2005/11/23

<韓国MBCテレビ、増田特集2>  \増田の部屋
こんにちは。犯罪都教委&3悪都議と、断乎、闘う増田です!
 22日(火)、韓国MBC(文化放送)テレビのプロデューサーの方から嬉しい電話がありました。18日(金)深夜(19日(土)の午前0時を過ぎてたようですけど)に韓国で放映された増田インタビュー番組は、深夜にもかかわらず視聴率も良く、とっても好評! だったそうです。それで、韓国の方から「増田先生には、がんばってほしい」という声が、たくさんテレビ局に届いた、ということです。
 私の「メール・アドレスを教えてほしい」という韓国の方もけっこういらっしゃって「教えていいですか」と言われました。もちろん「けっこうです」と答えました。さてハングルは、全く勉強したことのない私ですけど、「ハングル自動翻訳」サイトでなんとかなるでしょうか?

2005/11/23

ここにもブラックジョーク  
 噂の欠陥マンションが、業界団体から優秀事業として表彰されていたという。ブラックジョークとしか言いようがない。
 また、土壌汚染を隠蔽してマンションを販売し書類送検された不動産会社が、「誠実な企業」大賞を受賞していただと。こんなひどいブラックジョークがあるだろうか。
 この不動産会社と同系列の自動車メーカーは、人命事故が重なってもなお欠陥車隠しをやっていた。
 この記事と同日のニュースに、損保各社(20社以上!)が、保険金不当不払いで業務改善命令を受ける、とある。
 先に業務停止命令を受けた生保会社も、上記と同系列だ。
 財界人は教育問題にも口を出すようだが、恥ずかしくないのか。

 日本の「自由経済」は、アダムスミスの言う「俗流・曲解」自由経済(ローブロー・闇討ち・騙し討ち何でもあり)そのものではないか。「フェアプレー」が理解できない経済人は、自由競争に参加する資格がない。
 全都立高で「人命尊重」を訴える全校集会を開くそうだが、業界団体も高校生に戻って、口先だけではない「人間の尊厳、公共の利益、社会的公正」の倫理を学び直したら如何。幼児レベルの知性しか持たない経済人に自由競争させるのは、余りに危険で恐ろしい。
 ついでに言えば、「選ぶ側のチェックこそ必要」は、余計だろう。これでは、騙されたた側の「自己責任」論が浮上しかねない。「強者の正義」がまかり通る日本社会は、資本主義以前の「野生の生存競争」に逆戻りしつつあるのだから。

耐震偽造マンションも輝いた
業界団体「賞」事情

なれ合い、順繰りで受賞
「選ぶ側」のチェックこそ必要

2005/11/23

裁判関連情報2件  \増田の部屋
<裁判傍聴のお願い>
11月24日(金)、午前10:30〜東京地裁710号法廷で、増田に対するイヤガラセ懲罰研修「取り消し要求裁判」(第2回)があります。平日ですので、都合のつく方は少ないと思いますが、参加できそうな方は、傍聴をお願いします!

<転送歓迎>
こんばんは。犯罪都教委&3悪都議と、断固、闘う増田です!
 以下、元豊島区立千川中学校の国語の教員だった、田畑和子さんの集会をご案内します。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ