2016/12/8

アベを倒そう!(183)<安倍首相の真珠湾訪問について>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)
・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 12月5日、▲ 安倍首相は年末にハワイを訪問しオバマ大統領とともに真珠湾を訪問すると発表した。
 これは慰霊のためであり、謝罪は考えていないという。

 今年5月、オバマ大統領は安倍首相と一緒に広島を訪問し、慰霊碑に花束をささげたが、謝罪はしなかった
 しかも、一方ではオバマ政権は核兵器の近代化に巨額の予算を投じ、安倍政権内からは核武装論まで飛び出している。
 そして、10月の国連の「核兵器使用禁止条約」には両国とも反対した。
 彼らの広島訪問の意図は、核廃絶ではなかったことがよくわかる。

 今度のハワイ訪問に当たって安倍首相は次のようなことを述べた。
 「二度と戦争の惨禍を繰り返してはならないという未来に向けた決意を示したい」


 しかし、安倍首相は昨年「戦争法」とも言われる「安保法」を強行採決、この11月には「駆けつけ警護」の自衛隊を内戦状態の南スーダンに派遣した。
 また、防衛予算を増額し、沖縄県民の民意を踏みにじり、米軍の新基地建設を強引に進めている。
 さらには「平和憲法」をも改悪しようとしている。

 こうしたことを考えると、今回の真珠湾訪問の最大の意図は、次の点にあるのではないかと思われる。

 それは、安倍首相の言う「戦後レジームからの脱却」の一環であり、戦後両国間のトゲとなった「広島」と「真珠湾」にけりを付けて、<公然たる日米軍事同盟への第一歩>とすることである。
 そして、これこそが安倍首相の言う「未来に向けた決意」の中身であろう。

 だから、安倍首相の言う「二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない」というのは、あくまでも日米間の戦争のことであり、アジアへの侵略戦争のことや、これからの戦争のことを言っているわけではない。
 むしろ、現在アメリカ主導で続けられている「テロとの戦争」には、「平和」の名の下に、武力をもって積極的に参加していくことになるだろう。

 すでに新しく米大統領になるトランプは、「テロとの戦争」で同盟国に米軍の肩代わりをさせることを公言している。
 安倍政権はこれと歩調を合わせることになるだろう。

 ところで、世界情勢を見ると、世界的な規模での市場争いが激しくなっており、それは結局政治・軍事的な争いの激化になっていく。

 そうした中で、安倍政権はTPPにこだわっている。
 それは、現在ではアジア・南米・オセアニアを含む「環太平洋」地域が「環大西洋」地域に代わって大きなマーケットになっているからである。
 そこでの争い(中国・ロシア・日・米などの)において、安倍政権はあくまでもアメリカと同盟関係を結ぶことが有利だと判断しているのである。

 かつて、大英帝国が落ち目になってきたときに日本は日英(軍事)同盟(1902〜1923年)を結んだ。
 あれから100年余り後、今度は、アメリカが落ち目になて来たときに安倍政権は日米(軍事)同盟を段階を画して強めようとしている。

 日英同盟を結んだ2年後、日本は日露戦争起こし(1904〜1905年)、その後第一次大戦(1914〜1918年)にも参戦することになった。

 こうした<公然たる日米軍事同盟>(それは排外的であり、侵略的である)に対し、かつて日露戦争や第一次大戦に反対した先人たちのように、私たちも反対の声を上げていく必要があるだろう。

 ==================
  【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
 ==================
  東京五輪に 【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし)
 ==================
  対米従属で「世界征服」を夢想するデマゴギー政治家安倍首相を倒そう!
 ======================


*********************************************************
「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
  http://houinet.blogspot.jp/
「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
 http://homepage3.nifty.com/hinokimi/
「ひのきみ全国ネット」のウェブサイト
 http://hinokimi.web.fc2.com/


トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ