2005/6/19

今年度被処分者に対する再発防止研修について  X日の丸・君が代関連ニュース
「服務事故再発防止研修」が今年も強行されようとしている。
該当者は51名(被処分者は63名だが、ご退職の方、卒入連続の方も含まれる)
「被処分者の会」の通信を転載します。

憲法・教育基本法改悪反対・「つくる会」教科書採択阻止・「日の丸・君が代」強制反対を闘う全国の仲間の皆さん!
報道関係者の皆さん! 情報提供です。

被処分者の会事務局長近藤です。広く転送をお願いします。

 都教委は6月8日付で今年度被処分者63名(卒業式53名、入学式10名)に対する「服務事故再発防止研修」を発令しました。日時は7月21日(木)午前10時〜12時と午後14時〜16時の2回に分けて実施されています。場所は総合技術センター(水道橋)です。

以下は「研修センター所長、近藤精一」名の各学校長宛の通知文の抜粋です。(「注」は近藤)

   服務事故再発防止研修の実施について(通知)
                 記 
1.研修受講者所属・職・氏名 教諭 ○○
2.研修受講同席者所属・職・氏名 校長 ○○
3.研修内容 (1)基本研修(2)専門研修<注:減給処分以上が対象者>(3)報告書作成
4.日時・会場
 (1)研修1日目 平成17年7月21日(木)
  午前10時〜12時(9時30分受付開始)又は午後14時〜16時(13時30分受付開始)
    会場 東京都総合技術教育センター(水道橋) 6階 601・602研修室
 (2)研修2日目<注:減給処分以上が対象者>
    後日指定する日時・会場<注:昨年は研修1回目に渡された。>
5.その他
 (1)〜(4)は略します。
 (5)学校長は、研修終了後から平成17年10月21日(金)までの
    研修受講対象者の3ヶ月間の勤務状況報告書・・・を作成の上、
    平成17年10月31日(月)までに教職員研修センター下記担当あてに送付して下さい。
(担当課) 東京都教職員研修センター 研修企画課 統括指導主事 種村明頼
                           指導主事 丸山智子
         電話 03−5434−1963(抗議の電話をかけて下さい。)


この不当な研修に対して被処分者の会は以下の抗議・被処分者激励行動を予定しています。

被処分者の会7月21日当日の行動(案)
 <午前の部> 再発防止研修抗議総決起集会 9時 全水道会館4F大会議室
    9時30分 弁護団を先頭に隊列を組み行進→会場前へ(申し入れ、抗議・激励、入場)
    12時15分 記者会見・報告集会 全水道会館8F大会議室
 <午後の部> 再発防止研修抗議総決起集会 13時 全水道会館大会議室
    13時30分 弁護団を先頭に隊列を組み行進→会場前(申し入れ、抗議・激励、入場)
    16時15分 記者会見・報告集会 全水道会館8F大会議室
(注) 当日は都高教も全水道会館中会議室を借りています。集会の調整が必要です。

 この研修の本質は、「日の丸・君が代」強制に対する抵抗を「飲酒運転」「公費着服」「セクハラ」「わいせつ行為」等のいわゆる「服務事故」と同一視し「反省=思想転向」を強要するものです。(「報告書」は「反省文」を書けということです。)当日は昨年の「再発防止研修」処分取消裁判第5回口頭弁論(15時東京地裁)と重なっており被告都教委がこれを知らないはずがありません。この裁判の原告に命令研修の対象者が少なからず含まれていることを承知の上で日程をぶつけてきたと思われます。<裁判つぶしの狙い>(午前に設定すれば皆裁判傍聴に行ける。) これは国民の裁判権に対する侵害ではないでしょうか。また、当日は都高教大会(22日)の前日でもあります。都高教が組織を挙げた反撃に起ち上がる余裕を与えないという意図も窺える日程です。<都高教の闘争つぶしの狙い>

 昨年7月23日の東京地裁決定(同一内容の研修を繰り返せば違憲・違法の可能性がある)、今年4月26日の福岡地裁判判決(減給処分は裁量権の濫用等)を踏まえた5月23日の被処分者の会弁護団の「申入書」を無視する暴挙であるばかりか処分取消を求める「人事委員会審理」で係争中の事柄で被処分者に命令研修を課し「反省」を迫るもので断じて容認できません。

 被処分者の会は今後具体的な反撃の呼び掛けを行ないます。当然、昨年同様「執行停止」の申し立てを視野に入れています。また、当日の支援・抗議行動に大勢の参加を呼び掛けます。(終了前の集会、終了後の記者会見・報告集会会場として全水道会館を「被処分者の会」として確保しています。) 「被処分者の会」及び弁護団を先頭に支援・抗議行動を展開します。水道橋の研修会場を抗議の声で埋め尽くしましょう。
 また東京地裁での「再発防止研修」取消裁判も同時進行で行う準備もしています。

当日(7月21日)、水道橋に結集し被処分者支援・抗議行動に参加して下さい。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ