2018/3/30

ワークショップ終了  
3月22日ー25日まで軽井沢友愛山荘にて
恒例の室内楽ワークショップを行いました。

今回はいつもより参加者が若干少なめでしたが
少人数ならではの、心の余裕(わたくしの、です)、密度の高さもあったかな?

出かける二日前から東京では雪が降り始め、冬に逆もどりの感。
車で軽井沢へ向かう峠越えができるかどうか、心配しましたが
タイミングよく高速のチェーン規制が解除され
無事全員そろって音出しを始めることが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
雪国の景色。

音楽をするのに、空気って影響大ですね。
美味しい空気、身近な自然、リラックスして時間の余裕、喜び、楽しみ、集中力・・。

昔は無我夢中、というか自我中心であまりそういうことを気にかけなかったけど
やはり人間は環境の動物です。
参加者の皆さんが、反省と課題だけではなくて、
何かしら大らかな気持ちを持って帰ってもらえたらな、と思います。

クリックすると元のサイズで表示します
合奏の愉しみ。ヴィオラを弾くのは身体が痛くなりますが・・。

クリックすると元のサイズで表示します
帰りは、軽井沢ー富士宮ー東京のルートで。

クリックすると元のサイズで表示します
5日後に東京に帰ったら、季節はすっかり移っていました。



0

2018/3/3

えにしのサロン第16回 〜ヴァイオリンひとり ふたたび〜  

2005年にバッハの無伴奏ソナタ・パルティータのプログラムで
行脚を始めました。
ご縁のあった札幌のカフェ、アンジュで第一回を行い、
2012年元旦スイスのトローゲンの教会で100回目、
あしかけ7年の音楽修行の旅でした。

クリックすると元のサイズで表示します
2012年元旦に100回目を行った、スイス・トローゲンの教会です。

繰り返し同じ曲を演奏し、
たくさんの方に「あそこで出来るんじゃない?」「次はいつにしますか?」
と応援していただき得難い経験をさせていただきました。

100回を過ぎてからは特に回数を数えることもしませんでしたが、
第一回から数えて13年目の今年、
また、1年かけてこの6曲の無伴奏曲を一巡したいとの思いが強くなりました。

サロンコンサートの形でお客様と空間を作る、
音楽の合間に談笑とスイスのチーズと手作りのパンを
ワインで楽しんでいただく・・・。
そんな日常の中の非日常の時間をご一緒に過ごしていただければ幸いです。


クリックすると元のサイズで表示します
前回に引き続き 光が丘美術館です。



演奏 河村典子 Vn、

曲目
J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリン パルティータ第1番
J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリン ソナタ第1番

入場料 3500 円(学生 2000 円)(手作りのパン、チーズ、ワイン付)

お問い合わせ・お申込み officen_info#yahoo.co.jp (#を@に)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/3/3

寒波襲来!  
今年の冬の寒さはそれほどでもなかった、

と思っていたけど、まだまだ続きがありました。
氷点下の世界です。

クリックすると元のサイズで表示します
チューリッヒ中央駅前の噴水もこのとおり。

転ばないように気を付けないと!
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ