2017/5/11

さて、5月は結婚式とBenefizkonzert  
クリックすると元のサイズで表示します
天井が高くて響きが良いので、このところの私のおきにいりの練習室。
娘のお店の閉まっている時間に。

四月のチューリッヒは猫の目のように目まぐるしく変わるお天気でした。

クリックすると元のサイズで表示します
4月初め、花も若葉も一斉に目を覚まして一挙に春の到来、

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
4月24日冬の終わりを告げるチューリッヒのお祭りゼクセロイテンも終わり

クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ本格的な春かとおもいきや、翌々日には雪が降り

クリックすると元のサイズで表示します
以後こんな、どんよりした毎日が続いていました。

日本ではゴールデンウィークが過ぎて気温上昇していると思います。
こちらは、もう一度仕切り直しで春に突入、かな?

さて、
5月は息子の結婚式があります。
11月に彼らの報告を受け、びっくりしたり、喜んだり。
うちは、ずっと「親はあっても子は育つ」的家庭だったので、

こころから、感謝と祝福の気持ちでいっぱいです。
色々なことが待ち受ける人生ですが、幸多かれ、と願うばかりです。

そして結婚式の翌日21日は、昨年に続き
スイスでのチェルノブイリ被害への支援組織主催のコンサートがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

5月21日17時30分 大寺院ヘルフェライにて

ピアノ アレーナ・チェルニー
ヴァイオリン 河村典子
コントラバス 白土文雄

入場無料

チェルノブイリ支援の30年に渡る記録のドイツ語翻訳出版記念とチャリティです。

30年経って未だに支援が必要である、という実情・・・。
日々上書きされていく情報と、日常の営みに埋もれがちですが、
非常な現実は、すぐそこにある。

福島の、日本の、30年後はどうなっているのか、と思わずにはいられません。

3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ