2013/6/22 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

立ち仕事などからくる慢性的な足の疲れを改善する方法

立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド



Q&A よくあるご質問

●本当に5分でいいのですか?


はい、この方法に必要な時間は最短でおよそ5分程度です。

お仕事で忙しい職人さんでも継続して取り組める事を想定して、プログラムを作りました。

5分でも、あなたの足の疲れが改善しますので、楽しみにしていてください。

もしお時間がある方は、このDVDで紹介している方法を全て行なってもらえれば、さらに効果は上がります。


●この内容は誰でもできる簡単な内容でしょうか?

はい、DVDを見ていただければすぐに取り組める内容です。

これまで10代から80代の方まで幅広く実践いただいた方法です。

なおこの方法は全てお一人で完結できる内容となっています。

DVDでは私が解説をしていますので、そのまま真似てくださいね。


●効果を感じるまでの時間はどれくらいですか?

個人差はありますが、私のこれまでの結果から、ほとんどの人がその場で違いを感じる事ができます。

平均的には1週間ほどで、ほとんどの方が改善を実感しています。


●どういった症状に有効ですか?

足の疲れと一口に言っても、様々な不調があります。

具体的に効果が挙げられる症状は:

足の張り、足の裏の痛み、かかとの痛み、足底腱膜炎、シンスプリント、足のむくみ、偏平足、ふくらはぎの張りなどです。


●この方法は、性別・年齢など制限がありますか?

いいえ、どなたでも有効な方法となります。

実際に私のお客様でも老若男女関係なく、効果を確認しています。

特に慢性的な足の疲れでお悩みの立ち仕事をしている職人さんにぜひ積極的に取り組んで頂きたいと思っています。

年齢も自分で立って体をある程度動かすことができる方であれば、全員安心して取り組んでいただくことができます。


●立ち仕事以外の人でも使えますか?

はい、もちろん使えます。事務職でずっと座りっぱなしで足がむくむとか、朝の通勤でずっと立ちっぱなしで足が疲れるとか、そのような方にも
有効です。

他には趣味でジョギングやウォーキングをして、足が疲れるとか、痛みが出てきた、そういった方でも有効です。


●スポーツ選手でも使えますか?

はい、プロのスポーツ選手をケアするトレーナーが認めた方法です。

毎日の練習で疲れた足のケアに抜群の効果を発揮するでしょう。

またこの方法は練習や試合前に行うこともオススメします。

足が柔らかく使いやすくなる上に、足の感覚が鋭くなるので、スポーツのパフォーマンスもアップするでしょう。


>>足の疲れ改善完全ガイド公式サイトはこちらから














0

2013/6/11 | 投稿者: 運営者

【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜

【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜



【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜


腰痛にも色々なタイプがあると思いますが、どんな症状に有効ですか?

はい、一口に腰痛と言っても、腰痛症・慢性腰痛、腰部筋筋膜症・急性腰痛(ぎっくり腰)・
坐骨神経痛・椎間板症・椎間板ヘルニア・分離症・すべり症・腰椎変形症・脊柱管狭窄症といった様々な名称が付いています。

このプログラムでは、上記全てに有効となっていますし、他に類を見ない腰の痛みに特化をした専用のトレーニング法となります。

ただし、腰痛関連で最も治癒の難易度が高い脊柱管狭窄症についてのみ、30分以上連続して歩くことが可能な方が、本プログラムで改善が可能です。

また、全体の1%以下の尿管結石・子宮内膜症といった内臓疾患や悪性腫瘍(ガン)が原因による腰の痛みは対象外となります。


腰痛に加えて、他の部分も痛むのですが・・・

私が整骨院で腰の痛みを治療してきた経験から言っても、長年腰痛を訴える人の80〜90%程度の方は、他の部位の痛みも抱えています。

理由は痛みの根本原因である骨盤の歪みや姿勢の悪化の影響が、腰だけでなく、別の部位にも及んでいるためです。

そこでこのプログラムでは、腰の痛みに悩む人が抱えている体の不具合を同時に取り除くことが出来る様に、内容を設計しています。

具体的には、以下の症状改善のための専用トレーニングも盛り込んでいます。

【適応症状一覧】
緊張性頭痛、偏頭痛、首のコリや痛み、肩こり、四十肩・五十肩、肩甲骨周辺の痛み、背中のコリや痛み、股関節痛、膝の痛み、太ももの痛み、足がつる、慢性疲労等


レントゲン・MRI検査でも異常が見当たらない私にも有効ですか?

はい、有効です。簡単に言うと腰痛の原因は大きくは2つのパターンがあります。

1つは、日常生活での姿勢の悪化や体の使い方が原因で筋肉や筋膜、靭帯など関節周辺の柔らかい組織の機能低下によるものです。

もう1つは関節や椎間板などの骨の構造的な変化によるものです。当然レントゲンやMRIでは、筋肉等の異常は映らないにもかかわらず、前者の方が腰痛患者全体の80〜90%のウェイトを占めています。

ですので、整形外科等で検査をしても、「骨には異常がありませんね」と言われ、“腰椎症”という便宜的な症状名の診断のもと、湿布が処方される事が多いのです。


長年ブロック注射をしているのですが、それでは治らないのですか?

ブロック注射だけで腰痛が完治することは、残念ながらまずあり得ません。

シンプルに申し上げれば、ブロック注射とは通常手術等に使われる麻酔を薄めて使用する局所麻酔薬になります。

どうしても我慢できない痛みの時には、極度のストレスと苦痛を避けるためにも実施する事は必要だと思いますが、それのみで完治を目指そうとしても、注射後時間が経てば、痛みが戻ってきます。

例えるなら虫歯が麻酔で完治しないのと同じ理屈ですので、ぜひ根本的な解決策を並行して進める事を、強くお勧めします。



>>【上田式】腰痛革命プログラム公式サイトはこちらから














0




AutoPage最新お知らせ