2017/12/31

過ぎ行く年に思うこと  
クリスマスも過ぎ、お正月の買い出しにチューリッヒの街に出ました。

クリックすると元のサイズで表示します
師走の街。

あっというまに2017年も暮れようとしています。
面白い年でした。

なんといってもスイスと日本を6回行き来し、
どちらかといえば、スイスに軸足を置いた一年でした。

日本での、凝縮された本番とともに過ごした移動の日々も充実していたし
スイスでの、娘の店での、これまた打って変わった接客&肉体労働の新体験も
私にとって、貴重な人生のページに加えられました。
まさか、この年になって、こんなに慣れないことをやることになるとは
思ってもみなかったけど、貴重でしたね、この体験は。

世の中は、日本もヨーロッパも必ずしも安寧な時代ではないのかもしれない、
と思います。いやむしろ、今意識をはっきり持って、庶民の幸せな生活を保持していかなければならないのかも、という思いです。

時代とともに移り変わる人間社会の価値観になるべく翻弄されずに
生きる、生かされている、という福音をかみしめて一日一日を
大事に過ごしたいと思います。2018年、良い年となりますように。

そして、私の活動の幕開けは3月22日―25日の軽井沢友愛山荘での
室内楽ワークショップです。毎年、予定を立て募集をかけるたびに
いつまでつつけられるかな、という思いがないとは言えません。

半面、音楽がもたらしてくれる恩恵への感謝を、年々深めていく、
というのも確かなのです。室内楽の面白さ、素晴らしさを
3月の末の、春まだ遠い軽井沢の空気の中で参加者の皆さんとともに
味わう時間を、一回一回大事にしたい、と思うこの頃です。

クリックすると元のサイズで表示します
2017年3月
3月末の軽井沢は、こんな景色の時もあります・・・。

**************
オフィスN 春の軽井沢室内楽ワークショップ2018

日時      2018年3月22日 ( 木 ) 〜25日 ( 日 )
場所      軽井沢友愛山荘

お知らせの掲示板はこちらです。
0

2017/12/11

冬ごもりへ突入  
もちろん、クリスマス、お正月を迎えるので
冬眠?はその後ですが、
《寿来爺》公演が2017年の仕事納めだったので
まずは、解放&ナマケモノ気分です。

クリックすると元のサイズで表示します

4日前に帰ってきたチューリッヒは一昨日の晩から雪が降り始めて
今日は積りそうです。

クリックすると元のサイズで表示します


出発前に、実に半年ぶりくらいで八王子の畑へ。

クリックすると元のサイズで表示します
私がサボっていた間に、仲間たちがせっせと耕し
見違えるような立派な畑になっていました。

クリックすると元のサイズで表示します
りっぱな里芋の収穫。
この次に行けるのはいつのことかしら・・・?


クリックすると元のサイズで表示します
サントリーブルーローズでの川上ミネさんのリサイタルにも
タイミングよく行くことが出来ました。
ミネさんのピアノってピアノではないような独特な音色。
もちろん、最上級の誉め言葉、です!

そして、ブルーローズは
なんと、客として客席にすわるのは初めてだった、
ということに気が付きました。

0

2017/12/11

「寿来爺」公演、無事終了しました!  
12月1日、梅若能楽堂にて《寿来爺》公演が無事に終わりました。

同じ会場で二回目の公演、という集客への一抹の不安も抱えて
本番を迎えましたが、思いのほか多くのお客様が来てくださいました。
本当にありがとうございました。

そして、支えてくれた協力者のみなさん、
誠心誠意、役割に取り組んでくれた仲間たち。

つくづくこの曲の難易度を再認識した、同じメンバーによる
三回目の公演でした。

クリックすると元のサイズで表示します
寿来爺と来し方の精霊の道行き。


なにより嬉しかったのは、二回目、三回目と公演を
繰り返し見てくださったお客様から、

「台詞も所作もさらに磨かれていた」
「音楽がドラマティックに明確で、狂言とより一層融合していた」

と、たくさんのお褒めの言葉をいただいたことでした。

2019年には、ヨーロッパツアーを目指して準備中です。
伝統と現代、洋の東西、そしてジャンルを超えてのコラボレーション、
さらなる完成度を目指したいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
ゲネプロの風景。
前半はグリーグ、ショスタコーヴィチ、ストラヴィンスキーのトリオの演目です。

クリックすると元のサイズで表示します
そして大団円。
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ