2016/11/10

2016年文化の日  

クリックすると元のサイズで表示します

奈良二月堂・北参籠所における吉田真誉さんの《華の仏さま展》は今年で15回目、
毎年文化の日に演奏しているヴァイオリンひとりのコンサートも
2005年から今年で12回目、

そしてその後駆けつける専念寺本堂でのコンサートも
今年5回目を迎えたのだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
吉田真誉さんと。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

本当に、何事も長く続けるって大変なことです。
両方のコンサートとも、乗っかって続けさせていただいている私、
有難いことですね。

いつのころからか、来年はどうしているかしら、
などと考えないこともないですが、
お声がかかる限りは続けさせていただこうと思います。
0

2016/11/10

えにしのサロン第13回 〜ミツロウろうそくづくりの集い〜  
今年最後のえにしのサロンへのお誘いです。

以前から、ミツロウのろうそくづくりと美味しいクリスマスのお菓子を戴いて
おしゃべりを楽しむ会をやりたいな、と思っていました。

ミツロウのろうそく作りは、子供たちが小さかった頃一緒によく行った
スイスでのクリスマス前の風物詩です。

クリックすると元のサイズで表示します

働き者のミツバチの贈り物ミツロウ。
香りが良くて、色が優しいスイスのミツロウでろうそくをご一緒に作りませんか?
溶かしたミツロウに、芯となる糸を垂らしては冷まし、冷ましては垂らして
少しずつ太らせる伝統的なディッピングと呼ばれる方法です。

少しずつ重みが増すたびに、地球の重力が感じられるような気がして
瞑想的な気分になります。(私だけかも??)
私もろうそくを作って合間のおしゃべりに加わりたいので、
今回は演奏はナシにします。

クリスマスの4週間前の日曜日から始まるアドヴェントの時期、
毎日曜日に1本ずつロウソクをともし、
ドイツではシュトーレン、イタリアではパネットーネと呼ばれる
伝統的なお菓子を少しずつ頂いて人々はクリスマスを待ちます。


クリックすると元のサイズで表示します

今年のアドヴェントが始まる前日、スイスのミツロウろうそく作りと
大須賀麻由美さんが作ってくださる美味しいシュトーレン、パネットーネで、
おしゃべりと一足早いヨーロッパのクリスマスの準備を楽しみませんか?

日時   2016年11月26日 15時ー18時
場所   東中野教会 階下集会室
定員   12名
参加費  2500円 (ろうそく3本分の材料費、お茶・お菓子付き)
お申込み nk.violine#gmail.com (#を@に)
持ち物  衣服が汚れないよう、羽織る もの・エプロンなど。

11月20日までにお返事をお願いいたします。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ