2005/8/31

処分発令を伝える新聞報道  \増田の部屋
『読売新聞』は、全国版だったが、以下は、東京版での報道。

扶桑社教科書や都議名挙げ資料
授業で配布、教員戒告
 都教育委員会は30日、区部の公立中学校の女性教員(55)が6月末から7月にかけて、公民の授業で、扶桑社の歴史教科書や都議の実名を挙げて「歴史偽造主義者」とする資料を配ったとして、戒告にしたと発表した。
 都教委とこの女性教員によると、女性教員は韓国の盧武鉱大統領に手紙を書くという形式で、生徒に日本の戦争と植民地支配に関する意見を書かせた。その際、教員自身も「手紙」を書き、都議の議会での「(我が国の)侵略戦争云々というのは、まったく当たらない」などの発言を引用し、批判した。
(『朝日新聞』2005/8/31朝刊 東京版)


扶桑社や都議 女性教諭が誹謗
都が戒告処分
 都教育庁は三十日、授業中に「新しい歴史教科書をつくる会」主導の教科書を発行する扶桑社や現職都議を誹謗(ひぼう)したとして、区部の中学校の女性教諭(55)を戒告処分とした。
 教育庁によると、教諭は六月末から七月上旬にかけ、三年生の三クラスの公民の授業で、扶桑社や都議の名前を挙げて「歴史偽造主義者たち」などと記載した資料を配布した。
(『東京新聞』2005/8/31朝刊 東京版)


授業の教材で都議誹謗中傷
中学教師を懲戒
 授業で使った副教材に都議の実名をあげて誹謗したなどとして、都教育委員会は三十日、千代田区立中学校の女性教師(55)を戒告の懲戒処分とした。
 都教委によると、女性教師は今年六月末から七月上旬までの間、三年生の社会科公民の授業を行った際、都議一人や扶桑社の名前をあげて「歴史偽造主義者」などと中傷する副教材を作成して使用した。
 副教材は盧武鉱韓国大統領あての手紙形式で、「侵略の正当化教科書として歴史偽造で有名な扶桑社の教科書」などと記載されている。
 さらに「民族差別、女性差別、人権蹂躙の極致とも言うべき日本軍性奴隷(いわゆる従軍慰安婦)についても、私は、できる限り事実を提示する努力をし、生徒たちに考える時間を与えてきたつもりでおります」などとしている。
 都教委では、「指導に問題がある」として、この女性教師に研修を命ずる方針
(『産経新聞』2005/8/31朝刊 東京版)


「朝日」は、本人に取材した形跡あり。
「東京」は、都教委発表そのまま。
「産経」は、他紙で触れていない「従軍慰安婦」などプリントの中味にも踏み込み、戒告処分に加えて「研修命令」にも触れている。都教委と内通している形跡。「研修」とは、いかなる法的根拠によるものか。

2005/8/31

お笑い!? 都教委「処分」  \増田の部屋
こんばんは。犯罪都教委&3悪都議と、断固、闘う増田です!
 本日、午後4:23、朝日新聞の記者から電話がありました。「戒告処分になったようですね」
 「えっ?・・・・いつですか?」
 「あれ、知らなかったんですか?」
 「ええ、知りません」
 「プレス発表がありました」
 「???・・・ それ、いつですか?」
ってな会話で・・・
 今朝、9:15,校長は都教委へ一人で出かけました。そして9:30頃でしたか、九段中で社会科教科部会を開いていたところに副校長が「校長先生から電話です」と呼びに来ました。
 出ると「本当に『来ないか』確認して欲しいと人事部の人が言うんです」と校長さん。「もちろん『拒否します』と伝えてください」と私。校長さん「はい」で電話を切り、校長さんは10:30頃、帰校しましたが、「5分で終わりましたよ」で終わり・・・校長さんも何も聞いてなかったんですね!?
 一体、いつ「処分委員会」を開いたんでしょうか? 全く、お笑い「処分」!? ですよね。徹頭徹尾、政治屋の、政治屋に追従する、政治屋のための、「処分」!? でも、どうあがいても「戒告」程度しか出せなかったんです。できれば「指導要領違反」に仕立てたかったのに、それが、どうしても、できず、でも、とにかく、何が何でも古賀&教育委員に義理を立てた!? 「古賀センセー、教育委員サマー、『日本は侵略なんかしたことがない』と歴史偽造をした都議がいるとか、扶桑社教科書を『歴史偽造教科書』なんて、事実を書いて生徒に教えた増田を処分してやりましたからね、誉めてくださいね」!?

 以下、読売新聞に出たらしい(転送してもらいました!?)記事と、その都教委&政治屋にとってはガマンならない「誹謗中傷」部分、つまり「事実に基づく、当然なさるべき批判」部分! を載せます。ついでに、小泉首相の8・15談話の一部も・・・日本国家代表が国の内外に発表した「侵略と植民地支配の事実」を真っ向否定する政治屋の議会発言を批判すると「公人に対する誹謗中傷」なんですって。
 お笑い!? 都教委「処分」・・・しばらくは笑いの種に、どうぞ!?


(2005年8月30日19時11分 読売新聞)
歴史教科書問題、授業資料で批判の教員を都が戒告処分
 東京都教育委員会は30日、区立中学校の女性教員(55)が自ら作成して生徒に配った社会科の資料の中で、都議会議員らを「歴史偽造主義者」と批判したり、「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書を出版した扶桑社を「歴史偽造で有名」などと中傷したりしたとして、この教員を戒告処分とした。
 都教委によると、教員は1学期末に3年生計3クラスの社会科・公民の授業で、「表現の自由」をテーマとする生徒の作文をまとめた資料を配布。それに韓国の盧武鉉大統領あてに自ら書いた手紙のコピーを添付し、その中で、都議や都議会が「日本の侵略戦争を認めていない」などと書いていた。
 今夏、保護者から学校への通報で発覚。都教委は「中学生の教材としては、公人を誹謗中傷するものは不適切」として処分に踏み切った。


以下が、私の「戒告処分」対象部分です!?
<ノムヒョン大統領宛手紙>
「04年10月26日の我が東京都議会文教委員会において、古賀俊昭という都議会議員(自民党)は言っています。「(我が国の)侵略戦争云々というのは、私は、全く当たらないと思います。じゃ、日本は一体どこを、いつ侵略したのかという、どこを、いつ、どの国を侵略したかということを具体的に一度聞いてみたいというふうに思います。(カッコ内は増田)」(文教委員会議事録)などと、国際的には恥を晒すことでしかない歴史認識を得々として嬉々として披露しているのが我が日本国の首都の議会なのです。横山洋吉教育長以下、東京都教育委員会は、これに対し何の反論もしませんでした。というより、大いに共鳴しているのでしょう。侵略の正当化教科書として歴史偽造で有名な扶桑社の歴史教科書を「生徒たちに我が国に対する愛国心を持たせる一番良い教科書」などと公言して恥じない人たちですから。古賀都議その他の歴史偽造主義者達が「日本は一体どこを、いつ侵略したのかという、どこを、いつ、どの国を侵略したかということを具体的に一度聞いてみたい」なら、「一度」韓国独立記念館や南京大虐殺記念館に行ってみたらいいのです。「具体」例が、「聞いて」みるまでもなく眼前に展開しています。「歴史を反省しない国」と他国の人から言われることは屈辱ではありますが、残念ながら「そんなことはありません」と言い切れぬ現実があり・・・」

「小泉首相談話2005年08月15日
 我が国は、かつて植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。こうした歴史の事実を謙虚に受け止め、改めて痛切な反省と心からのお詫(わ)びの気持ちを表明する・・・」


皆様、是非、都教委の、この愚劣極まりない処分に抗議をお願いします!

人事部職員課長・藤森教悦 S9000013@section.metro.tokyo.jp
   直通電話   服務係:03-5320-6792

FAXは東京都教育庁総務部教育情報課   03-5388-1726


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ