に考えてみませんか?

演奏は、河村典子・ヴァイオリン 
バッハ無伴奏ソナタより聞いていただきます。
そして、アーティストである麗奈さんとのコラボにも挑戦!
アートと音楽、さてどんな展開になることでしょう?


増山麗奈ドイツ報告「ドイツに学ぶエネルギーをめぐる近未来図」

クリックすると元のサイズで表示します


ゲスト 増山麗奈 画家・ジャーナリスト
演奏  河村典子・ヴァイオリン 

Salon d'Enishi vol.4

2013/2/23(土)14:00 開宴
東中野・梅若サロン (定員30名)
チケット: ¥3500 お茶とお菓子付き(大須賀麻由美・お菓子)

お申し込み:オフィスN officen_info@yahoo.co.jp 

Enishi in Fujinomiya vol.3

2013/2/24(日) 15:30 開宴
FUJIVISION 富士宮市大宮町8-4 
チケット: \2500 おつまみ・ワンドリンク付き

お申し込み:FUJIVISION 080-5069-5085 又は
      オフィスN officen_info@yahoo.co.jp 

クリックすると元のサイズで表示します

増山麗奈 画家 ジャーナリスト 

311以降東京から関西へ子どもをつれて移住。絵本「幼なじみのバッキー」で岡本太郎現代芸術大賞を受賞。
「避難者と未来をつくる会」代表 環境問題や、貧困、戦争の問題を取材し、記事やアートを通じて発表している。新聞や雑誌に連載、執筆。
ドキュメンタリー映画「ママの約束」を製作、ドイツにて核廃棄物処分場や、エネルギー自給自足村、原発解体の現場などを撮影、取材している。アートや社会活動をまとめたドキュメンタリー映画「桃色のジャンヌ・ダルク」を主演・企画。
著書 「桃色ゲリラ〜`PEACE& ARTの革命〜」(社会批評社)「いかす!アート」(白澤社)「GIRLYPOWER!!」など/
紹介メディア取材 NHK ・ アエラ・朝日新聞・産經新聞・読売新聞・新聞赤旗・TBS他

1

2013/1/4

2013年 新しい年に  
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

クリックすると元のサイズで表示します
木の生い茂った険しい坂道を息を切らして抜けたら
その向こうに、こんなふうに光が満ちていてほしい

そんな思いでこの年越しを過ごしたような気がします。


1年前、2012年の元旦にどんなことを書いていたのかと思って、見てみたら

不安と悲しみに満ちた2011年を乗り越える
「希望の年であってほしい」

と願ったのですが、1年経って、日本と世界をとりまく状況は
好転したのでしょうか?

残念ながらそうは思えません・・・。
むしろ一層、一人ひとりの自覚と覚悟が試される厳しい年になる予感がします。

*********************
大晦日から、東スイスのアッペンツェルに住むモニカをたずねました。

去年の元旦に「ヴァイオリンひとり100回目」を弾いた
トローゲンの村です。

高名なスイスの教育学者ペスタロッチが提唱した
「子供の村」の本部があるそうで、
私は無知にしてつい最近そのことを知りました。

クリックすると元のサイズで表示します
トローゲンの村
ちょうど一年前、あの教会で「ヴァイオリンひとり」第100回目を弾きました。

今年の元旦は、モニカと山歩き、
といっても日頃運動不足の身にとっては結構ハードな行軍で

一枚目の写真はその途中、息を切らしながら撮ったものです。

そして、1250mの頂上からの素晴らしい眺望。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
遠くに見えるのはオーストリア・アルプスです。


普段使わない筋肉を使い、自分の身体で汗を流して
山の頂上を目指し、雄大な自然を前にして、

己の小ささを痛感すると共に小さな達成感を味わうのは
時として、良いものです。

自分の小ささを知りつつ、気持ちはおおらかに持って過ごしたい

そんなことを思った2013年の元旦でした。

その夜には静かに雪が降り

クリックすると元のサイズで表示します
翌朝目が覚めたら一面の銀世界でした。


そうそう、今年のおせちの写真も。
おせちづくりは私にとって、毎年欠かせないセレモニーですので。

クリックすると元のサイズで表示します
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ