2006/3/2

板橋高校藤田裁判第12回公判(3/1)速報その1  W板橋高校卒業式
検察側追加証人二人&藤田さん被告人尋問
〜検察側は闇雲に「制止にも関わらず」の立証を試みる
〜これまでの鬱憤を晴らす藤田証言


 冷たい雨と横殴りの風、冬に逆戻りしたような3月最初の日、出足はいまいちでしたが、昼過ぎには久々に傍聴席は満席となりました。お忙しい中、傍聴に駆けつけてくださった皆様に心より感謝します。この雨が、藤田さんの涙雨なのか、土屋・横山・北爪の涙雨なのか、あと1回の法廷で決着が付くことでしょう。本日の法廷も、「威力」「妨害」をめぐって、熾烈な論戦が繰り広げられました。4回に分けて報告します。

1,検察側証人、S教諭(当時板橋2年担任)
(1)主尋問 石嶋検察官 10:00〜

藤田氏とは、担任として3年間、生活指導部で1年間、計4年間一緒の分掌だった。
〔藤田氏のコピー配布を目撃し管理職にご注進〕
 卒業式当日は、2年の担任として、在校生指導が役割だった。
 会場の在校生席で式次第を配っている最中に、藤田氏に気づいた。保護者席でビラを配布していた。
 週刊誌のコピーの見出しが見えて、卒業式のあり方に批判的な内容と分かった。管理職に報告に行った。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ