2016/5/1

Ballenbergの小さなスイス  スイスという国
昨日の天気予報で、今日の悪天候は分かっていたので
ゴールデンウィーク中に遊びに来た姪っ子Hちゃんと、
今日は休みの娘と一緒に、雨にもめげず、面白く遊べそうなところ
バレンベルクの野外博物館、に私もはじめて行きました。

チューリッヒから車で1時間半ほど、
スイスのほぼ真ん中、ベルナーオーバーランドの
ブリエンツやインターラーケンに近い場所です。
Ballenberg Freilichtmuseum

クリックすると元のサイズで表示します
66ヘクタールの広大な土地(東京ドーム42個分!)に、
100棟以上ものスイスのあらゆる地方のオリジナルの家々が散在し、
ハイキングしながら、昔ながらの生活感をそっくりそのまま体験できるようになっています。

見るだけでなく、どの家もドアを開けて入れば、
そのままタイムトンネルを通ったかのように、その時代の生きた生活感に満ちています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


モノ、だけでなくて、人間たちも。
ありとあらゆる伝統の手仕事が実際に行われています。

鍛冶、チーズ、刺繍、編み物、機織り、木彫り、パン、籠、ロープ、陶器、ソーセージ、・・などなど。

家々のドアを開けるたびに、どんな知恵と技と美しさの世界が見られるのか、
ワクワクしてしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

チーズ作りの家では温かいコーヒーをご馳走になりました。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
敷地内では、穀物も栽培されていて、
川の水をひいた昔ながらの水車小屋で、粉にしています。
その小麦粉も売っているし、パン職人の家で焼いたパンも買える、というわけ。


クリックすると元のサイズで表示します
ハーブ畑もある昔ながらの薬局、というのもあったので、
このところ花粉症で悩む私は、目薬を買いました、効くかな?


農家の生活に欠かせない小動物たちもたくさんいました。
にわとり、うさぎ、山羊、ブタ、七面鳥・・。
人と動物、みんな近くにいたんですね。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

夕方になるにつれ雨脚はどんどん激しくなりましたが、本当に楽しい半日でした。


モノと情報があふれ、エネルギーをめぐって争いが止まない現代に生きる私たち。
昔の生活を厳しい、と見るか、豊か、と感じるか・・。

うーん。

自然と真正面に向き合って、手仕事を活かし、知恵を活かして世の中が循環している。
人と自然が近くて、生活がシンプルかつ堅実で・・・。
生活の中の美、ということを考えさせられました。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ