2007/4/9

国民投票法案  ]平和
■ 国会に向けた行動
◎4月11日(水)
 ★衆議院第2議員会館前集会 12:15〜13:00
◎4月12日(木)
 ★衆議院第2議員会館前の座り込み行動 11:00〜16:00
 ★STOP!憲法改正手続き法案4.12大集会
   日時:4月12日(木)午後6時半
   場所:日比谷野外音楽堂、主催−「5・3集会実行委員会」
   集会後、国会デモ 
◎4月13日(金)
 ★衆議院第2議員会館前の座込・議員要請11:00〜16:00
*12・13日は朝から特別委員会、本会議の傍聴体制をとります。衆議院議面8時30分集合。また、団体ごとに国会議員への波状的な要請行動も行ないます。


■<国民投票法案>中央公聴会を開催
 衆院憲法調査特別委員会は5日午前、与党と民主党がそれぞれ提出している憲法改正手続きを定める国民投票法案に関する中央公聴会を開き、公募に応じた公述人から意見を聞いた。
 百地章日本大法学部教授は、対象を国政の重要問題に広げる民主案の規定を「憲法の基本原理に抵触し、国会の権限を事実上侵害する」と批判。自由人権協会の庭山正一郎代表理事は、一定の投票率を下回ると無効になる最低投票率の導入を求めた。
 若者の政治参加を進めるNPO「Rights」の小林庸平理事は「投票権者は16歳以上にすべきだ」と訴えた。主婦の田辺初枝氏は「有効投票の過半数では多数意見が反映されない。有権者の過半数とすべきだ」と主張した。【須藤孝】
(『毎日新聞』2007年4月5日 12:46)

2007/4/9

「国会を包囲しよう!」(7)  ]平和
◎「国会を包囲しよう!」(都知事選のことも)(7)

<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「千葉高教組」、・「新芽ML」、の渡部です。

 本日(4月8日)の都知事選で石原が三選を果たすことになりました。
 東京都はもちろん、日本社会も、労働者・一般ピープルにとって、厳しい冬の時代の到来と考えていいでしょう。
 浅野候補は、当初候補者もいない中で、みんなが政治に<あきらめ>たら大変なことになると、立候補を決断してくれ、最大限の努力をしてくれたと思います。
 また、みんなが<あきらめ>かけている時に浅野氏を立候補させた市民の方々も素晴らしい仕事をしてくれたと思います。
 結果的には石原三選を阻止できませんでしたが、私たちの中には<希望>が芽生えてきました。

 そのことは、この選挙戦を通して、石原は低姿勢を貫かなければならなかったことに典型的に現れています。

2007/4/9

都知事選報道  ]平和
■絶対得票率 東京は最低 27.46%
  半数の信任は島根、大分


 十三都道県知事選で、当選者の得票数を有権者数で割った絶対得票率でみると、有権者の半数を超す信任を得たのは大分の広瀬勝貞氏(56・89%)と、島根の溝口善兵衛氏(51・59%)の二人にとどまった。いずれも民主党が候補を擁立せず、共産党候補との一騎打ちだった。
  クリックすると元のサイズで表示します
 自民党系と民主党系が対決した五都道県では、約二百八十一万票を獲得し三選を果たした東京の石原慎太郎氏が最も低い27・46%と、二〇〇三年の前回より3・8ポイントダウン。四選した福岡の麻生渡氏も27・82%で、前回より1・6ポイント下がった。現職で前回を下回ったのはこの二人だけだ。
 北海道の高橋はるみ氏は38・09%、岩手の達増拓也氏は40・93%。神奈川の松沢成文氏は低投票率が響き、28・48%となった。
 このほか、現職では福井の西川一誠氏49・62%、三重の野呂昭彦氏45・39%、徳島の飯泉嘉門氏42・04%、佐賀の古川康氏48・77%。新人では奈良の荒井正吾氏32・48%、鳥取の平井伸治氏47・98%だった。
(『東京新聞』2007/4/9夕刊)

■4月9日付・よみうり寸評

 〈太陽の季節〉で芥川賞を受賞した記念撮影で石原慎太郎氏はいすに浅く斜めに座り、大きく両足を開いていた。隣に直木賞の新田次郎、邱永漢両氏がひざをそろえ、きちんとかしこまって座っている


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ