2006/3/10

保護者有志から都教委へ要請書顛末  X日の丸・君が代関連ニュース
東京都教育委員会
教育長中村正彦殿
                                  2006年2月23日
                                  都立学校保護者有志

                都立学校の卒業式への要請書

 私たちは都立高校に子供を通わせている保護者です。子どもたちは、まもなく高校を卒業しようとしています。3年間の成長を喜び、先生方や在校生と一緒に子ども達の門出を心から覆いたいと思っています。しかし、2003年、東京都教育委員会による10.23通達で、国旗、国歌への強制が強まり、各校の独自性と生徒の自主性にあふれた都立学校の卒業式が味気ないものに変わりました。また、子ども達への「指導」の強化、不起立を理由とした先生方への処分の強行は思想、良心、信教の自由の侵害が色濃く、心から卒業を祝う気になれません。
 さらに、「君が代を歌いたくない」と思っている子どもは、都議会での中村教育長の発言(*以下に記します。)に、「起立をしなければ担任の先生が処分されてしまうのではないか」とたいへん心を痛めています。
*「卒業式等において、学級の生徒の多くが起立しないという事態がおこった場合には、その後、他の学校の卒業式等において同様の事態が発生するのを防止するため、生徒を適正に指導する旨の通達を速やかに発出します」(2Q05年12月8日の都議会本会議)
 都立学校は様々な国籍をもつ生徒が通い、国旗・国歌(日の丸・君が代)についても多様な意見や思いをもつ人々が当然存在しています。思想・良心・信教の自由をもつ、誰もが気持ちよく卒業を祝えるように、以下の要望をいたします。

1.卒業式一入学式等の学校行事について、各学校の主体性・独自性を尊重して下さい。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ