2006/2/15

三者卒・入学式速報(4):都教委新たな通知  Y暴走する都教委
全国の仲間の皆さん!(転送歓迎)

東京・三者(予防訴訟、被処分者、被解雇者の会)卒・入学式対策本部事務局長の近藤(被処分者の会)です。

前回に続きホットな情報を送ります。

 今、都立高校各職場で校長が「口頭による職務命令(包括的職務命令)」を発出しつつあります。明後日15日がピークになりそうです。各職場で校長に「職務命令の根拠」「憲法・教基法などの法令を検討したか」「裁判となったら校長は被告になる覚悟はあるか」などと追求し、「教育現場には職務命令は不要である」と職場ぐるみの闘いを訴えます。

(1)都教委が井出指導部長名で新たな通知(2月10日付)を出しました。一部略して要旨を送信します。「職務命令は校長の権限と責任」と言いながら職務命令書の作成の「留意点」を指示(指導)しています(都教委の自己矛盾、ボロを出した)。また、都教委の狙いが教職員に対する職務命令をテコに生徒の斉唱にあることが明確になっています。これまでの情報(校長連絡会、教頭連絡会)を総合すると卒業式予行で教頭など管理職が「生徒に立て、歌え」と「君が代」繰り返し斉唱指導(強制)する危険性が強まっています。

以下の内容です。

           入学式・卒業式等の適正な実施について(通知)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ