2006/2/25

学校と地域をむすぶ交流会  
2月18日(土)早稲田奉仕園で行われた「第15回学校と地域をむすぶ交流会」に参加しました。今年のテーマは「ヤスクニ・ひのきみ・愛国心」わたくしは1日目のみ参加でしたが、たいへん充実した、内容の濃いプログラムでした。

パート1
●在韓軍人軍属裁判(通称グングン裁判)を支援する会関東事務局・御園生さん

 韓国人にとって靖国合祀は、戦死した人を戦争賛美者とともに祀り、かつ祖国を滅ぼした先兵とともに合祀するもので二重の屈辱である。遺族は、納得がいかないと靖国神社に合祀取り消しを求めたが、「神となると一座に祀られるので、部分的に取り下げることはできない」という理由で拒否された。
 そこで2001年6月252人の原告で日本政府に対し戦後補償裁判を起こした(その後シベリア抑留関係者162人が2003年3月第二次提訴)。「民族的人格権の侵害」を争点にした裁判はこの2月15日に結審し5月25日に判決が出る予定である。
 一方、昨年は戦後60年(解放60年)だったので「証言を映像にして残したい」という思いから日韓共同制作で、ドキュメタリー「あんにょん・サヨナラ」を作った。
 映画は昨年10月完成し、釜山国際映画祭、ソウル独立映画祭、山形国際ドキュメンタリー映画祭で高い評価を受け、現在各地で上映中。また西野瑠美子さんなどが推薦しているほか野中広務・元自民党幹事長も推薦している。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ