2007/4/2

退職を促した卒業式の苦痛  X日の丸・君が代関連ニュース
 退職を促した卒業式の苦痛
       高校教員 青崎百合雄(神奈川県相模原市 44歳)


 私は今月末に都立高校を退職する。退職願を昨年末に提出した。2年前の卒業式が近づいたある日、休み時間に男子生徒が話しかけてきた。「卒業式の国歌斉唱に参加できません」。心配した私は式の直前、彼に声をかけた。すると彼は「大丈夫。自分の気持に従って行動しますから」と、私を安心させるかのように答えた。
 式の当日、彼は大多数の生徒と共に起立し、国歌を歌っているように見えた。しかし表情は曇っていた。卒業式は彼にとって屈辱の日になったことだろう。
 卒業式や入学式で日の丸を掲げ、起立して君が代を斉唱することを東京都教育委員会は03年に通達した。校長も同じ指示を出した。だが、彼の顔を曇らせた責任は私たち現場の教職員にもある。私は「通達にただ従うのではなく、学校が独自に判断すべきではないのか」と職員会議で食い下がったが、かなわなかった。
 心の葛藤を年々繰り返す中、私の精神的な苦痛は大きくなるばかりで、耐えられなくなった。卒業式や入学式で国旗掲揚や国歌斉唱は誰のために必要なのか、いま一度考えて欲しい。

  『朝日新聞』(2007/3/29「声」)

 石原教育行政の罪
                        澤藤統一郎の憲法日記


 本日の朝日「声」(投書)欄を見て驚いた。
 青崎百合雄さんが投稿している。出だしが、「私は今月末に都立高校を退職する。退職願を昨年末に提出した」というのだ。えっ? 知らなかった。そう言えば、最近集会で顔を会わせていない。

2007/4/2

都教委の呆れた痴的レベル!?  \増田の部屋
   ● 三悪都議名誉毀損裁判、判決 ●
     日時:4月27日(金)13:15〜
     場所:東京地裁627号法廷(東京メトロ「霞ヶ関」駅A1出口)


 おはようございます。犯罪都教委&3悪都議と、断固、闘う増田です! これはBCCでお送りします。重複、ご容赦!

 3月30日の都教委要請への回答をお知らせします。無法者の極右・石原が都知事のイスに居座る限り、この都教委の痴的レベル(どう見ても不適格公務員ぞろい!?)に変化はないでしょうから、8日の都知事選では、なんとしても、このサイアクの事態だけは避けられるよう祈念していますが・・・

 <3月30日『東京総行動』要請>

2、06年11月27日付の『アジア・太平洋戦争を「侵略戦争である」と、認めるか、認めないか、都教委としての歴史認識を明示すること。
(これは2者択一であり、学習指導要領の講釈など求めていないことは通常の日本語読解能力があれば理解できるが、念のために記す)』という質問に対し、
 06年12月5日付「指導部義務教育心身障害教育指導課」回答は、「歴史的事象の指導に当たっては、中学校学習指導要領に基づき、適正に指導すべきものです。」と、あった。
 この回答は、『アジア・太平洋戦争を「侵略戦争である」』と、認めるものか、認めないものか、質問に正対した都教委としての歴史認識を明示すること。」という要求に対し
 07年2月16日付回答は「歴史的事象の指導に当たっては、中学校学習指導要領に基づき、適正に指導すべきものである。」であった。
 その他、前回の2〜4までの質問に対する貴教委の回答は、全て「オウム返しに『学習指導要領』と、唱えること」であったが、これらの回答は、質問に対し「正対した回答になっている」と考えているのか?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ