2019/8/9

第9回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会資料から(19)全国D  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 「日の君」全国交流会へのメッセージ
『日の丸・君が代』の強制に反対する阪神連絡会

 今期、「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会」に参加がかなわないかもしれませんので、「日の丸・君が代」の強制に反対する阪神連絡会、よりメセージを送ります。

 私たちの団体はいつも卒業式・入学式前に阪神の地教委(西宮・伊丹・尼崎・宝塚)に申し入れをし、1時間の話し合いをしてきました。「日の丸・君が代」を学校教育に押し付けないこととして、まず話します。
 教育委員会は、いつも指導要領にのっとって、と言います。これは指導要領にも「日の丸」「君が代」を尊重するようにとありましたが、それが「国旗・国歌法」ができてから一層はっきりとしてきました。そして教育基本法が変えられてからは、さらに強く国旗・国歌を強制するようになりました。そして、学校現場に「日の丸」や「君が代」が持ち込まれました。


 永い間の反対運動も時間がたつにつれ教職員組合も強く「君が代」や「日の丸」に反対しないという方針を出す中で、そして、いつの間に学校現場に「君が代」や「日の丸」が持ち込まれるようになっています。
 私たちは「国旗・国歌法」ができた1999年ごろから教育委員会に申し入れをし、話し合いを続けてきたので、それの歴史、流れは明らかです。

 今年は特に天皇の代替わりということもあり「日の丸」や「君が代」の天皇制とのかかわりについても教育委員会と話し合いました。天皇制はすべての差別の元凶であるという位置づけをして話し合いをしました。
 そのことについてはこちら側の一方的な訴えに終わっていますが、この期に天皇制の問題を「日の丸・君が代」の問題とつなげて話し合いを意識的にしたのは今年の大きな特徴でした。
 申し入れの中で、道徳教育教科化のこと、さらに障害者差別解消基本法や部落差別解消基本法に進捗状況について話しました。
 申し入れ内容を添付します。


     様

◎ 申し入れ書
学校教育に「日の丸・君が代」を強制しないこと

 日頃より、児童・生徒のより良い成長のために教育施策を策定し、具現化するために努力されていることに感謝いたします。
 さて昨今の教育を取り巻く状況は複雑になっており、また教育の中味もその影響を受け質量ともに変化をしています。
 道徳の教科化、あるいは格差・貧困による教育格差、学ぶ環境が保持できない子どもの存在など子どもたちを取り巻く環境は厳しい状況にあります。
 また差別解消法など形は出来たかもしれませんが、それを実現化するということでは、「合理的配慮」や「インクルーシブル教育」等まだ緒に就いたばかりという状態です。

 より良い教育を阻んでいる教育施策は数々あると考えられますが、その一つに、学校教育に「日の丸」や「君が代」が教育現場の声も聴かずに強制されました。そのことによって、かつての侵略戦争を忘却させ差別の元凶である天皇制を温存、維持してきたと思われます。
 今年は天皇代替わりの年になり、「元号」や「10連休」の問題も、また、来年のオリンピック・パラリンピックにも問題が多く教育問題も生じています。
 改めて「日の丸」の「君が代」が強制され、今では「当たり前」のようになっていることを思い起こし、「日の丸」や「君が代」が学校教育に持ち込まれる問題性を考えてみたいと思います。そして、この問題から派生している数々の教育問題について話し合いをし、教育の在り方をともに考える機会になりますよう要請いたします。
1、学校教育に「日の丸・君が代」を押し付けないこと
2、教職員に対しても、児童、生徒、保護者に対しても「日の丸」に向かい、「君が代」斉唱・ピアノ伴奏などを強制しないこと
3、「日の丸・君が代」に対する教職員の不起立などに対して、いかなる処分も行わないこと
4、近日中に私たちと話し合う場面を設定していただくこと
2019年  月   日
「日の丸・君が代」の強制に反対する阪神連絡会
共同代表 石川豊子 梶原義行 寺下眞治

 その他、特に大阪の「君が代・日の丸」の強制に反対して処分撤回の取り組みで果敢に闘っている「ザザの会」の取り組みに賛同し集会に参加し、人事委員会や裁判闘争にもできるだけ参加し、「日の丸・君が代」の強制に反対する態度をあらわしています。

 私たちは教育にかかわるものとして「教え子を戦場に送らない」と自衛隊への申し入れ活動を続けています。8月で173回目となります。
 これは伊丹自衛隊第三師団からイラク・サマワへ2005年に派兵される前の年から始めたものです。
 そのことをもって「安保関連法違憲訴訟」にもかかわり、この立場から意見陳述をしています。9月9日が結審で年度内の判決の運びとなります。
 以上雑駁ですが、メセージといたします。

’19年6月14日(金)
「『日の丸・君が代』の強制に反対する阪神連絡会」


トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ