2006/2/6

教員でいたいから闘うのです  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)
「都教委包囲首都圏ネットワーク」の渡部(千葉高教組)です。

全国の仲間の皆さん!
本日(2月5日)、東京の日本教育会館で、『生徒が主人公の卒業式をとりもどそう! 2・5総決起集会』が開かれ、大きな成功を収めました。

集会には私たちの予想(500人)を上回る700人の方が参加され、会場の後方には多くの立ち見がでました。

この集会は、来る卒業式・入学式をどう闘うかをメインテーマに開かれましたが、集会の内容は大変感動的なものでした。

ある発言者は言いました。
「私は教員でいたいから闘うのです」、と。
またある発言者は言いました。
「教員としての職務として闘うのです」、と。
これらの発言の中には、「不起立」などの闘争が誰のため、何のためのものなのか、がよく現れています。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ