2018/9/14

バッハの夕べ@台湾  スケジュール
2007年から毎年のように、新宿ゴールデン街のBar十月主催で
お客さんたちと連れ立って、大人の修学旅行と称した、
《宴会付きコンサート》ならぬ《コンサート付き宴会》で
全国実に様々な面白い場所で
バッハの無伴奏ソナタを弾かせていただきました。

「高原に行ってバッハを聴こう、バッハを聴いて温泉に入ろう」との
キャッチフレーズで那須塩原温泉(三島ホール)にて始まった大人の修学旅行は
尾鷲・熊野古道センター、京都・西本願寺、長崎・中町教会、猿ヶ京温泉、新潟じょんのび村、長崎・活水女子大学チャペル、松山・萬翠荘、札幌・北一条教会…
ほとんど毎年のように、Bar十月の常連さんたちゆかりの場所を訪ね、

私にとって、バッハの無伴奏の100回連続演奏をめざした行脚の途中で
想像をはるかに超えた、かけがえのない出逢いがありました。
クリックすると元のサイズで表示します

大人の修学旅行は昨年の新潟じょんのび村への二回目の訪問で
最終回となったのですが
今年もまた新しいご縁をいただいて
「卒業旅行」はたまた「同窓会」?でしょうか・・、
台北で演奏させていただくことになりました。

私の「ヴァイオリンひとり」の行脚は2012年元旦スイスのトローゲンの教会での百回目をもって、ひとつの区切りがつき、その後は
回数を数えることもなくなったのですが、

バッハの無伴奏ソナタとの終わりのない旅、まだまだ続けられるのかも・・・。
楽しみにしています。
2

2018/9/11

ワークショップ終了そして秋のシーズン始まる  
秋の軽井沢ワークショップ2018無事終了しました。
クリックすると元のサイズで表示します

私自身は9月初め、台風をかいくぐって成田に到着しましたが
翌日、台風の関西上陸では大変な被害があったり
帰国二日後に軽井沢に向かう明け方には北海道で大地震・・。
知人・友人の方々に軽々に連絡をとることも遠慮しましたが、
みなさまの無事と日常への復帰を心よりお祈りいたします。

本当に今年の日本は各地で自然災害が相次ぎ、
ワークショップで参加者の方々と無事に顔を合わせた時には
本当にホッとしました。

皆さん、精進されて4日間の合宿で課題をそれぞれに見つけ
良き時を過ごされたことと嬉しく思います。
私もアンサンブルでヴィオラを何曲か引き受け、汗水たらしましたよ。
いつものことながら自分自身への課題も見つけました。

そして、秋のシーズンは例によって
小出郷文化会館の《マイオータムコンサート》で始まります。

クリックすると元のサイズで表示します
途中、中断もありましたが18年に渡るそうです、
ピアニスト、志田梨花子さんプロデュースの新潟小出郷の秋のコンサートです。

地元の「笹船混声合唱団」との共演も三年目、
プログラムには、去年初演を行った対馬時男さん作曲の《五兵と雪女》の再演があります。
現代曲を繰り返し演奏できる、ということはなかなか難しいし
当たり前のことではありませんが、大事に演奏されるにふさわしい作品だと思います。

それにしても、回を重ねることの大切さ、色々な意味でかみしめるこの頃です。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ