2006/3/29

九段中生徒からの手紙(3)  \増田の部屋
F 増田先生、お元気ですか? 私たちはもうすぐ卒業式を迎えようとしています。卒業式の日に増田先生にお会いできないのが残念です。増田先生には1年間とちょっとの間、社会科を教えていただきました。中でも一番印象に残っていること、それは『紙上討論』です。私はずっと自分の意見を言うことが苦手だったので、始めはあの白い紙に書くことにとまどっていました。みんなで、意見を読み合いアンダーラインを引く作業も正直嫌でした。しかし、回を重ねるごとにたくさんの人のいろいろな考え方が出ている意見を読むのが楽しくなりました。とても参考になる意見や共感できる意見、自分と正反対な意見など、いろいろな人の意見を読むことで学んだことはたくさんあったし、だんだんと自分自身の意見を持つこともできるようになりました。紙上討論をきっかけにして社会に興味をもつようにもなったりしました。
 とにかく、私は紙上討論を通して学んだことはたくさんあります。紙上討論を否定する人もいたけれど、私は好きでした。紙上討論を否定する人にもその人なりの意見があるので、悪いとは言いませんが、やっぱり『自分の意見を持つこと』はとても大切なことだと思います。そして『その意見を素直に文章に表す』ことも大切なことだと思います。紙上討論はその2つのことを自然と実行させてくれました。大人になる前にこういう経験ができて良かったです。大人になったら、きっと自分の意見が求められる機会が多くなると思っているからです。私はそんなとき、自分自身の考えをしっかり持っていられる人間になりたいです。紙上討論という良い機会を作ってくださってありがとうございました。
 そして約1年、短い間だったけれど本当にお世話になりました。増田先生に社会を教わることができて良かったです。ありがとうございました。これからも、お体に気をつけてお過ごしください。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ