2013/4/2

日々是好日  舞台裏のひとりごと
軽井沢の室内楽ワークショップが無事終わりました。
各地から集まった老若男女(!)達が講師も含めて、
ともかく室内楽に打ち込んで4日間を過ごしました。

クリックすると元のサイズで表示します
友愛山荘でのワークショップ。7年目を迎えました。


世の中の雛型のようなところが室内楽の面白さです。

   演奏技術が高くても合奏の大元のところ、
   「如何に」ではなくて「何故に」が
   各奏者に共有されていないと良い調和が生まれない。

   自分が何人もいればどんなに楽だろうと思う反面、
   それではどんなに退屈なことか・・・。

   レベルや趣味や関心の行く先がそれぞれ違うメンバーが
   イメージを共有して「一人ではできないこと」をまとめ上げる。

「何故に」がまずあって、「近未来図」が共有されて
「如何に」がある。
この順番を間違えると、なんだかおかしなことになります。

音楽だけじゃなくて、今の世の中ちょっとおかしくない?
と思うことはたくさんあって、人の営みの
「何故に」がおろそかにされると、
大事なことを忘れてしまう気がします。

しかし、モノを教える、ということは得てして
「如何に」の部分なのです。

「何故に」は、人は自分の心に問うしかない。
それだからこそ、「音は嘘をつかない」のだと思います。

つかの間の休みの午後、外はなんだか憂鬱な天気ですが
薪ストーブの火をながめながらそんなことを考えます。
のんびりして、良い時間です。

クリックすると元のサイズで表示します

あ〜あ、どこにも出かけないでず〜っとこうやっていられれば
良いよね・・・、と思いつつ、
明後日からまた北海道です。
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ