2021/5/31

いま、ここ  
クリックすると元のサイズで表示します
3日前に、五か月ぶりに成田に向けて出発しました。

クリックすると元のサイズで表示します
チューリッヒ空港は、こんな感じ。相変わらず閑散としていました。

そして、成田に着いてからは、
出発前に用意した陰性証明書など書類のチェック、
位置情報や健康管理のためのアプリの確認、など
そして、なかなかの厳重な体制で抗体検査などを済ませ
指定のホテルに三泊四日の間滞在となります。
(ホテル代は国から支払われます。)

今日はその三日目。

なにしろ、部屋から一歩も出られない、
三度の食事、メールやアプリでの健康チェックや居場所報告のほかは

テレビを見るか、インターネットか、ヴァイオリンを弾くか・・・。
なんか、でぶでぶになりそうですが仕方がないですね。

明日四日目の再検査で陰性となれば空港で解散、ということになりますが
その後も、所在確認や健康状態のアプリによる追跡が入国後14日間続きます。

私としては外せない用事で帰国しましたが、
もしこれが、14日間「施設での自費による完全隔離」、ということであれば
個人としては懐と相談して、さすがに考え直したかなあ・・・。
でも、そのほうが国としては、効果大の水際作戦だろうになあ・・・、などと
のんきに他人事のようなことを考えながら
だらだら過ごし、普段の三倍は食べています。

クリックすると元のサイズで表示します
窓から見える景色。動かない飛行機たち・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
夜景。

そんな中、予定日を一週間以上過ぎて
息子から「赤ちゃん誕生」の知らせが!!
母子ともに健康で、元気な男の子です。
おめでとう、良かった良かった!
2

2021/5/25

街の緑  
お天気が良くてもなかなか気温は上がらない、
チューリッヒの今年の五月は寒いです。
いつまでもジャケットやセーターが手放せません。

ワクチンが世の中にジワリと浸透してきたとはいえ
街中でのマスク着用義務、ソーシャルディスタンス、
レストランはテラスのみの営業、などなど
COVID19対策での規制はまだまだ解かれていないので
人々は広場や公園で人との交流を楽しんでいます、

クリックすると元のサイズで表示します
冬からずっと観察していた私の窓の下に見える街路樹は
どんどん緑豊かになり花が咲き、小鳥が集まってきて
本当に美しい季節になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
見上げるほど高くなり
拡げた手のような大きな葉っぱと
白または紅色の小さい花が集まって円錐状に上に向かって咲いています。

クリックすると元のサイズで表示します
冬のさなかに移り住んだ住まいの窓の下、
この木を通して季節の移り変わりを上から眺めてきました。
秋の落ち葉と道路にたくさん落ちている栗によく似た形の実は知っていましたけど
樹木の名前にはさっぱり疎い私です。
今まであまり意識して見ることがなかったのですが
気が付けばチューリッヒの町のいたるところに見られる街路樹だったのです。

クリックすると元のサイズで表示します
名前を調べたら、西洋とちのき。
パリの凱旋門広場から続くあの街路樹マロニエ、ドイツ語ではカスタニエン。
なあんだ、名前だけはよく知っていても、姿かたちとは結び付かず・・・。
こんなに身近な木だったのですね。

とくに今年は歩くことが増えたので
街中の自然の移り変わり、日常の緑に心が慰められます。
じきに明けてくれることを切に願う、2年にわたるコロナ騒ぎですが、
町中の小さな自然に目を向ける良い習慣も授かりました。

クリックすると元のサイズで表示します
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ