2006/1/31

生徒への「日の丸・君が代」強制を一層強化する「通達」に反対し、教育長答弁の撤回を求めることを呼びかける

 昨年12月8日の都議会本会議一般質問で、生徒への指導を通達として出すよう要求した自民党議員の質問に対して、中村正彦教育長は、「校長が教職員に対しまして学習指導要領に基づいて適正に生徒を指導するよう、校長連絡会等において一層周知徹底する」方針を再確認し、「卒業式等において学級の生徒の多くが起立しないという事態が起こった場合には、その後、他の学校の卒業式等において同様の事態が発生するのを防止するため、生徒を適正に指導する旨の通達を速やかに発出いたします」と回答しました。

 この質問は、生徒の自主的判断に基づく行動を「問題視」し、生徒の思想・良心の自由を踏みにじるものです。すでに都教委は、2004年3月11日に、HRや入学式・卒業式等の予行等で「生徒に不起立を促すなどの不適切な指導」を禁止する)「入学式・卒業式の適正な実施について(通知)」を出していますが、今回の質問は、「通知」を校長への命令である「通達」に“格上げ”し、教職員に「指導」を強めさせ、生徒の自主的判断、行動を力づくで押さえ込もうとするものです。これまで、生徒指導に関わって、多数の教職員、管理職を「不適切な指導」などとして、「厳重注意」「注意」「指導」の「処分」を行ってきましたが、「通達の発出」の“脅かし”により、「適正に生徒を指導する」ことを求める「新職務命令」と合わせて、生徒への強制を強めようとするものです。

2006/1/28

都教委の卒・入学式指導資料  Y暴走する都教委
   ┏━━◇◆「日の丸・君が代・元号」ホットライン2006◆◇━━┓
   ┃     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~          ┃
   ┃        東京*神奈川*福岡*北九州          ┃
   ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
   ┃  メール hotline2006mail@yahoo.co.jp            ┃
   ┃  ウェブ http://tokyo.cool.ne.jp/kunitachi          ┃
   ┗━━◇◆ 期間:2月14日(月)〜4月17日(日) ◆◇━━┛


 創刊号の10月30日から約3ヶ月。このメールニュースも20号を迎えました。
 そして、卒業式シーズンまで、あと1ヶ月あまり。今回は、卒業式に向けた都
教育庁、区市町村教育委員会の動きをお伝えします。


▼ 目 次  
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【1】 都教育庁、卒業式に向け、さらに細かな「指導資料」
【2】 《資料》都教育庁多摩教育事務所指導部の指導資料
【3】 《資料》調布市教委、「日の丸・君が代」指導徹底通知
【4】 《資料》A市立小学校の「日の丸・君が代」実施方針
─────────────────────────────────―――


2006/1/27

「日の丸・君が代・元号」ホットライン2006  X日の丸・君が代関連ニュース
<転載大歓迎。重複失礼します。>

 すみたに@「日の丸・君が代」強制に反対する市民運動ネットワーク です。

 卒業式・入学式のシーズンが近づいてきました。「君が代」処分を繰り返して
きた東京都教育委員会は、「日の丸・君が代」強制政策をさらに推進しようとし
ています。また、他の地域でも様々に強制の動きがあります。

 このような状況の中、「日の丸・君が代・元号」によって、思想・良心の自由、
宗教の自由などの人権が侵害されることが懸念されます。

 「日の丸・君が代・元号」についての相談・情報提供の窓口として、今年もホッ
トラインを開設します。昨年までの東京・神奈川に加え、今年は福岡・北九州で
も受け付けることにしました。

 疑問や不安を感じたら、どうぞご相談ください。また、学校現場や地域で、一
人で悩んだり、孤立することがないよう、ホットラインの宣伝にどうぞご協力く
ださい。

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┏━┫ ◆「日の丸・君が代・元号」ホットライン2006◆       ┣━┓
  ┃  ┃       東京*神奈川*福岡*北九州          ┃ ┃
  ┃  ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
  ┗━━┛                                 ┗━━┛


2006/1/26

ネット署名賛同のお願い  ]平和
上野千鶴子東大教授の国分寺市「人権に関する講座」講師の拒否について、
  これを「言論・思想・学問の自由」への重大な侵害として抗議する

#賛同する方は、直接以下のサイトに入って署名をしてください。
 詳しくは、サイトをご覧ください。

「東京都に抗議する!」
 http://www.cablenet.ne.jp/~mming/against_GFB.html

上野千鶴子東京大学大学院教授の、国分寺市「人権に関する講座」講師任用をめぐる東京都の対応について関心をもっていただいたみなさまへ。

 このページは、この問題に関する情報を提供し、以下の「抗議文」に賛同(署名)するという行動に加わっていただくために開設したものです。わたしたちは、たくさんの方々に、わたしたちのこの行動に賛同し、加わっていただきたいと願っております。どうか、関心おありの方へ広くお知らせくださいますよう、お願いいたします。


【抗議文】
   東京都知事         石原慎太郎 殿
   東京都教育委員会 教育長  中村 正彦 殿
   東京都教育委員会 各位

2006/1/25

東京三者卒・入学式対策本部速報(1)  X日の丸・君が代関連ニュース
東京・全国の仲間の皆さん!(転送歓迎、重複はご容赦下さい)

被処分者の会近藤です。
長い速報ですが、お読み下さい。

06年3月卒業式・4月入学式を巡る攻防が始まっています。
都教委の「職務命令」体制に基づく「日の丸・君が代」強制は一層強化され、いよいよ生徒・保護者への強制が本格的に始まっています。
こうした情勢の中、去る1月14日、三者(予防訴訟をすすめる会、被処分者の会、被解雇者の会)は「卒・入学式対策本部」を設置し、憲法・教育基本法に基づき東京の学校に自由を取り戻し教育の再生を実現するために「日の丸・君が代」強制に抗して不屈に闘う態勢を整えました。

● 三者卒・入学式対策本部を設置 いつでも連絡・相談を!
今後、資料の発行、情報収集・発信、相談窓口等の活動を行っていきます。いつでも気軽に連絡・相談をして下さい。
 職場・地域・都内・各都道府県の「日の丸・君が代」強制に係わる情報をお知らせ下さい。
 対策本部長 永井栄俊(予防訴訟をすすめる会共同代表)
 事務局長 近藤徹(被処分者の会事務局長)
連絡先は、下記、同本部事務局・近藤までお願い致します。

2006/1/24

男として情けない古賀都議!  \増田の部屋
<男として情けない古賀都議!> 投稿者:頑固オヤジ

 何を考えているのかよくわからんな、古賀という男は。「日本はどの国も侵略などしてない」と言う意味の発言を都議会でしたらしいが、この都議に限らずこう言う人はよくいる。これを聞いた社会科の女性教師が「歴史偽造主義者」と批判した。と、ここまでもよくある話しだ。歴史観、歴史認識能力、知識、価値観などの違いによる考え方の違いだ。問題はこの後この男のとった行動だ。

 まともで良識ある人間ならふつう自分の言ったことの正当性、論理性あるいはその論拠などを主張し、相手を「誹謗、中傷だ」と反論するのではないのか。ところがこの男、自分の発言の内容がことの本質であるのにもかかわらず、「教師による誹謗、中傷だ」とそれのみを強調し、何を思ったか都議と言う職権を利用し都教委を通じ区教委に圧力をかけ強引にこの教師を研修所送りにしてしまった。「言われたからかっとなって殴り返した」と言うような短絡的な小学生低学年レベルの行動だ。言われてよほど腹を立てたのか、この教師を憎むあまり、冷静さを失い自分の感情を抑えきれずにこのような行動に出たのか全くもってわからんが、気が小さく臆病な人間であることは間違いなさそうだ。

 一方処分を受けているこの教師はこの事実を世間に広く訴えようとしている。さらに国内だけにとどまらず海外のメディアなどを通じ国際世論にも訴えていき、この処分の違法性を追及し、その下にひそむ「言論、思想弾圧の動き」を白日の下に引っ張り出し、国民の前に晒そうとしている。

 これに反し古賀は情けないことに発言内容について堂々と反論するどころか、教師を処分するために自ら狂奔した事実はひた隠し、「偏向教師だ」「誹謗中傷だ」と石原の配下都議会など身内のぬるま湯の中でだけで吠えている。こいつらよく「日本人なら誇りを持て」などとまことしやかにぬかしとるが恥ずかしげもなくこんなことをして、「寝ぼけるのもいい加減にせいや」と言いたい。古賀よ、お前も男なら国際世論に身を晒し、堂々と自分の正当性を主張してみろ。後はどうなるか臆病なお前なら良くわかるだろう。


◎1月26日(木)10:45〜、東京地裁705号法廷
 対都教委「長期研修処分命令」取消裁判

2006/1/23

増田より、チョー面白い産経記事!?  \増田の部屋
◎対産経「名誉毀損」訴訟 結審!!
 2月27日(月)11:30〜527号法廷


 こんばんは。犯罪都教委&3悪都議と断固、闘う増田です! 収容所暮らしで、利点があるとしたら、ウヨク産経記事を読んで笑えること!? です。最近の収穫を2本、ご紹介しますね。

1月17日には以下のように載っていました。


「産経は言論暴力団」 中国誌、名指し批判
 【北京=福島香織】中国外務省傘下の半月刊誌「世界知識」(16日発行)は3ページをさいて産経新聞などを名指し批判した。中国メディア上で産経が批判対象となることは珍しくないが、「言論暴力団」「保守御用喉舌(宣伝機関)」と呼ぶなど、ここまで激しい論調は珍しい。今月上旬、日中協議の席で、中国側が日本側に報道規制を求め断られた経緯があるが、当局が日本メディアの中国報道にいかに敏感になっているかがうかがえる。

 記事は中国社会科学院日本研究所の金●(●=「亡」の下に「口」、その下に「月女凡」)・助理研究員の執筆で「日本右翼メディアを解剖する」「日本右翼メディアの言論の“自由”と暴力」といった刺激的な見出しが躍る。

 まず「正論」執筆者らを名指しで列挙、「侵略戦争を否定し、靖国神社参拝を支持し、周辺隣国を誹謗(ひぼう)中傷し、平和憲法改正を訴えるのが“正論者”の最大公約数」と説明。「デタラメの論に立ち、故意に過激な言動で人の興味を引きつけようとする」と批判した。

2006/1/22

賀笑  
『週刊新社会』(2006.1.17号)から
webでは読めません。
乱鬼龍さんの「賀笑」の一部をご紹介。

【冗句】

  仕事始め  “職”探しだった  −失業者
          “食”探しだ    −ホームレス

  イヌ年 ますますアメリカの“忠犬”になります  −小泉ポチ

  Uターンラッシュ 歴史もUターンラッシュか?  −反動化日本

【川柳】

  この国の政治未必の故意に充ち

  時代への総反抗へ初日の出

  魂を打たぬ闘いなら負ける

【狂歌】

  この国は偽造捏造事故隠し総インチキの国の黄昏

  増税に福祉切り捨てその先は知ったことかという国に生き

  オメデトウなどと世間はのんきなり明日の破局も見えぬ諸人

2006/1/21

板橋高校藤田裁判第10回公判(1/18)速報その4  W板橋高校卒業式
4,四人目の証人 OBで参列していたKさん(男性)

(1)主尋問 横山弁護士 15:35〜

a,開式前の様子

 2002年3月卒業、後輩に誘われて参列。9:30頃到着、在校生席の後ろで教師と立ち話。保護者席は、周りと談笑、なごやかな雰囲気。
b,教頭の行動
 後ろのベンチに座っていると、背の高い体格のいい先生が、TBSクルーを引き連れるような形で、スタスタと教職員席に向かった。近くの先生に「教頭先生だ」と教えてもらった。
 藤田先生がいたことは知らなかった。友達のU君と立ち話している時、初めて気付いた。一人で何か訴えをしていた。周りには誰もいない。保護者席は無関心。
 そこに教頭が近づいてきて、二言三言話して、いきなり腕をつかんだ。
 藤田先生は「さわるんじゃないよ」と応じた。
 言い合いになったが、教頭は大声で威圧的、藤田先生は普通に反応していた。
 先に怒鳴ったのは教頭の方。
c,TBS報道特集の映像について
 テレビで番組を見た時、違和感があった。映像と音声が合っていない。画面には3人映っているところで、「さわるんじゃない」の音声がかぶっていた。当時、日テレでアルバイトしていたので、編集したことがすぐ分かった。

2006/1/20

板橋高校藤田裁判第10回公判(1/18)速報その3  W板橋高校卒業式
3,三人目の証人 卒業生の保護者Nさん(女性)

(1)主尋問 大迫恵美子弁護士 14:10〜

a,コピー配布の様子

 9:20頃に着いて、夫婦で保護者席にずっと座っていた。紙を数えながら配る人がいたが、元先生とは知らなかった。時間は余り覚えていない。
 保護者は機械的に横に回していた。目を通す人も、おしゃべりを続ける人も。私は目を通した。配ることで雰囲気が変わることはなかった。注目を集めたわけでもない。咎める人もなく、教員で止めた人も見ていない。
b,説明の様子
 配り終わって、中央通路に入った位置で、説明を始めた。内容は、週刊誌の記事の通りで、板橋高校も同じだから出来れば着席をお願いしたい、というもの。案外短かった。1〜2分。私の席からは聞こえたが、聞いてない人、ご挨拶を交わしている人など様々で、シーンと聞いている雰囲気ではなかった。
c,教頭の介入
 説明の最後の方で、斜め後ろから教頭が近づいてきて、穏やかに肩を軽くポンポンと2〜3回叩いた。にこやかで、怒っている感じではなかった。
 気付かない風だったので、右腕を強く引っ張った。肩を叩いた時とは大違いで、体が傾くほど強く。藤田さんは驚いた声で「さわるな」と言って、振り払った。教頭は、「会場から出て行け」と、邪険な感じで言った。
 藤田さんは、説明が終わったので、抵抗なく出ていった。乱暴で邪険なのは教頭の方。もう一人(校長)は記憶にない。父親らしき人が、スゴみのある大声を上げたが、やめて欲しいと思った。保護者の反応は、賛成でも反対でもなく、「あら〜」という雰囲気。
 追い出したことについて、「そこまでしなくても」と思った。すぐ終わったのだから。残ったら、また騒ぎを起こしそうな人?とは、思わなかった。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ