2016/5/30

第10回 富士山ピース&アートフェスティバル 「本当の豊かさとは?」  スケジュール
現役のアメリカ大統領として初めての、
オバマ大統領の広島訪問が大きな話題になっています。

賛否両論、それぞれの国、それぞれの立場・過ごしてきた環境によって
色々な思いがあるのはもちろん当然のことでしょう。
いずれにしても、セレモニーは日本国民として感情を揺さぶられ
強いインパクトを与えるものであったことに違いありません。

誰もが平和な世界を望み、しかし、その願いがかなえられることが
如何に難しく、遠い道のりであるのかも皆が承知しています。

私個人としては、実際の世界や日本国内の動きを悲観的にとらえがちな昨今です。

日米両首脳の言葉が、
ひとつのセレモニーにおける政治的効果満点の演説や免罪符に留まるのではなく
未来を見据えた動きが、その後に続いてくれることを切に願っています。

そうして、現実的なこのところの世の中の動きを見ていると、
ピース&アートと掲げたこのフェスティバルを持続させる意味を
自分なりに深く考えずにはいられません。

なぜ、アート、なのか?

10回目の今回は、
2月から始まった実行委員会の中でも色々な意見がでたのですが、
最終的に《日常と手元を見つめる》がコンセプトとなりました。

自分の身の回りをみつめ、自然と共生し、手仕事を大事にする。

ささやかですが、各々がこのことを大切に出来てこそ、
大きな平和につながるのではないか?

モノも情報も溢れんばかりの現代において、
あえて《本当の豊かさとは何か》を皆で問い直してみたいと思うのです。

******************

富士山ピース&アートフェスティバル 「ほんとうの豊かさとは?」

6月25日(土)、26日(日) 富士宮市・上井出 ギャラリーマルショウにて

プログラム
○対談(25日) 
《富士山の母源力に活かされて −湧き水の恵み、手漉き和紙作り》
内藤恒雄×八木洋行

○講演(26日) 
《シェイクスピアの戯曲・お気に召すまま に見る豊かさって》
又木克昌

○映画上映 
《人間の住んでいる島》沖縄のガンジーと呼ばれた阿波根昌鴻氏のドキュメンタリー(25日)
《サダコの鶴》昨年のピース&アートフェスティバルのゲスト増山麗奈監督作品(26日)

○平和ライブ ブルースハープ・陬波靖行 ギター・萩原基弘

○クラシックコンサート ヴァイオリン・河村典子、コントラバス・土田卓、ピアノ・細川恵美子


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ