2019/12/13

ヨーロッパツアー道中記C 〜チューリッヒ・ジュネーヴ〜  
2019年11月20日 チューリッヒ公演

ウィーン公演の翌朝、チューリッヒに移動。
いよいよスイスツアーが始まりました。
移動・本番・移動・本番・・・・、三日間連続で
チューリッヒ、ジュネーヴ、シュヴィーツ公演、
一日置いてクールへ。

よくまあ、こんなにきついスケジュールを組んだものだ、と
そして、チームの皆さんに拒まれることなく
そのスケジュールをこなすことができた、と
ふり返れば感謝しかありません。


それぞれに、個性的な会場の第2弾は
チューリッヒの聖ヤコブ教会でした。

クリックすると元のサイズで表示します
本番会場 聖ヤコブ教会。
日常的に、いつもその前を通っているお馴染みの場所です。


自分の地元であるがゆえ、勝手もわかっている反面
ついつい色々な用事を本番前日・当日まで抱え込み
本番前の内心の余裕のないことであったのは反省点でした。

本番は、思い描いていた以上にたくさんのお客様が
来てくださいました。本当に嬉しいことでした。
そして舞台は集中力が途切れることなく、皆勢いがあったと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
公演第2回目、終了。ほっと一息。

クリックすると元のサイズで表示します
公演後TZテーブルウェアさんが協賛して下さったアペロを
皆さんと楽しむ間もそこそこに、

舞台監督の長屋晃一さんと梅若幸子さん、
私の3人はコントラバスを積んで
夜中のアウトバーンをジュネーヴに向かったのでした。


2019年11月21日 ジュネーヴ公演

クリックすると元のサイズで表示します
ジュネーヴ旧市街にある、カルヴァンの高校に属する
フランク・マルタン・ホールがジュネーヴの会場です。

クリックすると元のサイズで表示します
3回目にして、ようやく舞台のある会場となりました。
ここは、もう20年ほど前に、乙女文楽「鷺娘」を上演した懐かしい会場でした。


スイスは国土が四国くらいの小さな国ですが
3つの言語(ドイツ語、フランス語、イタリア語)の地域にまたがり
同じ国内でも、他所の国か、というほど
チューリッヒとジュネーヴでは気質が違います。

フランス語、ということもあったのですが、ドイツ語圏の気質と違い
ジュネーヴでは、字幕なしの公演となりました。
字幕の難しさは、最初から予想できたことではありました。

普通の演劇であるならば、字幕は当然言葉に呼応するべきものですが、
音楽狂言の場合は、演者と音楽が厳密であるようでいて、
緩やかに絡みあう余地があるように構成されているので
多少のずれは(多少、以上の場合もあったりしたのですが)
織り込み済みでありました。

クリックすると元のサイズで表示します
当日のプログラムです。
オリジナルの日本語の台本から、ドイツ語、フランス語、英語へ。
その時間とエネルギー・・、
どれだけの協力者の手に依ったものであったことでしょう・・・。


分析とか理解、とかが重んじられるドイツ語圏気質と
直感的、直截的なフランス語圏気質の違い、ということなのでしょう、

主催を担って下さったスイス日本協会ロマンド支部の皆さんの
要望で、字幕は要らない、ということになりました。

開演前、フランス語訳の台本を観客に読んでもらう時間をとり
あらすじを理解してもらったうえで、あとは直感的に想像力を巡らせて
舞台を楽しんでもらう・・・。

色々な経験を積ませていただきました!
お客さまの、積極的な楽しみ方、というものがどういうものか
考えさせられました。
皆様、本当に、大変に、喜んで、楽しんで下さっていました。

はたして、同じやり方でそのまま、ドイツ語圏で同じ反応に通じたかどうか、
はわかりません・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
なんと、日本語の台本から直接!フランス語への翻訳を
担ってくださったネーゼル氏と《寿来爺》善竹十郎氏。
ネーゼルさんには、2005年愛地球博でスイス・パヴィリオン館長さんで
いらしたときにお近づきになり、その節、大変お世話になりました。


さて、ツアーも折り返しの3回の公演が終わりました。
3日連続の移動と本番。
そろそろ疲れもピークに達する頃です・・。

公演ごとに出来が良くなるのは当然、ということでは当然なくて
一回一回、本番は生ものです、各人の集中力と気力と覚悟と余裕と・・・
が混ざり合って一期一会の本番となるわけです。

今回の2週間で6回もの本番を質を保ってやりとげられたのは、
本当に仲間たちのプロ根性のおかげです。
舞台上+舞台裏、のよきチームワークの賜物でした。

旅は続きます。
1

2019/12/7

ヨーロッパツアー道中記B 〜ウィーン公演〜  
2019年11月18日 オーヴァルハレ ミュージアムクウォーターにて
クリックすると元のサイズで表示します

ひょんなことから、ごく最近に日本でもその名が取り上げられることになった
ミュージアムクウォーター

クリックすると元のサイズで表示します
(在ウィーン日本大使館が許可していた後援名義を取り下げて話題になった
日本関連の展示の行われていた場所です。)

その一角にある、元厩(うまや)というオーヴァルハレが会場でした。
一昨年くらいから、会場を探していた時になかなか見つからず、
色々と迷っていたのですが、ふとしたことからその会場の形の面白さと
ロケーション(歴史博物館の真向かい)の良さでここに決めました。

クリックすると元のサイズで表示します
大きな4つの柱があって、視覚的にはなかなか制限があるともいえますが
それを逆手にとって、5月に演出担当であり脚本家の長屋さんと下見に来た時に
どのように舞台を設定するか決めました。

そして、日墺交流150周年記念事業認定、ということで
芸術の花開く都ここウィーンでの公演を是非行いたいと思ったものの
これまで縁の薄いこの町でとうやってそれを実現させたものか・・・。

幸いにも生け花インターナショナルin ウィーンという、
オーストリア人が中心となっている日本文化にも関心の高い
グループの方たちと繋がることが出来、
数回のウィーン行きで親交を深め、イメージを共有して、
彼らのフォワイエでの生け花の展示と舞台セッティング、
そして告知やメディアへの狂言の記事投稿、集客への協力を得ることができて
この公演を形にすることが出来たのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
リハーサル風景。生け花インターナショナルの会長ドゥングルさんの
作品が映えています。

下見や打ち合わせのために通ったウィーンですが、
行く度に市民の日常生活にあたりまえにある、
文化や芸術への理解・関心の深さに触れて感嘆したものでした。

折しも、華やかなクリスマスマーケットが始まったこの季節は
もちろん《寿来爺》の時期です!

クリックすると元のサイズで表示します
一番有名で華やかな、ウィーン市庁舎前のクリスマスマーケット。

クリックすると元のサイズで表示します
ホットワインで前夜祭?

到着の翌日には練習と本番、その翌日にはチューリッヒへ移動という、
あっというまの滞在でしたが仲間の皆さんも、
わずかな合間を縫って、芸術鑑賞に観光に
駆け足でもウィーンの街を楽しんでもらえて本当に嬉しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
公演後、生け花インターナショナルの皆さんと記念撮影。
ほんとうに彼らの絶大な協力でなしえたウィーン公演でした。

クリックすると元のサイズで表示します
出番前に。リラックス、リラックス!

旅は続きます。
2

2019/12/6

ヨーロッパツアー道中記A 〜難問〜  
今回のツアーの準備で、最大の難関は(お金のことはさておき)
コントラバス、でした。

クリックすると元のサイズで表示します
こう見ると、あまり大きくは見えないですが・・・。
コントラバスを囲む旅の一座。ヒースロー空港にて。

この楽器のかさばり具合は、もちろん先刻承知の私たちですが
今回ばかりは参りました。
というのも、空路で移動の時は、海外へは自前のハードケースに入れて、
重量オーバー分の追加料金を払って預けるのですが
今年度から多くの航空会社で大型楽器のサイズの上限が決まってしまったというのです。
3辺の和が215CMが上限では、コントラバスのハードケースはどうやっても
はみだしてしまい、お金を払えば済む問題ではないので、とにかく積んでもらうことが出来ないのです。
(ちなみに座席をとるのだったら4席分、といわれました!)

大型楽器のサイズの上限のないヨーロッパの航空会社は、KLM、フィンランド航空、ロシア航空、スカンジナヴィア航空に限られてしまいました。

このことが判明したのが、出発の一か月前の10月末でした。
結局は日本―チューリッヒ、チューリッヒーウィーン往復、チューリッヒーロンドン、ロンドン―日本、の行程をすべてアムステルダム経由のKLMに変更しなくてはなりませんでした。
楽器の運搬のことがあるので直行便でなくては、と取ってあったフライトは
すべてキャンセル。
発着に合わせて予約していたレンタカーも変更。
ロンドンからオクスフォードへの往復のミニバスも、
人間たちも、
すべてアムステルダム経由のコントラバスの発着時間に合わせて移動や変更を余儀なくされました。

ヨーロッパ内だと、同じKLMでも機体が小さい場合もあり
選べるフライトが制限されてしまったり。
可哀そうに、どの移動も夫は皆と別行動で一人早く出発、遅れて到着、という羽目に。

ハードケースは空港に預けるか、ホテルに持ち込むか、で
楽器の出し入れだけでもなかなか手間がかかることですが、
お金を払えば済む話、というわけに行かなくなってしまったのは、
本当に難儀なことでした。

そのコントラバスも、今はりっぱに役目を果たして日本に帰り着いています。
「もう二度とこういうツアーはしない!(キッパリ!!)」、
という夫の宣言もわかりはするのですけどねえ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
威風堂々?ホテルの部屋の一角を占拠する寡黙な巨人?

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに、今回スイス国内の移動はこんな車2台に分乗して。
1週間の間には、この大きさにも慣れました、けど
ほんと、よくやりましたよねえ。えらい!!
3

2019/12/5

音楽狂言《寿来爺》ヨーロッパツアー2019 道中記@ 〜序奏〜  
はや、師走です。
今年2019年も残すところ、あとひと月もないなんて、信じられません!

ちょうどひと月前に、新宿のスタジオで《寿来爺》の練習をし
ウィーンでの再会を皆さんと約束してチューリッヒに帰ってきたのでした。
後はもう無我夢中でヨーロッパツアーの最後の準備に邁進しました。

クリックすると元のサイズで表示します
11月5日、最後の練習にて。準備万端?

そして、11月16日、日本から到着する皆さんに先駆けてウィーンに出かけてから後は
飛ぶように日が過ぎて行きました。
仕掛け人として、とにかくツアーが事故なく無事に皆さんが日本に帰りつくことだけを願って、決して私の得意分野とはいえない、「段取り」を心がけて
動いたつもりでは、あるのですが・・。

クリックすると元のサイズで表示します
早朝6時、ウィーン・スベヒャト国際空港へ羽田からの直行便!

クリックすると元のサイズで表示します
ようこそ、お疲れ様&どうぞよろしく〜!


先週の土曜日、11月30日にすべての日程を終え、ウィーンからチューリッヒに
疲労困憊で帰り着きました。
数日はひたすら爆睡、体力回復に努めましたけど、
興奮と余韻の残るうちに、2019年における私の一大プロジェクト、
この2週間の出来事について記しておかねばなりません。

本当は、SMSやブログをいとも容易く操れる若い世代の人たちのように、
同時進行型で投稿できれば良いのでしょうけど
まあ私流に、一旦呼吸を整えて、すべてを消化してから
おもむろに机にむかってしたためることにいたしましょう。

写真は、わずかな自由な時間に過ごした素敵な場所のハイライト。


クリックすると元のサイズで表示します
スイスの山間の小都市クールの町かど。
皆でチーズフォンデュを堪能しました。

クリックすると元のサイズで表示します
5月の下見の時にも行ったのですが、是非もう一度行きたかったところ。
オクスフォード大学内クライストチャーチのハリーポッターの世界。
すべてが本物。中世の町に迷い込んだのは私たちの方なのです。

クリックすると元のサイズで表示します
あらあ?どこかで見たことのある方・・?

クリックすると元のサイズで表示します
ロンドンで少し観光の時間がありました。ロンドンブリッジにて。
しかし、私たちが訪れた翌日のちょうど同じ時間にテロ騒ぎがあって
警官が発砲する事件があったそうです。
人生、いかにギリギリのところで生きている、ということでしょうか?

旅は続きます。
2

2019/10/14

秋のシーズン真っただ中  
先週末の日本は超大型台風19号に襲われ、その影響は跡を引きそうです。です。日本はかくも災害の多い国なのですよね。

その前の、千葉を襲った15号からの立ち直りがいまだ滞っているところへ
本当に大変なこと。
被災された方々、本当にお気の毒なことです。
一日も早く日常を取り戻すことが出来ますように、
お祈りいたします。

クリックすると元のサイズで表示します
10月初めのチューリッヒの町の秋の色です。
成田を発った日は30℃近く、チューリッヒに着いたら13℃、でした。

クリックすると元のサイズで表示します
9月の富士山。すっかりご無沙汰しておりました!

クリックすると元のサイズで表示します
秩父の山々。東京からこんなに近くで、この景色なんですね。

9月22日、えにしのサロン第20回《寿来爺のスイス祭り》を行いました。
クリックすると元のサイズで表示します
8月半ば過ぎに、会場と日程が本決まりになり、告知も行き届かなかったにもかかわらず、
たくさんのお客様にお越しいただきました。
本当に有難うございました。

クリックすると元のサイズで表示します

11月の《寿来爺》のヨーロッパツアーの壮行会も兼ね、
フィンランドツアーから戻ったばかりの善竹大二郎さんにも
参加していただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
狂言の紹介・入門・体験と演目《盆山》を演じてくださいました。

狂言は、ほんと、楽しいです。ヨーロッパの方々にも言葉の壁を越えて
この、人間愛にあふれる素晴らしい伝統の舞台での《すくるうじ》を
味わっていただきたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
とびきりの笑顔で。善竹十郎さんも来てくださいました!
歌人でゴールデン街「Bar十月」のママ、くぼたかずこさんと。
スイスのチーズと、ワインと大須賀麻由美さんが焼いてくださった
手作りのパンとお菓子で、大変賑やかな壮行会、とさせていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します
えにしのサロンの一週間後は、新潟魚沼での恒例のマイオータムコンサート。
すでにほとんどの田んぼでは稲刈りが済んでいました。
日本の原風景。

クリックすると元のサイズで表示します
コンサート会場の守門・目黒邸。
重要文化財の築200年以上の豪農の屋敷です。
昔語りと音楽、のプログラムにぴったりの雰囲気ある会場です。

クリックすると元のサイズで表示します
今にも雨が・・・!のお天気の中、たくさんのお客様が来てくださいました。
有難うございました。

クリックすると元のサイズで表示します
ピアノの志田梨花子さん、語りの野田公子さんと
ワルター・ギーガー作曲「稲荷神社の化け榎」を演奏。
皆さん、とても集中して聞いてくださいました。

志田梨花子プリデュースのマイオータムコンサート、
また来年もよろしくお願いいたします。
来年はまた小出郷文化会館大ホールです。



1

2019/8/25

えにしのサロン第20回音楽狂言《寿来爺》のスイスまつり  
2015年より3年に渡って公演を行って参りました音楽狂言「寿来爺」、
たくさんの方にご覧いただき、またたくさんのご支援もいただきました。
本当に有難うございます。


クリックすると元のサイズで表示します
寿来爺役、善竹十郎氏。(2015年12月梅若能楽堂公演より)

当初からこの企画を海外へ、と願っておりましたが
おかげさまで11月17日から約2週間、
ウィーン、スイス国内4カ所(チューリッヒ、ジュネーブ、シュヴィーツ、クール)、
オクスフォードを巡るヨーロッパツアーへ出かけることとなりました。

その壮行会も兼ね、9月22日に梅若能楽堂フォワイエにて、
えにしのサロン第20回を行います。

《寿来爺》の舞台でマーリン(萬里蔵)の亡霊、
過去・玄座・未来の降誕祭の精霊、語り手、という5役を演じ分けて
大活躍の善竹大二郎さんをお迎えしての狂言の紹介・体験ワークショップ、
ヴァイオリン・コントラバスによる日本の歌他の二重奏、
そして大須賀麻由美さんの手作りのパン、
スイスのチーズとワインで是非皆様にスイスの風味も
味わっていただければと思います。

日常の中の非日常の時間をどうぞご一緒に!

*******************

えにしのサロン 第20回 
音楽狂言「寿来爺」のスイス祭り

2019年9月22日(日)15時
東中野・梅若能楽堂フォワイエ 東京都中野区東中野2−6−14

◆お話        狂言入門・紹介と体験
           善竹大二郎(狂言)

◆音楽        ヘンデル、バッハ、ギーガー、日本の歌
           河村典子(ヴァイオリン)、
           白土文雄(コントラバス)

◆会費        3500円 手作りのパン、チーズ、ワイン付き       
◆お問合せ・お申込み T 090-6528-5516 F 050-3488-0771(河村)
           またはofficen_info@yahoo.co,jp まで

お申し込みは9月14日までにお願いいたします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
3

2019/8/25

室内楽ワークショップ&公開レッスン in 芦屋  
今年の2月、アレーナ・チェルニーの来日の際に行った
芦屋クラシックサロンでのワークショップ・公開レッスンとコンサートの
続編を11月に行います。

2006年から続けてきた軽井沢での室内楽ワークショップですが
今年2019年は3月のいしがき少年少女合唱団のスイスツアー、
11月の音楽狂言ヨーロッパツアー、とプロジェクトが続き
とても残念ではあったのですが、やむなく今年はお休みすることにしました。

数か月前から募集、選曲、楽譜を整理、とオルガナイズから実践まで
本当に準備が大変なことです。
二年前、今年2月、と三回目となる芦屋での実現は、
クラシックサロン主宰者の中西さんご夫妻のご尽力があってこそ、です。

軽井沢はお休みですが、関西方面の方のご参加をお待ちしています。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/8/20

7,8月の風景と秋へ向けて(2)  
クリックすると元のサイズで表示します
ミラノのスカラ座は夏休み中でした。
外観は思いのほか小さい感じでしたが、中はさすがに豪華で
特に劇場の舞台、舞台裏、天井、奈落の設備は凄いです。

クリックすると元のサイズで表示します
姉と私、ミラノから足を延ばして、北イタリアの小さな宝石のような、
世界遺産の街、ヴェローナへの珍道中は続きます。

クリックすると元のサイズで表示します
ロメオとジュリエットの、ジュリエットの館。
日曜日だったこともあって、観光客でごった返す中、
二人が愛を語ったバルコニーもちゃんとカメラに収めてきました!

クリックすると元のサイズで表示します
ヴェローナ随一の見どころは、やはり壮大な野外オペラ劇場アレーナです。
40年も昔、初めて見たオペラはドミンゴが歌う《道化師》でした。
大変感動し、今でも忘れられない名演でした!

そして、恒例の魚沼でのコンサート。
ピアニストの志田梨花子さんプロデュースのマイオータムコンサート。
今年もお世話になります。

今回は20年ほど前の原点に立ち返って、旧守門村の名跡、
重要文化財《目黒邸》でのコンサートです。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/8/17

7,8月の風景と秋へ向けて(1)  
世の中は夏休みですが、私は7月、8月とよく働きました。
そして、よく遊びもしました。

夏休みで出かけてしまった娘の店の店番。
助っ人に東京から遊びに来てくれた姉と、よく働きよく遊び・・・!

クリックすると元のサイズで表示します
チューリッヒの歴史博物館で行われた「日本のハイジ展」。
日本のアニメが世界中に認められるようになった、ごく初期の作品だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
すべて、手作りで仕上げられた作品。
本当にすごいです、すごい時代だったと思います。
職人技が腕を磨き、競った時代。音楽の世界ではどうだったのでしょう・・。

クリックすると元のサイズで表示します
つかの間の自由時間に、ドイツとの国境に近い、ライン川の滝へ。
いつ来ても、その豪快さと迫力に圧倒されます。
お天気に恵まれて、最高の時間!

クリックすると元のサイズで表示します
3週間、惜しまず手伝ってくれた姉が日本に帰国する時間が近づいてきました。
娘も灼熱の日本から帰ってきたことだし、
4日間の小旅行、珍道中でミラノへ。

クリックすると元のサイズで表示します
ミラノのドゥオモ。圧倒される迫力です。
人間のなせる技のすごさを思います。

というわけで、秋、11月末の音楽狂言の準備も実はたけなわです。
秒刻みで本番が近づいてくる感。
各地へのチラシ作りが本格作業に入りました。

クリックすると元のサイズで表示します
ウィーン公演は、日墺友好150周年記念事業参加です。
0

2019/6/28

灼熱のチューリッヒから  
クリックすると元のサイズで表示します
ブログの中身とは関係ないのですが、
5月半ば、千歳へ飛んだ時にはるか遠くに見えた富士山。
日本人ですねえ、
この姿をみるといつもただならぬ郷愁と憧れと安堵の念を抱きます・・・。

さて、この数日、チューリッヒはとんでもなく暑くて日中35度以上になります。
朝の9時頃からすでに空気がもわー、っとしてきて、酷暑の一日の予感が・・。

わたしってこんなに暑さに弱かったっけ?と思いますが、
コンクリートで固められた地表からなんともいえない熱波が立ち上ってくるのは
チューリッヒも東京ときっと変わらないです。
あついよーーー。
まだ6月ですでにこの暑さはこの先思いやられます。

というわけで(?)、一か月以上もブログの更新を怠ってしまいました。
そもそも、人生でしなければならないこと、ってなんだったっけ?
という自問をするとき、本当は何もないのよね、って思うと

色々な重圧や強迫観念はすべて自分から発しているのであって、
・・・あらねばならぬ、せねばならぬ、と思うのは私の勝手。

だけど、やはり何かを自分に課す、というのは人生の大事な部分ではあります。
その優先順位が、ブログの更新、はやっぱり少し下の方
なようですね。

そうはいっても、
備忘録、未来への展望+自分へのプレッシャーや自己確認やなにやら、
考えてみれば細々ながらもう10数年も書いているわけですから
やはり、これからも細々と更新していこうとは思います。

いつものことながら、過ぎたことにあまり頓着しない、というより
どんどん忘れていく私なのですが、
5月18日のえにしのサロン、とても印象に残る素敵な集いだったので
遅まきながら記録に残しておかねばなりません。

クリックすると元のサイズで表示します

光が丘美術館。
展示の作品と打掛と、すべての雰囲気が一体感があってとても良かったのです。

クリックすると元のサイズで表示します
大須賀麻由美さん手作りの和菓子。
美しくて愛おしくて美味しくて・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
実物の迫力はさすがでした。この技術は本当にすごいです。

クリックすると元のサイズで表示します
若槻せつ子さんのひたむきな情熱・・。
分野は違えど、エネルギッシュなパワーを感じさせてくださる人々、
私やっぱり大好きです。

クリックすると元のサイズで表示します
世代とジャンルを超えてのコラボレーション。
今回は、現代作品を中心に聞いていただいたのですが、
お客様は思いのほか直に受け止めて下さったようで、嬉しい。

6月初めに伊丹―成田経由でチューリッヒに帰着。
どちらが私の日常というべきか、なんともいえませんが
テイクアウトの店のキッチンで、
この暑さのなか肉体労働に励むこの頃です。

いや、肉体労働でありながら頭のトレーニングにもまたとない、
臨機応変に、全体を見通しながら、頭脳フル回転、の毎日です。

クリックすると元のサイズで表示します
そして、ここに未來を担う小さな希望の星が・・・。
4月に1歳の誕生日を迎えました。
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ