2005/7/5

日記6/20〜7/4  [藤田の部屋
--------------------------------------------------------------------------------
2005年6月20日(月曜日)     「辺見傭」
--------------------------------------------------------------------------------

反国家 語る男の 内面に 酷薄なりし 国家の在りき


--------------------------------------------------------------------------------
2005年6月21日(火曜日)     海
--------------------------------------------------------------------------------

海見える 町に住みたく 思いしに 遂に年取り 願い叶わず


--------------------------------------------------------------------------------
2005年6月22日(水曜日)     硫黄島
--------------------------------------------------------------------------------

バロン西 投降せよとの 呼び掛けに 西突撃し 露と消えゆく


--------------------------------------------------------------------------------
2005年6月23日(木曜日)     海峡
--------------------------------------------------------------------------------

暮れゆきて なお霧深き 海峡の 小船の上に 君は座すなり


--------------------------------------------------------------------------------
2005年6月24日(金曜日)     何処へ
--------------------------------------------------------------------------------

一足で 十センチしか 進まざり 老ホームレスよ 何処へ行かむ


--------------------------------------------------------------------------------
2005年6月25日(土曜日)     哀愁
--------------------------------------------------------------------------------

哀愁は 何処にでもあり 極めつき 寂れた土地の 哀愁団子


--------------------------------------------------------------------------------
2005年6月26日(日曜日)     金星
--------------------------------------------------------------------------------

弧の月の 上に金星 乗っかりて 夜明けの空に 遊ぶがごとし


--------------------------------------------------------------------------------
2005年6月27日(月曜日)     火曜日
--------------------------------------------------------------------------------

火曜日に 生まれあの世に 逝きし子の 名のみ残りし ただ火曜日と


--------------------------------------------------------------------------------
2005年6月28日(火曜日)     桜草
--------------------------------------------------------------------------------

野に迷う 兎もあれば 人もあり 処得たるは 桜草のみ


--------------------------------------------------------------------------------
2005年6月29日(水曜日)     幻日
--------------------------------------------------------------------------------

幻日の 淡い光りが 野を覆う 蝶よ来たれと ささやくように


--------------------------------------------------------------------------------
2005年6月30日(木曜日)     赤
--------------------------------------------------------------------------------

絵の具なき 貧しき天才 赤好み 白衣の群像 一人の赤よ


--------------------------------------------------------------------------------
2005年7月1日(金曜日)     山口二矢
--------------------------------------------------------------------------------

完璧な 名前を持ちし 青年が 何ゆえ人を 殺めたりしか


--------------------------------------------------------------------------------
2005年7月2日(土曜日)     南風原
--------------------------------------------------------------------------------

はえばるの 機織りの音 途絶えたり あの戦いの 無残の極み


--------------------------------------------------------------------------------
2005年7月3日(日曜日)     「長谷川四郎」
--------------------------------------------------------------------------------

−とうとうたらりの歌よりー
「人間は とうとうたらり とうたらり 頭割られて 川ぶち流る」


--------------------------------------------------------------------------------
2005年7月4日(月曜日)     「子守唄」
--------------------------------------------------------------------------------

子守唄 青菜切るよに ざくざくと 親が通れば 血の涙降る

2005/7/5

東京都学校ユニオン  \増田の部屋
<都議選、残念な結果>
                                  東京都学校ユニオン   増田都子
 7月3日、都議選の結果が出た。残念ながら、極右偏向都議3名も再選された。都学校ユニオンは中でも最悪の土屋たかゆきに対し、地元板橋を中心とする市民の方達との協力によって、春まだ浅き2月から、落選運動=TKP(土屋蹴っ飛ばせプロジェクト)に取り組んだ。土屋の正体を板橋区民に知らせるべくビラをポスティングし、告示前に総計十万枚を配布した。実を結ぶまでには至らなかったが。
 ただ、二重に残念だったのはTKPに参加した東京都の教員は、市民の方々より、圧倒的に少なかった、という事実だ。土屋こそ、都教委と表裏一体で10.23通達は言うに及ばず、足立十六中「平和教育」弾圧事件、国立二小弾圧事件、七生養護学校性教育弾圧事件、板橋高校事件と、東京都のファッショ教育行政を先導してきた男だという事実を、全ての教職員組合は当然、認識していたはず。「都教委と闘う」と大見得を切りながら、都教委の反動教育行政と一体の、この極右都議を落選させるための行動を提起しなかった(できなかった?)のは、なぜなのか?「口先だけの先生たち(組合)」は困る。
 都学校ユニオンは、今後もこの極右偏向・人権侵害都議を追及していく。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ