2006/2/27

対産経糾弾裁判、最終陳述  \増田の部屋
<転送歓迎>
こんばんは。犯罪都教委&3悪都議と、断固、闘う増田です!
 お忙しいところ、本日の対「産経」名誉毀損裁判結審への傍聴参加、たいへんありがとうございました。判決は5月29日(月)13:05、東京地裁527号法廷です。期待できるかどうかは「?」ではありますが・・・以下、本日の最終陳述を御紹介します。

<対産経名誉毀損裁判、最終陳述>

 1月16日の証人尋問に関連して一言、訴えさせていただきたいと思います。被告代理人は、M校長作成の事故報告書を手に持ちながら、私には見せないで「7月17日、生徒Aのクラスにプリントを配布する前に『校長は許可なくプリントを配布してはいけない』という指導を、あなたにしましたね」などと、7月17日には校長がそんなことを言った事実はないことを知りながら、あえて私を誤導しようとしました。

 私はその時には、校長がそう言ったという事実はないような気がしましたので「確認したいので、その事故報告書を見せてください」と言いました。しかし、被告代理人は、その証拠文書を手に持ちながら、私に見せて事実を確認することは拒否しました。「事実を明らかにするための証人尋問」という公開の法廷の場で、被告代理人は、事実を知りながら、あえて虚偽事実を事実であるかのように述べたてた上、その虚偽事実を私に認めさせようとまでしたのです。

2006/2/27

2/28裁判傍聴の呼びかけ  ]平和
◎田畑先生再雇用拒否の真相究明裁判 第二回公判
  日時:2月28日(火)13:15〜
  場所:東京地裁627法廷


田畑先生の再雇用拒否の真相を究明する会
 ミニニュース新3号06.2.22


 第2回公判が近づきました。前回は大勢の方が駆けつげてくださり、法廷ほ満席という成功を収めました。本当に有り難うございました。
 前回姿を見せなかった被告側は、次回は来る予定です。被告・校長中神嘉冶から出された、こちらの主張を否定する答弁書に対する原告側の反論が今回の内容で、鋭意取り組んでいるところです。
 被告は、推薦書のC評価記入を否定、また情報提供したのは、自分だけではないと言ったり、「虚偽と認定されなかった先行訴訟の蒸し返しは許されない」などと主張しています。しかし、この訴訟は、「正確な情報に基づき評価を受ける期待権の侵害・名誉毀損」が請求原因であって、先行訴訟とは別です。それに、前の判決では、両論併記が殆どで事実認定を避けていますし、原告が敗訴したのは、裁量権を無限に認めたからなのです。
 チューリップが真っ直ぐに芽を立て、春の訪れを知らせてくれています。傍聴をよろしくお願いします。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ