2006/10/31

国会座り込みに行ってきました  ]平和
 ★ 国会座り込みに行ってきました。

 昨30日午後、国会衆議院第2議員会館前の座り込みに参加。
 日教組が全国動員、関東東海各県の組合に加えて、大分、北海道は連日の自主動員。大分県教組は「組合費が全部なくなっても、今使わなければ、いつ使うのか」と。都高教もそれなりに来てはいたが、支部2名とは。
 被処分者の会のハンストは、僕のような個人参加や教組以外の人がいられる場となり、大阪の市議や学生、父母などが集まっていた。
 日教組が4時で散会後も、大分、東京教組、ハンストメンバーらは6時まで続行。
 東京教組の各地域の実状報告は中味が濃い。イジメ問題で教員・父母も生活崩壊になったり、教委や校長のでたらめさが具体的に話された(テープがあるとよかった。また、藤田通信はここで配ると、全国にアピールできる、とも思った)。
 社民党の保坂議員が来て、朝からの特別委員会の審議について報告「民主党と自民党が法案を誇りあうような、あきれた場面もあり」「イジメ問題については、教委の報告がデタラメであったことを、首相・文科相も認めた」「自民党は十分審議した、と採決を絶えず促し、6日の本会議採決が危ない」と。
 なかなか疲れるけれど、一つの時代の区切りになる法案・・・時間を取って、ぜひ国会へ!

2006/10/31

北海道人事委裁決に関する声明  X日の丸・君が代関連ニュース
                   声    明

 2006年10月20日、北海道人事委員会は、教員である北海道教職員組合員(以下「申立人」という。)が、2001年3月、倶知安中学校卒業式において、学校長によって一方的、独断的に実施された君が代の演奏に対して、演奏テープが挿入されたカセットを搬出したことに関し、北海道教育委員会が申立人に課した戒告処分の取消しを求めた事案について、同処分を取り消す裁決を行った。当然のこととはいえ評価できるものである。
 本件事案は、申立人の勤務先中学校卒業式において、学校長が教職員との共通理解のないままに、式次第にもなく、かつ、事前に生徒に対する何らの説明・予告もないままに、独断で一方的に実施したことに対して、申立人が、教育の本質と条理、生徒の学習権と子どもの権利条約に基づく諸権利、教職員の教育の自由と責務、そして、生徒・保護者・教職員の思想良心の自由と国家の価値中立性に思いをいたし、これに平和的、平穏的方法により抵抗した事案である。
 本件裁決は、卒業式などの学校行事の場において、子ども、教職員に対して、日の丸拝礼や君が代の斉唱、演奏を強制することは、子ども、教職員の思想良心の自由を侵害すること、子どもに対して意見表明の機会を与えず、事前に学習する機会を確保しないままに日の丸掲揚、君が代斉唱を実施したことは、子どもの権利条約12条(意見表明権)に反すること、学習指導要領の国旗掲揚・国歌斉唱指導条項は、大綱的基準ではなく、法的拘束力が認められないこと、卒業式などの学校行事の内容などの編成を含む教育課程の編成は、全教職員の総意により教育的配慮に基づいて決定されるべきこと、君が代演奏を決定した校長の判断には手続上重大な瑕疵があったなどを認めた上で、

2006/10/31

相対性小理論  
相対性小理論  投稿者:海月 投稿日:10月17日(火)10時40分13秒

   世界は相対的だから
   手を広げ
   舞い降りるものを受けとめる私が
   空に上る

   世界は相対的だから
   行きなずみ
   とどまる私が
   宇宙をかけめぐる

   世界が相対的なら
   殺す者は殺される者の立場に
   殺される者は殺す者の立場に
   すべての他者に
   別の日の自分の姿を
   見ることはできるだろうか

2006/10/31

超タカ派安倍内閣  
 安倍晋三内閣は、日本会議内閣であり、「神の国」内閣というべき極右政権である。

 安倍内閣の大臣18人中11人が改憲・翼賛の右翼組織の日本会議と連携する日本会議国会議員懇談会(「日本会議議連」)に所属。
 また、憲法を改悪して日本を天皇中心の「神の国」に変えることをめざす神道政治連盟と連携する神道政治連盟国会議員懇談会(「神道議連」)のメンバーが12名。
 みんなで靖国神社に参拝する会(「靖国議連」)に所属し春・秋例大祭や終戦記念日に参拝を繰り返している大臣が12名、
 憲法改悪をめざす憲法調査推進議員連盟(「改憲議連」)に所属する大臣も11名。
 「つくる会」と連携してきた日本の前途と歴史教育を考える議員の会(「歴史教育議連」)に所属する大臣も7人。
 どれにも関係していないのは公明・冬柴国土交通相、民間の大田経済財政相の他は溝手国家公安委員長(自民党)だけという異常さである。

 もちろん、安倍首相はこれらの議連すべてに名を連ね、しかも所属するほとんどの議連で事務局長などの要職を務め、またはかって幹部であった。
 安倍と並んでほとんどの右派議連に所属しているのは、安倍の当選以来の「戦友」中川昭一自民党政調会長である。
 「日本会議議連」に所属する大臣の全大臣に占める比率は61%、冬柴・太田両大臣を除けば69%にもなる。

2006/10/31

「通すな!通信」(24)  ]平和
<転送歓迎>(重複ご容赦)
「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」、並びに「都教委包囲首都圏ネットワーク」の渡部(千葉高教組)です。

 昨日(10月29日)は、全国連絡会の「意見広告」が毎日新聞全国版に掲載されました。
 本日(10月30日)、国会では「特別委員会」の審議入り
 国会前「ハンスト&座り込み」は、第二段階に突入。
 以下は、本日現場にいた仲間からの報告です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 10月30日 ハンスト10日目。
 定刻通り9時からリレーハンストに入りました。
 ハンスト者は最初2名。後から3名。支援者は数えきれず。
 国会では10.30から教基法特別委員会が、午前10時〜12時まで。午後1時〜5時まで行われました。いよいよ教育基本法改悪にむけた論議がはじまりました。
 リレーハンスト隊が座りこんでまもなく、大分県教組が登場。
 そして、日教組が椅子を並べはじめました。
 本日の日教組の座り込みは13時から、今日は関東・東京ブロック。
 ハンスト隊のところに、午前中に、大学生3人が訪ねてきました。
 国会前にはいろいろな闘いがあると聞いてやって来たとのことです。
 それでハンスト者のMさんとIさんがそれぞれレクチャー。

2006/10/31

英TV局インタビュー、全学労組会議、団結祭り、報告!  \増田の部屋
こんばんは。犯罪都教委&3悪都議と、断固、闘う増田です!
 「3題話」的に、ちょっと長いんですけど、ここ3日間の活動報告をさせていただきます。

(1)27日(金)

 18日、国会前教育基本法改悪反対リレー・ハンスト1日目にイギリスのテレビ局「ch4(チャンネル・フォー)」の方から『侵略否定の教科書を批判して免職になった日本の教員』ということで、インタビューしていただきました。しかし、これについては「ぜひ、学校の前で、生徒たちを背景にしながら、もう一度、インタビューしたい」と言われていました。そこで、27日の午後3時から4時半まで、現在の九段中等学校の校門前で(3月31日で廃校になった元九段中の校舎は、今、富士見小・幼稚園の立替のため、小学生と園児が入っているので)テレビ撮影をしました。

 この取材の目的は「今、強まっている日本のナショナリズムの動きと、それに対する抵抗を記録する番組を作る」ということだそうです。そのために「日の君、強制」への抵抗者や私を撮影してくれているのです。確かに「侵略を否定する歴史偽造の教科書&歴史偽造の政治屋たちが跋扈し、侵略と植民地支配の真実をきちんと教える社会科教員がクビになる日本!?」というのは、この番組の目的にピッタシ!? でしょう。

 可笑しかったのは、校長(賀澤?たぶん)と教頭(たぶん)が、心配で心配でたまらないらしく、ウロウロ、ウロウロと、インタビューしている私たちの周りを動き回っていたこと。

2006/10/31

ヒューマン・チェーン  ]平和
俵義文です。
 ぜひ、あなたも呼びかけ人に!
 呼びかけ人は1000名以上になる必要があります。
 地方にお住まいの方や、8日の当日に参加できないので、呼びかけ人になっていいのか、と考えている人が沢山いるようです。
 そういう問い合わせもいただいています。

 この呼びかけ人になるというのは、教育基本法改悪、政府法案に反対、さらに政府法案に賛成でも今国会での成立には反対、という方たちが、その意思表示をする、一つの、そして重要な方法です。
 ぜひ、多くこの方が呼びかけ人になって、全国をつないでいきましょう。

 ■緊急行動のお知らせ■
 教育基本法・共謀罪が危ない!
 安倍内閣の暴走を許さない!
 「ヒューマン・チェーン」
(人間の鎖) を次のようにやります。

 ★「ヒューマンチェーン」・★(人間の鎖)
   実施日程● 11月8日(水)午後4時
   場所● 衆議院議員面会所 集合

        (地下鉄丸の内線国会前下車)
  教育基本法改悪反対!
  ―少年法改悪反対、改憲手続き法と共謀罪の新設反対―


 危険な安倍内閣をみんなでとりかこむ「ヒューマンチェーン」の呼びかけ人になってください。
 あなたも、あなたも、呼びかけ人になってたくさんの人に呼びかけましょう。
 そして、たくさんの人で国会を包囲しよう!

<私もヒューマンチェーンの呼びかけ人になります>
呼びかけ人としてお名前を出していただける方は下記aaaaaaから zzzzzの行を含めてコピーし、記入して下記アドレスへ返信ください。機械的に読み取りますので、もし他の連絡事項を書かれる場合はzzzzzz行以降にお書きください。
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
1氏名;
2ふりがな;
3地域名(例、杉並区);
4所属、肩書き(無しでも可);
zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
送信先アドレス
konokuni_no_asu2@yahoogroups.jp

2006/10/30

「通すな!通信」(23)  ]平和
<転送歓迎>(重複ご容赦) 
「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」、並びに「都教委包囲首都圏ネットワーク」の渡部(千葉高教組)です。

 本日(10月29日)、包囲ネットでは、「ハンスト&座り込み」の有志も入れて明日以降の行動について検討しました。

 結論は、明日から11月10日まで、引き続き「リレーハンスト&座り込み」を続行することになりました。包囲ネットでは、その支援体制も組みました。
 以下はその呼びかけです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 当初予定していた27日の強行採決を全国各地のたたかいによって、阻止できた事を確認して、また今後予想される山場に向けて、10月30日(月)〜11月10日(金)(土日祝を除く)9時〜18時までリレーハンスト&座り込み行動を継続する事を決めました。

 東京の被解雇者の会の有志も、「後日に禍根を残さないためにもたたかう」と多数参加してくれることになりました。
 サポートは都教委包囲首都圏ネットが引き続き行うことになりました。
 連絡先 090−5415−9194

 飛び入りハンスト・座り込み&スタンディング大歓迎です。
 どなたでも、短時間でも参加可能です。
 みんなの教育基本法に対する思いを表しましょう。
 「子どもたちはみている」のポスターの前で<個人行動の窓口>も作ろうと話をしています。
 私たちが作るのも変ですが勝手に作ります。
 ノートがありますので、それぞれの思いを書いてください。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 私たち包囲ネットは、闘うネットワークですが、多くの人々のためには、「気は優しくて力持ち」の頼りになるネットワークになりたいと考えています。
 どうぞお気軽に声をかけて下さい。

2006/10/30

改悪反対の声を届けよう  ]平和
★★★与党議員に教育基本法「改正」反対のメッセージを送ろう★★★
 「教育基本法『改正』に反対」という要請・抗議のメッセージを、衆議院教育基本法特別委員会の与党議員に送ってください。
 メッセージは以下の議員に一斉に送られます。(25人、略)
 ★「与党委員に一斉にメールを送れる便利なHP」★

http://www.jca.apc.org/stopUSwar/actions/kyokiho_yoto_form.htm


 教育基本法の「改正」を、国民の多くは望んでいない

◆教育基本法問題 「改正より検証」議論不発

 愛高教の調査では、現行基本法の内容を「あまり知らない」「全く知らない」併せて72%、「大体知っている」が28%で「よく知っている」はゼロだった。
 (『朝日新聞』2006年10月03日愛知版)
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000120610030001
           クリックすると元のサイズで表示します
◆公立小中校長へのアンケート 66%が改正に反対
 東大の基礎学力研究開発センターの調査では、公立小中の校長の66%が改正に反対、賛成は33%にすぎなかった。
 (『東京新聞』06/10/21夕刊)
(再録)http://wind.ap.teacup.com/people/1116.html
続きを読む

2006/10/29

10.31国会前集会  ]平和
 教育基本法が実質審議入りとなるこの週ですが、毎週恒例の国会前集会を行います。
 国会へ向けて、みんなで声をあげていきましょう!
       教育基本法の改悪をとめよう!
       10・31国会前集会

         クリックすると元のサイズで表示します
         http://www.kyokiren.net/_action/rinji
  日 時 : 2006年10月31日(火) 18時〜19時
  場 所 : 衆議院第二議員会館前
         (地下鉄千代田線・丸の内線「国会議事堂前」駅下車3分)
  発 言 : 全国連絡会呼びかけ人(大内裕和、小森陽一、高橋哲哉、三宅晶子)
         国会議員から
         さまざまな立場から
  参加のしかた : とにかく場所へ行けば、どなたでも参加できます。
  主 催 : 教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会
  問合せ : 電話/03−3812−5510 メール/info@kyokiren.net



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ