2006/6/30

6・29賀澤恵二証人尋問  X日の丸・君が代関連ニュース
「被処分者の会」 星野です

人事委員会傍聴者の声 その(22)
               【2006・6・29】
それにしても 情けないほど ウソつきの典型人物でした

6・29【都高教有志被処分者連絡会】【不当処分を求める処分者の会】
○証人尋問:賀澤恵二・前教育庁指導部高等学校指導課長(現九段中等教育学校長)


*「人事委員会審理もそろそろフィナーレが近いと聞いて久しぶりにかけつけました。抽選にはずれましたが、グループの中で、傍聴券をまわしてもらい、冒頭の第一ラウンドと最終ラウンドを聞くことができました。第一ラウンドは、都側の『儀式的な尋問』?にうんざり眠りにおちて、危うく『いびき』をかいているのではないかと思ったら『休憩』に救われました。この『休憩』のおかげで最終ラウンドは復調。大山弁護士の賀澤証人に対する尋問には、手に汗にぎる興奮をおぼえました。これを聞けただけでも幸運でした。」 (被処分者の会 現役教員 S)

*「賀澤証人は、都教委からメールで伝えたのを、公にすべきではないと答えた。都教委と学校とのやり取りは、すべて明らかにされるべきものだという常識を知らないのだと思った。校長は都教委の出先機関だと思い込んでいるのだろう。おろかな人間だと思った。」 (被処分者の会 現役教員 A)

*「板橋高校の件について『警察に言って話したことがないのか?』『ない』『断言できるのか』『できる』『では証拠を示します』『今思い出しました』・・・まるでギャグではないか。都合の悪いことは『おぼえていない』を繰り返す。こういう人物が権力を持っていいのか。まともな人間は権力には縁がなく、このような、おかしな人間こそが権力を持ち教育を破壊する。おかしい。メチャクチャだ。」 (現役教員 O)

2006/6/30

「都教委、法令違反! でも、いいんだよ!?」判決&ビラまきご協力のお願い!  \増田の部屋
 ○7月14日(金)三悪都議&展転者暴露本弾劾裁判!
   627号法廷 10:00〜土屋たかゆき
          13:30〜古賀俊昭・田代ひろしの尋問
 東京都の民主教育・平和教育破壊に狂奔してきたナマ!? の3右翼都議が、目の前で見られますよ!
 傍聴は抽選ですので、午前10:10までに地裁玄関前に来てください!
 「1日全部は無理だ」という方でも、ぜひ、抽選には並んでいただき、当ったら傍聴券を譲っていただけないでしょうか? 何しろ、3悪都議の大動員!? が見込まれますので、ご協力お願いします!

<転送歓迎>
こんばんは。犯罪都教委&3悪都議と、断固、闘う増田です!

●本日(28日)、都教委が私の個人情報(処分説明書、研修発令通知書、事故報告書、研修状況報告書・・・これは私の開示請求には完全非開示)を3悪都議(土屋・田代・古賀)に漏洩し、伊沢けい子都議が同文書の開示を請求しことに対しては拒否したことについて、プライバシー侵害で提訴した裁判の判決がありました。
 裁判長・菅野雅之、裁判官・杉山純一、岡本典子の判決は件名の通り!? です。

いわく「個人情報保護条例10条に違反するものということになる」
<第十条 実施機関は、個人情報を取り扱う事務の目的を超えた個人情報の当該実施機関内における利用及び当該実施機関以外のものへの提供(以下「目的外利用・提供」という。)をしてはならない。>

2006/6/29

新聞投書欄テーマ「愛国心」  W板橋高校卒業式
  投稿欄 「 愛 国 心 」

● 答えが出ない君が代不起立
                    専門学校生 松井まなみ 21(東京都豊島区)

 都立板橋高校の君が代不起立裁判の東京地裁判決の数日後、父に「本当の愛国心って何なのかな」と聞くと、はき捨てるように「お上の言う通りに、皆で国旗を掲げ、国歌斉唱して、お国のために尽くすことだよ」と皮肉られました。
 事件当日に、来賓の教育委員会のお偉いさんたちが言われた「日本人であることを誇りに思わないのか」という言葉に、今でも疑問を感じています。
 愛国心とは、国旗を掲げ、国歌を歌うことだけなのでしょうか。藤田勝久先生に対する判決を見る限りでは、法律は「それだけだ」と認めているような結果でした。
 「いっそ、教頭と校長と教育委員会だけに「卒業式』をやらせてさ、生徒と教師と親は『お別れ会』でもやりたいね」生徒のための卒業式なのか、「お上」のための卒業式なのか。今でもこの問いの答えは分かりません。

2006/6/28

「石原・都教委包囲、8・30包囲デモへ」(1)  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)
「都教委包囲首都圏ネットワーク」の渡部(千葉高教組)です。

 本日(6月27日)、「都教委包囲首都圏ネットワーク」の会議が開かれ、「8・30包囲デモ」(今年は3回目)の件が話し合われました。
 その中で、一番話題になったのは、私たちを取り巻く情勢と「8・30包囲デモ」の意義・目的でした。
 その結果、「8・30包囲デモ」の意義・目的としては以下のようなことが確認されました。

 @ 教基法改悪の先取りとそれに対する闘いが堅持されている東京から、
  秋の闘いに向けて、改悪阻止の「烽火」をあげる。
 A 来春、都知事選挙が行われるが、石原三選阻止の「烽火」をあげる。
 B 首都東京において、反教基法改悪、反石原のための総結集の場にする。


2006/6/28

6.29入学式不服審査請求、都人事委公開口頭審理、再発防止研修発令など  X日の丸・君が代関連ニュース
 6.29入学式不服審査請求!
 都人事委公開口頭審理!
 再発防止研修発令!


東京・全国の仲間の皆さん!(転送・転載歓迎。重複はご容赦下さい。一部BCCで配信しています。)

被処分者の会近藤です。

■ 本日(6月26日)の「しんぶん赤旗」で3面の全面を使って「東京都『日の丸・君が代』強制/「内心の自由」説明で”処分”」と題して東京の異常な「日の丸・君が代」強制を特集しています。
 次のサイトで記事をご覧になれます。http://www.jcp.or.jp/akahata/

■ さて、来る6月29日、被処分者の会は、入学式処分取り消しを求めて、都人事委員会に不服審査請求を行います。この申し立ては、4月入学式での不起立で処分された5名全員(全て高校教員、減給1月3名・戒告2名)が被処分者の会弁護団を代理人として行います。

■ また、同日、都人事委員会公開口頭審理では、賀澤恵二前都教委高校教育指導課長の証人尋問を行います。
 賀澤氏は、03年10.23通達発出時から05年3月まで高校教育指導課長として、各学校校長を直接「指導」し通達の「徹底」を「指揮」しました。
 今回の尋問は、近藤精一元指導部長、臼井勇元人事部長の7団体合同審理(5月17日)に続く都教委幹部の証人尋問です。是非、傍聴にお越し下さい。
 なお、人事委員会審理室は狭いので、請求人・代理人席40名、傍聴席20名です。
 傍聴抽選に外れた人、審理に来られない人は、17時30分からの「報告集会」に是非参加してください。職場の仲間、地域の人も誘って来て下さい。

● 以下、6月29日の行動です。
6月29日(木)13時15分〜 入学式処分・不服審査請求 都人事委員会(都庁第1庁舎北棟39F)
         14時〜 都人事委員会公開口頭審理(賀澤恵二前高校教育指導課長証人尋問)

2006/6/27

傍聴支援のお願い  X日の丸・君が代関連ニュース
   ◎ 『君が代』強制解雇裁判 ◎
    第13回法廷(原告証人尋問)


☆日時:6月28日(水)10時30分〜

  (抽選が予想されますので10時までにお集まり下さい)
☆場所:東京地裁103号法廷
  (地下鉄霞ヶ関駅下車)


 2月に蔵野、平松、前川、薄井の原告証人尋問が行われ、5月に近藤、久保田、そして今回、残った以下の4人の原告証人尋問が行われます。
 この裁判は、次回の学者証人尋問の後、今年中に最終弁論、結審を迎えることになりますが、止まるところのない都教委の暴走を食い止めるために勝利を目指してがんばります。
 多くの方々の傍聴をお覆いします。
             ● 証人尋問の原告 ●
     金子潔(元世田谷泉高校)相田尭夫(元小岩高校)
     太田淑子(元小岩高校) 桐生早苗(元高島高校)


(予定)10月4日(水)第14回法廷 憲法学者土屋英雄氏の証人尋問


続きを読む

2006/6/26

パリからのエール  \増田の部屋
● 裁判傍聴の呼びかけ ●
 ○6月28日(水)都教委「増田個人情報漏洩糾弾裁判」・判決

   626号法廷  13:10〜
 ○7月14日(金)三悪都議&展転者暴露本弾劾裁判!
   627号法廷  10:00〜土屋たかゆき
             13:30〜古賀俊昭・田代ひろしの尋問
 東京都の民主教育・平和教育破壊に狂奔してきたナマ!? の3右翼都議が、目の前で見られますよ!

 さて、AMLというメーリングリストに入り、ここにも情報を流していた(もちろ
ん厳選して!?)ところ、 「kolin kobayashi」という人から、私のメールに対し
て、以下のメールが流されました。 きっとパリに住んでらっしゃる方なんですね。
「パソコンの話」というのはビル・ゲイツの引退問題のことです。


<コリン@パリです。>

 パソコンの話には花盛りですが、日本在住の方々からは何の反応もないので、ここで表明しておきます。 
 増田さん、そして伊沢けいこ都議員の都議会での勇気ある質疑に拍手と断固とした支持を表明しておきます。


2006/6/24

大成高校最高裁勝訴!  ]平和
 ● 大成高校最高裁でも勝訴! ●

大成高校組合ニュース@web−リンクより
2006-06-20-Tue / ジャンル: 重大ニュース
《速報》 最高裁が学園の上告棄却!
      解雇裁判で辻教諭勝訴確定! 

 本日、学園が辻教諭に対して起こしていた「雇用関係不存在確認請求」の裁判について、最高裁判所が学園の上告を棄却したことが明らかになりました。
 これにより、2003年9月1日の解雇以来、実に2年9ヶ月を経て、「辻教諭の解雇は無効」との判決が確定したことになります。
なお、この件については追って詳報いたします。

大成学園の「教員解雇無効」が確定 最高裁上告棄却
 私立大成高校を経営する学校法人大成学園(三鷹市)が男性教員を解雇した問題で、最高裁は二十日、この男性教員との雇用関係がないことの確認を求めた学園側の上告を棄却。「解雇は無効」とする一、二審の判決が確定した。
 〔『東京新聞』2006/6/21朝刊(東京版)〕

大成高校HP−リンク
当ブログ記事 二審のニュース−リンク
       一審のニュース−リンク

2006/6/23

<転送歓迎>

      ●○集会への参加呼びかけ&賛同団体募集のお知らせ○●
       教育の自由を勝ちとろう!7・22集会
     ■今こそ言いたい!    子どもはお国のためにあるんじゃない■


 教育基本法を変え、子どもたちに「愛国心」を押し付けようとしています。
 東京では「日の丸・君が代」強制の嵐が吹き荒れています。
 教育の自由を守るために、多くの教職員が裁判に立ち上がっています。

 私たちは、おおいそぎで多くの人とつながりあって、声をあげることを呼びかけます。
 そして、国旗・国歌への忠誠心を強制し、愛国心を押しつける教育基本法改悪案に
 「NO!」を突きつけていきましょう!
 みなさん! 集りましょう! ご参加ください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

日時★7月22日(土) 午後6時30分開会(6時開場)
会場☆豊島公会堂(JR池袋駅 東口徒歩5分)


2006/6/22

「通すな通信」(13)  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)
「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」、並びに「都教委包囲首都圏ネットワーク」の渡部(千葉高教組)です。

本日(6月20日)職場に行くと、同僚から「今日の東京新聞を見ましたか」と聞かれた。「いや」と言うと「これを見て下さい」と言う。
渡された新聞を見ると、
『君が代 起立せぬ親と来賓調査戸田市教委 式典で徹底図る』
という大きな見出しがある。
そして、さらに、
<教育長「はらわた煮えくりかえる」>という見出しもある。
http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006062001001080.html
ここに「君が代」強制の本質が良く現れている。
つまり、強制は次第に狂暴さを増すのである。
戦前、戦争などの国策を批判したり、非協力的だったりすると
権力はその人間に「非国民」とレッテルを張り、苛酷な弾圧をした。

教育基本法が改悪されれば「君が代」は、教員だけではなく、子ども、保護者、そして一般市民にも同じように適用されてくる。
「思想信条の自由」「基本的人権」などは、「愛国心」が盛られた法律の前には無きに等しくなる。

しかし、いくら強制しても強制しても、世の中というものは強制し切れないものなのだ。
不起立がそれほど嫌ならそもそも強制しないのがいいのである。
強制するから不起立が生まれるのである。
この教育長は、世間知らずだから、「強制・弾圧は闘いを生み広げる」ということを知らないのである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ